囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「中盤で差がつく必殺の手筋」~中盤戦で役立つ手筋!

中盤で使える手筋が満載

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイナビ出版、松本武久 著

中盤で差がつく必殺の手筋です。

囲碁の中盤戦において手筋が上手く決まるのは爽快ですよね。場合によってはそのまま勝ちに持っていける事もあるでしょう。逆に決められたらたまったものではありません(笑)

中盤戦では、碁の強い人が見たら一発でわかる手筋が沢山潜んでいます。ただし碁の強い人も、別に毎回すべてを読み切っているわけではなく、石の形の急所や感覚である程度目星をつけています。

この感覚や知識を養うのが「手筋」の分野です。

本書では実戦で即使えそうなものかつ、相手に与えるインパクトが大きいものを選んでいます。

本の内容

第1章:エグリ、荒らし①

第2章:エグリ、荒らし②

第3章:サバキ

第4章:整形

第5章:分断

問題図

f:id:kazutan0813:20170908174439p:plain

↑一部を選出しました。

第2章テーマ図1:二間ビラキを二つ繋げた形も両側から迫られると薄みが出てきます。それを咎める黒1はまさに左右同型中央に手ありですね。

第2章テーマ図2:黒△に対して白が手を抜いた場合、黒1が急所になるのを知っていますか?相手が知らなければ与える衝撃はかなりのものでしょう。

第3章テーマ図3:白2・4という攻め方に対しては、ある決まった打ち方があります。

第5章テーマ図2:白はギリギリ繋がっている風な感じですが、実は手があります。

即戦力になる内容

いつ実戦に出現してもおかしくない型ばかりです。いままで素通りしていた局面に新たな可能性を見出させてくれるでしょう(/・ω・)/

またあとがきに、本で読んだ手筋を使いこなすためには一度読むだけでなく、何度も繰り返し読んで欲しいと書いています。

詰碁や手筋は反復練習することは絶対必要なのです。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ