囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「侵略の一手」~荒らしの要所を会得!

打ち込みの攻防を解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、東京創元社【出版】、曺 薫鉉,・成 起昌【著】

侵略の一手です。

囲碁において中盤の攻防は、一手一手が勝敗に大きな影響を与えます。布石を通じて出来た碁形の急所を見極めた上で、相手よりも素早く打ち込んだり、逆に守ったりすることで、勝利を手にする確率を高くすることができます。

本書では、実戦に頻出する打ち込みの型を扱っており、それらのポイントを学ぶことができます。

本の内容

第1章:基礎理論

第2章:打ち込みの急所

第3章:実戦問題

問題図

f:id:kazutan0813:20180505091203p:plain

テーマ図1:右下に侵入する手を研究します。候補はA~Cがありどれも有力です。

テーマ図2:黒△と隅を補強しましたが、大きく広げただけに隙もできています。白からはA~Dの手段があります。

テーマ図3:右下の黒はまだ地ではありません。ここではAが有力でBは次善の策だそうです。

テーマ図4:黒△の構えは三連星によく出てくる形です。打ち込むならAが本筋で、B・Cはよくありません。

打ち込みの急所が身につく

 打ち込んだ石がすべて取られては碁は負けです。本書の問題を繰り返し解けば、捕らえられる心配のない打ち込みの急所を身につけることができるでしょう。これは自分の碁に自信を持てることに繋がります(^^)v

象棋力はアマ3級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ