囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「ハメ手大百科」~ハメ手を網羅!

多くのハメ手を収録

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院【出版】、石田 芳夫、影山 利郎、三堀 将、

前田 陳爾【著】

ハメ手大百科(別冊囲碁クラブ)です。

囲碁の序盤においてハメ手は定石と密接な関係にあります。ハメ手を知らずに定石を理解することはできないのです。

そしてハメ手にやられてもその責任は自分自身にあります。たまに相手を非難する人を見ますがそれはお門違いでしょう。

本書は数多くのハメ手を収録しており、題名に恥じないボリュームとなっています。

本の内容

第一章:ハメ手の基礎知識

第二章:ハメ手大作戦

第三章:ハメ手学入門

第四章:ハメ手に御用心!

問題図

f:id:kazutan0813:20180401012207p:plain

第一章テーマ図:白1は見慣れない手ですね。安易に考えるとハマります。

第二章テーマ図:何気ない白1ですがとんでもない狙いを秘めています。私も昔愛用していました(笑)

第三章テーマ図:白9と打たれてはもう黒にいい図はありません。実は昔は定石だった黒8が悪いと言えば驚きますか?未だに知らない人もたくさんいます。

第四章テーマ図:黒1の打ち込みに対して白2はビックリするかもしれません。意外としぶといです。

量も質も高い

収録しているハメ手の量が多いだけではなく、解説の質もいいと思います。ハメ手本としてはかなりの良本なのではないでしょうか。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ