囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「手筋事典 中巻(呉清源・瀬越憲作)」~最高の手筋本!!

10年余の歳月を要した大作

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは誠文堂新光社出版、呉清源・瀬越憲作 共著

手筋事典 中巻です。

「手筋事典 上巻(呉清源・瀬越憲作)」

「手筋事典 下巻(呉清源・瀬越憲作)」

 前作の上巻を刊行したところ、各方面より多大の好評を寄せられたらしいです。さすが10年余の歳月を要したものだけありますね。

ちなみに本シリーズは1971年刊の「手筋事典」上・下巻を上・中・下巻に分けて再編集したものになります。旧版については私は購入する予定はありません(;´・ω・)

手筋の勉強を積み重ねていると、だんだん実戦対局で勉強した手筋を見つけることができるようになります。まさに強くなった瞬間ですが、さらに進むと当たり前にように手筋を打てるようになります。

この「当たり前に使える」状態になることが非常に重要で、いちいち考えている段階ではまだ本物ではありません( ゚Д゚)

本の内容

本書の構成は

・ワリコミの手筋

・キリの手筋

・ハネとオサエの手筋

・コスミの手筋

・コスミツケの手筋

・サガリの手筋

問題図

f:id:kazutan0813:20170905212835p:plain

↑キリの部で、白先になります。

一見繋がっているように見え、アマ有段者でも見逃してしまうことが多いのではないでしょうか?

f:id:kazutan0813:20170905213059p:plain

↑白1のハネダシは黒2が先手になり黒4まで何事も起きません。

f:id:kazutan0813:20170905213206p:plain

↑正解は白1のキリです。次に白Aがありますので黒2は仕方なく、白3で黒を分断することができました。

何度も繰り返し解こう

本シリーズは上中下巻合わせて約1000問もあります。これらを何度も繰り返し解くのは非常に労力がかかり苦しい作業になるでしょう。

しかし県代表以上を目指すなら、この手の苦行は必ずどこかで経験しなければいけないと思います。

また問題に難易度がつけられていますので、簡単な問題だけを解くなど工夫すればアマ初段ぐらいの人でも活用できます。

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ