囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「男なら大上段・誘惑の布石」~男の布石!!

主に星打ち布石の解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、広済堂産報出版【出版】、淡路修三【著】

男なら大上段・誘惑の布石です。

怪しげなタイトルですが、中身はいたって普通の布石本です(笑)

中国流・二連星・三連星・ミニ中国流・小林流などの、星打ちの基本構想や定石を簡明に解説している点や、著者のオススメ定石と好まない定石の提案と照明などが特徴です。

ちなみに表紙には若き頃の淡路修三九段の写真があります(^ω^)

本の内容

第1章:三連星は戦いに強い布石

第2章:三連星と二連星は兄と兄弟

第3章:一隅シマリで堅実な布石

第4章:誘惑の布石、中国流の研究

付章:タスキ星なら部分戦へ

問題図

f:id:kazutan0813:20180502230444p:plain

↑白1のカカリに黒2からの攻めは当然。白5と打った時に黒はどう打ちますか?候補はいくつかあります。

f:id:kazutan0813:20180502230951p:plain

↑本書でのオススメは黒1(!)のブツカリでした。私も初めてお目にかかりました(笑)

たしかに黒7まで黒が好調ですね。

f:id:kazutan0813:20180502231103p:plain

↑黒1のコスミはいたって普通の発想です。黒3までとなればやはり黒不満なしでしょう。前図との優劣は私にはわかりません(笑)

f:id:kazutan0813:20180502231209p:plain

↑本書では触れていませんが、私の記憶ではこの形では黒1のケイマが有力です。確か韓国の劉昌赫九段が発見した手でした。白Aとツケてくれば黒が固まるのでありがたいのです。

温故知新

昭和59年発行ということで、結構昔の棋書になります。当然最新形を学ぶことはできませんが、システム布石の初期の考えなどを学ぶことは、現在の布石にも生かせることができると思います。

象棋力はアマ3級以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ