囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「新ポケット布石100」~洗練された布石を打とう!

布石の感性を養う問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院発行、新ポケット布石100です。

序盤でリードすると、中盤以降を有利に戦えます。ヨセで多少損しても序盤の貯蓄で耐えきれてしまうこともあります。

逆に序盤で遅れてしまうと、その後は非常に苦しい碁となります。

また囲碁は棋力が上がるほど、序盤での遅れが致命的になってきます。強い人ほど序盤をしっかりと勉強しないといけないのです。

序盤感覚を磨くには、プロの棋譜並べの他に、本書のような次の一手問題手を数多く解く方法が有力です。

本の内容

本書の構成は、

プロローグ:美しい布石を打つために

第1章:布石との出会い(5~8級)

第2章:布石の形に親しむ(3~8級)

第3章:急所を見分ける(1~3級)

第4章:逃せぬポイント(初・二段)

第5章:布石でリードする(三段以上)

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170831180830p:plain

↑白番の問題です。A~Cの中から選びます。

f:id:kazutan0813:20170831181048p:plain

↑正解はAの白1です。この一手によって白模様が大きくなり黒模様を制限しています。まさに天王山です。

蛇足になりますが、この後黒に左辺を荒らしに来られても白1は立派な手なのです。

f:id:kazutan0813:20170831181255p:plain

↑白1は大場ではあるのですが、黒2に打たれてはいけません。前図と比べてみるとまったく景色が違いますね。模様を張り合う碁はこのような天王山が出現することがありそこを逃さない感覚が大事です。

それにしてもこの図は白が夢のない打ち方ですね(笑)

難易度が易しい問題ばかり

布石の問題としても、そこまで難しくなくシンプルなものが多いです。序盤感覚の勉強に初めて取り組む人にはピッタリでしょう。

もちろんアマ有段者以上の人でも十分勉強になります。

象棋力はアマ5級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ