囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「林海峰のヨセに強くなる本」~ヨセの目数を覚えよう!!

実戦に出てくるヨセの目数を網羅

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは誠文堂新光社 出版、林海峰

林海峰のヨセに強くなる本です。

囲碁には大きい手、小さい手と、いろいろな手があります。

しかし実際にどれほどの大きさなのかを目数で知っている人は少ないでしょう。

しかし、一手の目数がさっぱりわからないのと、正確とはいかなくても大雑把にでも把握しているのでは大違いです。

アマはヨセが苦手と言われていますが、並レベルの碁会所アマ高段者でも、頻繁に終盤で5目10目と損しています。

このヨセの習熟度が、アマ高段者と県代表クラスの間にある大きな壁の一因になっています。

本書では実戦に頻出するヨセの目数を176題収録しています。

本の内容

第1章:1~2目

第2章:5目前後(3~7目)

第3章:10目前後(8~12目)

第4章:15目前後(13~17目)

第5章:20目前後(18目以上)

問題図

f:id:kazutan0813:20171013172849p:plain

↑一部を選出しました。

Aと打つ価値を示しています。

どれも実戦に出てきてもおかしくない形ばかりですね。このような型が176題もあるのです。

ヨセ巧者になれる

本書をマスターすれば、ヨセの力を大幅に上げることができるでしょう。

ヨセが甘い相手なら、終盤で10目20目簡単にひっくり返せます(笑)

ヨセが上達すると棋力も比例するように伸びていきますよ。即効性が高いのも、本書の良い所です。

ヨセの目数暗記系の棋書としては最高レベルと思います。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ