囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「小目一間ガカリの周辺」~小目一間ガカリのエキスパートになろう!

小目一間ガカリの専門書

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、東京創元社【出版】、劉昌赫【著】

小目一間ガカリの周辺です。

一昔前まで小目の石にはケイマガカリが主流でした。その後、一間ガカリが出てきてオオゲイマガカリや二間高ガカリなども登場してきました。

特に最近の碁は一間高ガカリの登場頻度が高く、体感的にはケイマガカリと同等以上です。それに伴い一間高ガカリの新手・新型が数多く生まれ、プロアマ問わず流行しています。

中には研究していないと潰されてしまうような変化もあり、普段の研究の重要性がますます高まってきていると言えるでしょう。

本書は一間高ガカリの周辺の定石や布石を数多く集め、解説されています。

本の内容

全23型の新手・新型を収録しています。個々の解説がとても質が高いです。

問題図

f:id:kazutan0813:20180324161328p:plain

第1~12型:ご存知ツケヒキ定石と白2でDとうつナダレ定石について解説しています。白2のあとCとBと打つ定石や黒3でAと打つ旧定石などもあります。

第13・14型:黒1の一間バサミに対して白Aや白Bは最近ではあまり見なくなりましたね。

第17・18型:黒の一間バサミには白1のツケが大多数ではないでしょうか。黒2・4もよくある定石でこのあと白A・Bなどが考えられます。

第20~23型:黒△と単にヒラク定石も相当流行りましたね。このあと白からはA~Dの応手が考えられ難解型になる恐れもあります。

非常に実戦的な内容

小目一間ガカリと言う分野に絞って非常に詳しい解説がされています。アマ高段以上を目指す人は読んでおいた方がいいと思います。私はネット碁で一番役に立ちました(笑)

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ