囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「ひと目でわかるヨセ」~終盤力を高めよう!

ヨセの手筋集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、誠文堂新光社【出版】、大竹英雄【著】

ひと目でわかるヨセです。

アマ同士の碁ではヨセで10目20目ひっくり返ると言われます。私が実際見てきた中でも、アマ高段者ですらプロやアマ強豪相手にそれくらいは平気でヨセられます(;´・ω・)

ヨセが疎かになりがちなのは一般アマの共通点でしょう。視点を変えればヨセが強くなれば碁敵やライバルに差をつけることが可能ということです。

ヨセが強くなる方法の一つに、ヨセの手筋を身につけるというものがあります。普段実戦で打っているヨセよりもさらにお得な打ち方がある事を知ることができます。

本書では実戦に役立つヨセの手筋問題を収録しています。

本の内容

第1章:基本問題

第2章:応用問題

問題図

f:id:kazutan0813:20180309160858p:plain

↑白が1線をハネツギした形です。どのように守りますか?

f:id:kazutan0813:20180309161107p:plain

↑黒1や黒Aと打つ人のなんと多いことか(笑)白2と打たれもう一手黒地に守りが必要です。また白2の一路上に1目できそうな形ですね。しかも白の先手。

f:id:kazutan0813:20180309161333p:plain

 ↑黒1とここに打つのが正解。なんとなく違和感のある手かもしれませんが前図とは地だけで2目ほど変わってきます。

実戦でノータイムでここに打つ人は「お、強い人だな」と私は思います(´・ω・`)

ヨセを舐めてはいけない!

問題図を見てどう思いましたか?

「重箱の隅をつつくような話しやがって」と思うようでは碁は強くなれません(´・_・`)

一カ所では1、2目ほどのヨセの損も、チリも積もればかなり大きくなります。

「中盤までは優勢だったのに数えたらなぜか足りない」とよくなる人は、そもそも形勢判断そのものが間違っているか、ヨセが稚拙であるかの二択です。

囲碁が強くなりたい人はヨセをしっかりと勉強しましょう。

象棋力はアマ3級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ