囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「シマリの技法」~シマリの利点と弱点を網羅!

シマリの利点と弱点を解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは河出書房新社 【出版】、石田芳夫【著】

シマリの技法です。

囲碁の序盤において小目からの「シマリ」は以前ほど絶対の手ではなくなりました。シマリを省いてスピードを重視する、中国流・ミニ中国流・小林流などがいい例です。

しかしそれでも「シマリ」は頻繁にプロアマ問わず打たれることに変わりはありません。

「シマリ」に対する手のつけ方はかなりの数があり、すべてを理解している人は相当少ないでしょう。

私もまだ曖昧な所があります(^_^;)

ですが、少しでも多くの知識を身に付ければすぐに結果に出てくる分野だと思います。

「シマリ」の解説をしている棋書は他に、

「シマリの急所 小目の小ゲイマジマリ編」

「シマリの急所 小目の一間、大ゲイマジマリ編」

「腹中の一手」

などがあります。意外と数が少ないですね(´・ω・`)

本書では「シマリ」の利点と弱点をかなり詳細に解説しています。

本の内容

第1章:シマリの背景

第2章:シマリの攻防

第1部:小ゲイマジマリの攻防

第2部:一間ジマリの攻防

第3部:大ゲイマジマリの攻防

第4部:二間ジマリの攻防

問題図

f:id:kazutan0813:20171022153114p:plain

 ↑各シマリにおいて、アルファベットの手段について解説をしています。どれも丁寧な解説です。

特筆すべきなのは二間ジマリについても触れている事でしょうか。

二間ジマリについては前述の三冊では触れていませんでした。

しかしアルファ碁を始めとする囲碁AIの影響で、最近二間ジマリが急速に流行りつつあり、二間ジマリの解説本の需要は高まっているのではないでしょうか。

個人的にはもっと二間ジマリについて書かれた棋書が欲しいですね。

アマ強豪を目指す人は読もう

シマリの解説本は量も多く、内容も難しいです。アマ強豪を目指す人には是非読んでもらいたい一冊になります。

シマリに対して、プロが打っているからと猿真似で適当にツケたりしているようでは、上は目指せないでしょう。

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ