囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「基礎からのヨセと計算」~ヨセが強くなりたい人に!!

ヨセ本の名著

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイナビ出版石田芳夫

基礎からのヨセと計算です。

アマはヨセが苦手な人が多いというのは昔からよく言われることです。

県大会に参加するレベルの人でも、序盤・中盤はしっかり打てるのに終盤のヨセに入った途端に失速する人のなんと多いことか(笑)

そのおかげで何度も負け碁を拾いました(;´∀`)

地元では私はヨセがうまいと言われていますが、そんなことはなく他の人があまりにもお粗末すぎるのです。

ヨセが苦手な人が少し本を開き勉強すれば、目に見えて効果が表れてきます。

本書はヨセの計算方法・大ヨセの考え方・ヨセの目数など満遍なくヨセの勉強ができるようになっています。

↓参考記事

ヨセの棋書の種類は一つではない

本の内容

本書の構成は

第1章:計算の基本

第2章:手筋と目数

第3章:大ヨセの考え方

第4章:目数一覧表

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170903231017p:plain

↑実戦でも頻出する形ですね。黒1は何目ほどの手になるのでしょうか?

f:id:kazutan0813:20170903231234p:plain

↑黒1と打たれたら白8までが相場になります。次図と比較して黒地は×印の5目分増えています。

f:id:kazutan0813:20170903231404p:plain

↑逆に白1と打たれると次に白Aの手段があるので黒1と受ける相場。この図は白地が前図と比較して×印の5目分増えています。

このヨセの手は両先手10目、後手に直すと20目の価値にもなります。

一局の碁を左右するほどの特大の大きさで、両先手ですので相手に打たれると発狂しそうになります(笑)

ヨセの基礎力がつく

ヨセの分野を一通り勉強することができ、ヨセの基礎力が身につきます。

基礎力とはいっても本書の内容を完全に身につければ、ヨセに関していえば並のアマ高段者以上の力があると言えるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ