囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「碁の計算学入門」~ヨセの目数計算を会得できる!

ヨセの目数について学べる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはMYCOM 【出版】、石田芳夫【著】

碁の計算学入門です。

囲碁のヨセにおいて、目数の計算ができているのとそうでないのでは、一局の碁を打ち進めていく上で大変な違いです。

大部分のアマは計算の方法を知らずに、見当で打ち進めていく場合が多いと思います。

その第一感が正しければ問題ないのですが、そこまで碁は甘くありません(笑)

私は常々実感しているのですが、並のアマ高段者と県代表クラスの違いの一つは、このヨセにあると思います。

本書では、目数の計算方法や研究を行っていきます。

本の内容

第1章:計算の基本

第2章:手筋と目数

第3章:目数一覧表

問題図

f:id:kazutan0813:20171019155656p:plain

↑このように、実戦に頻出する形の目数を覚えておくと、ヨセの精度が上がります。

ヨセが下手な人は、中盤まで大差で勝っている碁をヨセで逆転される屈辱を何度も味わうことになりますよ( ˘•ω•˘ )

ヨセで劣っていると序盤・中盤が互角でも勝てないのがツライですよね。

質の高い内容

ヨセが正確で「コンピュータ」の異名をとる石田芳夫九段の著書だけに、質の高い内容になっています。

タイトルに「入門」とついているように、ヨセの勉強に初めて取り掛かる人にもオススメできます。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ