囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「ハメ手は怖くない」~ハメ手対策に

多くのハメ手を紹介

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院発行、 坂田栄男

ハメ手は怖くないです。

ハメ手の棋書紹介の記事では何度も述べていますが、本質的に囲碁には「ハメ手」はありません。

「ハマった」=「間違えた」であり、それを「ハメ手」にせいにするのは、己の弱さの言い訳に過ぎないのです。

とはいえ、現実には「相手の味悪やヨミ不足を誘い出す可能性の高い手段」としての「ハメ手」が存在し、「無知や欲張り」によって「ハマリ」が増幅されることも事実でしょう。

そんなことにならないためにも、普段からの研究が重要になってきます。

本書では、多くのハメ手の対策を紹介しています。

本の内容

第1章:未然に避ける

第2章:裏をかく

第3章:正面突破

第4章:新型への警戒

第5章:ハメ手粉砕テスト

ハメ手は怖くない40型 さくいん

問題図

f:id:kazutan0813:20170929233738p:plain

第15型:黒3とはまたヘンテコな手ですね。侮るとハマります。

第16型:黒11は本来ポン抜くのが定石です。しかし本型はかなり有力なようです。

第26型:ハメ手ではないのですが、難解型へ発展する恐れのある定石です。もし正面から戦うのならしっかりと変化を覚えておきましょう。

第39型:あまり見ない定石ですが、白6が怪しげな手です。

ハメ手を恐れなくなる

誰でも最初はハメ手にやられてしまう経験はあります。

しかし研究を重ねハメ手に対しての知識を深めれば、もうハメ手を恐れることはなくなるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価B(´・ω・`)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ