囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「中盤の花形戦法運用、撃退マニュアル」~中盤定石を身につけよう!!

中盤戦の戦法を一挙紹介

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院出版、加藤充志 著

中盤の花形戦法運用、撃退マニュアル

です。

囲碁の中盤戦は、読みの力を主とした戦いというイメージがありますか?

もちろん読みの力が第一といってもいいくらい大事ではあるのですが、実は中盤にも「定石」と呼ばれる分野があります。

中盤戦でよく出てくる型のことを指しているのですが、この分野は読みの力だけではなく日頃からの研究がモノをいってきます。

また中盤戦での時間と労力の節約にも繋がるなどのメリットもあります。

本の内容

本書の構成は

第1章:打ち込みの花形攻防

第2章:ツケでサバキ上手に

第3章:ノゾキにご用心

第4章:オシャレに打とう

第5章:定石ウンチク

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170830155119p:plain

↑よくある配石ですが、白1がこの黒模様を荒らす時に急所になります。次にA~Cの手段をみてサバく予定ですが、この後の変化を詳しく知っているアマは少ないはず。

f:id:kazutan0813:20170830155307p:plain

↑黒4までの構えに対して白5はやはり形の急所になります。なぜ急所なのかを本書では解説しています。

f:id:kazutan0813:20170830155427p:plain

↑白1のボウシは黒の小目のケイマジマリから両翼に構えた模様を消す時の常套手段です。ここまでは知っている人は多いかもしれませんが、使いこなすためには白5からの変化をしっかりとマスターしておかなければいけません。

実戦で役立つ

実戦の出現率90%と表紙に書いていますが、誇張でもなんでもないのです。

碁が強い人も知識や形で打つ場面では、読みはそこまで入れていない事もあります。

逆に言えば今そういったものが身についていない人が勉強すれば、更なる棋力向上が期待できるでしょう(*^^)v

また基本定石周辺の話が主ですので、そこまで難解でもないです。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ