囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「一手の大きさが分かる本」~布石~大ヨセの一手の価値

布石~大ヨセの一手の大きさを解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは マイコミ【出版】、片岡聡【著】

一手の大きさが分かる本です。

囲碁は盤上で最も価値の高い場所を占めていけば勝てるゲームです。しかし盤上でベストな場所はどこなのかは、時にはプロでも頭を悩ます問題です。

もっとも正解がない場面が多いのが囲碁の魅力の一つかもしれません。

逆に正解がある程度存在する場面では、正答率を上げることが棋力向上に貢献すると言えます。

本書では、布石から大ヨセにかけての状況でどこが大きいのか、その手が何目くらいの価値があるのかを、可能な限り目数で示すことで証明し、読者に学んでもらうようになっています。

本の内容

序章

第1章:根拠に関する手が大きい

第2章:実利の大きさを考える

第3章:模様の大きさを考える

第4章:応用編

問題図

f:id:kazutan0813:20171025164821p:plain

↑白番の問題ですが、AとBどちらの一手が大きいでしょうか?

f:id:kazutan0813:20171025164949p:plain

↑白1は部分的には大きい手なのですが、この局面では中央の価値が高く、黒2あたりに打たれると一気に苦しくなります。

仮に白3・5と取るものをを取っても、黒8まで中央がでかすぎます。

f:id:kazutan0813:20171025165152p:plain

↑白1と中央を消す手が正解でした。これ以上は深入りでしょう。黒2から攻めてきても白7まで治まり形にすることができ、地合いでも白が優勢です。

感覚で身につけよう

厳密に何目であると丸暗記する必要はありません。

普段何気なく打っている手がどれほどの価値があるのか、10目、20目、30目と大体の感じを掴めば、大きな判断材料になるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ