囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「打ち込みと消しの基本」~敵陣を的確に荒らせ!

打ち込みと消しの基本型を解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、棋苑図書【出版】、韓国棋院【著】

打ち込みと消しの基本です。

囲碁において相手の陣地を削減する打ち込みと消しは重要な戦術です。ちなみに、「打ち込み」は敵陣を根こそぎ荒らし、「消し」は軽く敵陣を削減するといった感じですか。

これらは主に中盤戦に出現するのですが、打ち込みや消しの局面は無数にあり、それらすべてを丸暗記することは不可能でしょう(;´∀`)しかし基本型といえるものがあるのも事実で、それらをマスターすれば様々な局面の打ち込みや消しに応用できます。

本書ではそれらの基本型を学ぶことができます。

本の内容

第1章:打ち込みの基本

第2章:消しの基本

第3章:プロの打ち込みと消し

第4章:中盤・次の一手

問題図

f:id:kazutan0813:20180816010229p:plain

第1章-第1型:白1は打ち込みの代表格のような手ですね。黒の応手はA~Eまで考えられ、Eが大本命です。当然その他の変化も学ぶ必要があります。

第2章-第4型:黒の大模様に対して白は消しに向かいたいのですが、A~Fのどの地点が相場でしょうか?こういう局面は感覚力が求められます。

実戦力が養われる

すぐに実戦で使えるような、打ち込みや消しの考え方や技術を学ぶことができます。一局の中でも勝敗に直結する分野なだけに、本書を読み実戦力を養っていきたいですね(^_^)/

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ