囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「腹中の一手」~シマリとヒラキの後の攻防を学べる!

シマリ・ヒラキの後の攻防の解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは東京創元社出版、 金成来 著

腹中の一手です。

囲碁の勉強で「定石」を頑張る人は多いと思いますが、「定石後の攻防」に取り掛かる人はあまりいないのではないでしょうか?

棋力が上がるほど、「定石」を多く覚えている事よりも、「定石後の攻防」を正しく身につけている方が重要になります。

例えばシマリやヒラキ後の攻防も「定石後の攻防」に分類されます。シマリやヒラキって一局にほぼ絶対出てきますよね?それらの定型の後の攻防も、当然ほぼ絶対出てくるのです(`・ω・´)

本書ではシマリやヒラキ後の狙いや利かし、攻めなどについて詳しく解説しています。

本の内容

第1章:星

第2章:小目

第3章:辺

問題図

f:id:kazutan0813:20171009191441p:plain

第1型:星の小ゲイマジマリ後の白からの着手点はA~Dが考えられます。それぞれの性質と運用方法を学びましょう。

第5型:小目の小ゲイマジマリ後の攻防は星のそれと比較して多く、A~Gまでが主に考えられる所です。

第9型:黒〇の三間ビラキは実戦に頻出しますが、手を付けに行った時の攻防は結構難解です。A~Cについて解説しています。(Aはまず悪手なので他二つがメインです。)

中盤戦に自信を持って臨むために

「定石後の攻防」をなんとなくや行き当たりばったりでやっていた人は、是非勉強してみてください。

今までの打ち方は、目隠しで橋を渡っているのと同義ですよ(笑)

本書は即効性が高い一冊と思います。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ