囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「囲碁大会必携!大斜・村正・大ナダレ」~難解定石を使いこなそう!!

難解定石のまとめ

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは, 誠文堂新光社【出版】、結城 聡【著】

囲碁大会必携!大斜・村正・大ナダレ

です。

「結城 聡 囲碁・世界の新手法ガイド」

↑の姉妹編です。

囲碁の難解定石といえば、真っ先に大斜・村正・大ナダレが思い浮かびます。

これらの定石は基本のワカレ以外にも無数の変化があり、裏定石やハメ手も多数存在します。

序盤で相手が知らない形に誘い込めば、まずその一局は勝ちでしょう。

もちろん相手が仕掛けてくるケースもあります(^_^;)

本書は大斜・村正・大ナダレの三本柱に絞り、それらの難解定石をまとめています。

本の内容

第一部:村正の妖刀

第二部:大斜で江戸を懐古する

第三部:大ナダレの変遷

問題図

f:id:kazutan0813:20171116171240p:plain

↑私が本書にある型で、最も実戦で試したのはこの黒1です。

村正の妖刀定石からの派生形なのですが、白が正しく打ってもほぼ互角になり、間違えると白ツブレになる恐ろしい手です(;´∀`)

本書を購入した当時の私の棋力は、ネット碁(東洋囲碁)5段くらいだったでしょうか。

かなりの数の白星を稼がせてもらったことは覚えています(笑)

アマ高段者向けの本

難解定石に絞って解説しているだけに、内容はアマ高段者向けといえます。

囲碁大会やネット碁での勝率を上げるために、本書で難解定石を学んではどうでしょうか?

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ