囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「二子強くなるヨセ学」~ヨセの全てが分かる(?)

ヨセを一通り学べる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは, フローラル出版【出版】、工藤紀夫【著】

二子強くなるヨセ学です。

皆さんのヨセのイメージは何ですか?

「つまらない」、「面倒くさい」、「難しい」、「厄介」等々、ロクなイメージではないのが真実かもしれません(笑)

アマはヨセが苦手とよく言われるのも仕方ないかもしれませんね。

しかしヨセも勉強してみると意外と楽しかったりします。

なによりヨセが上達すれば、勝率も大幅にアップします。

中押しの碁はともかく、半分以上はヨセで勝負がつきます。

プロやアマ強豪ならどうしても詰まらない差はありますが、普通のアマの碁はヨセでいくらも逆転できます。

本書ではヨセの基本を一通り学ぶことができます。

本の内容

第1章:ヨセの基礎知識

第2章:1線と2線のヨセ

第3章:隅をめぐる大きなヨセ

第4章:ヨセの手筋39題

第5章:11路盤による総合研究

問題図

 

f:id:kazutan0813:20171106002339p:plain

↑黒Aと打つ手の価値は14目です。

この計算は簡単ですね。

f:id:kazutan0813:20171106002450p:plain

↑黒Aと打つ価値は何目でしょうか?

答えはなんと18目です!前図よりも大きいのです。本書ではこの18目となる計算方法も解説しています。

そしてほとんどのアマが、実戦ではこの18目の手よりも前図の14目の手を優先するでしょう。

このように正しいヨセの目数を習得していないと、自分が知らない間にどんどん損を重ねることになります。

バランスのいい一冊

問題の種類・量・難易度のバランスがよく、読みやすいヨセ本だと思います。

ヨセの勉強に取り掛かろうとしている人にオススメです。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ