囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「手筋事典 下巻(呉清源・瀬越憲作)」~手筋本の大作!

手筋を網羅した名作

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは誠文堂新光社出版、呉清源・瀬越憲作 共著

手筋事典 下巻です。

「手筋事典 上巻(呉清源・瀬越憲作)」

「手筋事典 中巻(呉清源・瀬越憲作)」

本シリーズも最終巻になりました。

囲碁用語でよく言われる「筋がいい」という言葉ですが、あなたはそのようなセリフを言われたことはありますか?

逆に「筋悪」という言葉もあり、こっちを言われた人もいるでしょう(^_^;)

「筋は悪いが力が強い」というように、筋が悪いからと言っても必ずしも碁が弱いわけではありません。

しかし筋が明るい事に越したことはなく、プロやアマ強豪はほとんど筋のいい碁を打ちます。

筋がよくなる方法の一つに、手筋を勉強する事が挙げられます。

多くの手筋に何度も触れていれば、自然と碁が筋よくなっていくでしょう。

本の内容

・ゲタの手筋

・シチョウの手筋

・ワタリの手筋

・捨て石の手筋

・目を欠く手筋

・左右同型の手筋

・アテコミの手筋

・オイオイオトシの手筋

・ダメヅマリの手筋

・シボリの手筋

・オシツブシの手筋

・トビの手筋

・その他の手筋

問題図

f:id:kazutan0813:20170912233134p:plain

↑「ワタリの手筋」で黒先です。

やや難しい手筋になりますが、とてもカッコイイです(笑)

f:id:kazutan0813:20170912233325p:plain

↑黒1のトビが手筋で正解です。白2と守るのが相場ですが、黒3で綺麗に繋がっています。

綱渡りのような手筋ですね。

f:id:kazutan0813:20170912233447p:plain

↑白2と連絡を断てば、黒3から5が黒1と連動した手段になります。

次に白A黒Bでコウに持ち込むことができますが、白の負担が大きく前図が無難でしょう。

アマ高段以上を目指す人に

アマ高段者以上、つまりネット碁(野狐や東洋囲碁等)で7段以上を目指す人は是非本シリーズで手筋の力を鍛えてください。

手筋を鍛えることは詰碁力を高めるなどいろいろな効果があります。

逆に本書に載っている手筋がわからないと、なかなかネット碁7段の壁は破れないでしょう(;´∀`)

何度も述べますが、本書は非常に棋力向上に役立ちます。

絶版で値段が高くなっているのが唯一の欠点でしょうか。

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ