囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「はめ手・はまらぬ手」~ハメ手を理解しよう!

古いハメ手本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、成美堂出版【出版】、安永一【著】

はめ手・はまらぬ手です。

囲碁のアマ棋士の安永一氏をご存知でしょうか?

アマ4強(菊池・村上・平田・原田)の時代よりさらに前のアマトップの方です。

当時のプロと互先で互角に渡り合うなど実力は優にプロ級だったとのこと。

本書はそんな超古豪の人が書いたハメ手の棋書になります。

当然棋書としては相当古い部類ですが、内容は現在でも出てくるハメ手が多かったです。

本の内容

第1章:はめ手分類

第2章:星を中心として

第3章:星・一間トビ

第4章:ツケノビ定石

第5章:星への両ガカリ

第6章:打ち込みとサバキ

第7章:小目対目はずし

第8章:ハサミ

第9章:小目対高目

問題図

f:id:kazutan0813:20180401001509p:plain

第3章テーマ図:白1は置碁で上手が多用する手法ですね。慌てず対応できますか?

第6章テーマ図:これも置碁によく出てきそうな形。この後の戦いが非常に重要です。

第8章テーマ図:白1を打ってから白3と大斜定石を仕掛けるのは、如何にもハメ手臭いですね(^_^;)

第9章テーマ図:二間高ガカリの超難解型です。

正しく対応できるようになる

本書の内容を理解すれば、ハメ手に対して正しく対応できるようになるでしょう(*^^)v

また定石の裏側を知ることで、より定石に対して理解が深まる効果も期待できます。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ