囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「損のないハメ手」~正しく応接されても互角に!!

損のないハメ手を公開

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、誠文堂新光社【出版】、瀬越憲作【著】

損のないハメ手です。

相手に正しく応接されると仕掛けた側が損をする手を「ハメ手」、互角の変化に落ち着くのが「裏定石」と本ブログでは定義しています。

「新定石」と「裏定石」の違い(定義)について

ですから本書はどのカテゴリにするのか悩みましたが、題名にハメ手と書いているのでハメ手カテゴリにいれます(^_^;)

ハメ手(や裏定石)の勉強も棋力向上に立派に役立ちます。本書で実戦的なハメ手を会得してください。

本の内容

全20型のハメ手を掲載しています。昭和の棋書ですので古い型が多い印象です。

問題図

f:id:kazutan0813:20180318232848p:plain

例図1:黒4から黒6・8が損のないハメ手とされています。あまり見ない手ですね。黒8でAも収録していますが、こちらは有名なハメ手ですね。

例図2:黒2とハサミが遠いのに黒6・8とは(^_^;)前図と同じく黒8でAの型も収録しています。

例図3:上ツケ定石を打ち白が強くなっているのに黒6と強気でツメてきました(笑)

例図4:白1の二間高ガカリにハサむなら普通は黒Aですが、黒2もどうやら成立するらしいです。

珍しいハメ手が多い

ここ最近のハメ手本には収録されていない型が結構ありました。これは対戦相手が知らない可能性大ですね( ^ω^ )

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ