囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「韓国の新しい試み (上)」~新手新型を学ぼう!!

流行りの新手新型を解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 東京創元社【出版】、梁宰豪【著】

韓国の新しい試み (上)です。

・韓国の新しい試み( 下)

囲碁が強くなるための三大要素は、実戦・詰碁・棋譜並べです。これらは別名、上達の三種の神器とも言われます。

そして棋力が上がるほど「勝つために」要求されてくるのが、定石の知識です。

特に現在の囲碁界はネットの発達の影響もあり、ものすごいスピードで新手新型が生まれてきています。

このような新手新型の研究をして使用するのはプロだけではありません。アマでも高段者になればこれら新手新型を仕掛けてくることは珍しくないのです。

私もネット碁で5・6段あたりになった頃から、難解定石や新手新型を仕掛けられることが増えてきたという経験があります(^_^;)

例え中盤の腕力や終盤の精密さが互角または自分が多少上でも、序盤の折衝で大きく差をつけられると勝つことは容易ではありません。

常日頃からの研究が大切なのです。

本書では世界の新手新型を解説しています。

本の内容

プロローグ:新手の源流を探して

第1部:韓国の新手新型

問題図

f:id:kazutan0813:20171223234045p:plain

第2型:白9は味方の石が多いからこその強手です。黒も10と最強に応じてどうなるでしょうか。

第7型:一間バサミの難解定石ですが、黒1に対して白2からが基本手順ではない手です。しっかりと対応しないと黒潰れる恐れあり。

第13型:二間高バサミの難解型ですね。黒3から難しくなります。

第23型:本書ではミニ中国流や中国流の型も多く取り上げられています。白12が新手です。

実用的な型が多い

すぐにでも実戦投入できるような型が多いです。

ネット碁などの早碁では新手新型を打たれても、知らないと正しく対応することは至難の業です。(時間のある大会ですら厳しい。)逆に言えば相手が知らない手を打てば一気に優勢に持ち込むことも可能ですよ。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ