囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「玄玄碁経入門」~古典詰碁を易しく学べる

玄玄碁経を簡単にした問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは山海堂 出版、二口外義 著

玄玄碁経入門です。

「玄玄碁経」

有名な古典詰碁のひとつに「玄玄碁経」があります。

しかし並のアマ有段者ではやや荷が重い難易度かもしれません。

本書は幅広い棋力の人でも古典詰碁を楽しめるように、「玄玄碁経」の中から簡単な問題を選出し、またその関連問題や練習問題を多く入れたものになります。

私がこの本に出合ったのはアマ初段くらいの時でしたが、比較的簡単に取り組めた記憶があります。

本の内容

全部で200問収録されています。

f:id:kazutan0813:20171014223742p:plain

↑このようの上下を分けて1ページにつき問題が二つあります。

101問目以降を読む時に他の人から見ると、本がさかさまになっているという欠点があります(笑)

 問題図

f:id:kazutan0813:20171014222348p:plain

↑白先生きの問題ですが、当時の自分は正解の筋に感動しました。

黒のダメヅマリを利用します。

f:id:kazutan0813:20171014222452p:plain

↑正解は白1を決めてからの、白3のキリです。黒4と打てば白5と一旦逃げ出し、黒6をみてからの白7のホウリコミです。

f:id:kazutan0813:20171014222552p:plain

↑前図の続きで、黒1と取り白2のアタリに黒3と打ってしまうと、白4で世にも珍しい両ウッテガエシの形で黒を逆に取る事ができます。

私はこれを実戦で一回決めたことがあり、爽快でした(笑)

f:id:kazutan0813:20171014222709p:plain

↑白3に対して黒4と打てば、白5と逃げ出します。黒6と打つしかないので白7とホウリコミ、次に黒aと取っても白bで黒はアタリにツグことができません。

詰碁力が上がる

プロは皆、修業時代に古典詰碁を解くといいます。

そんな優秀な古典詰碁の簡易版に当たる本書も良問が多いです。

基本的な手筋が沢山出てきますので、何度も繰り返し読めば棋力上達にも繋がるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ3級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ