囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「呉清源のこの手ご用心[目外し・高目編]」~難解な裏定石・ハメ手を習得できる!

威力抜群の難解型が豊富に収録

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは山海堂出版、呉清源

呉清源のこの手ご用心[目外し・高目編]です。

 

「呉清源のこの手ご用心[置碁編]」

「呉清源のこの手ご用心[小目編]」

のシリーズになります。

今までのシリーズ同様に、裏定石やハメ手の解説が本書の内容になりますが、星や小目に比べて目外し・高目は変化が多く、生半可な知識で使うと一局の碁が崩壊するくらいの威力があります。

仕掛ける側も仕掛けられる側も、相当な読みと準備が必要になる劇薬なだけに、上手く決まった時の威力も凄まじいのです。

本の内容

全110型と非常に量が多く、現在の棋書と比較しても内容の濃いものになっています。

問題図

f:id:kazutan0813:20170829234134p:plain

↑目ハズシと高目からそれぞれ一部を選出しました。

ナナメ一間バサミ」:目外しに高くカカった場合にも黒1とハサむ変化はあります。普通に定石に戻ることが多いのですが、知らないと面喰うでしょう。

大斜の有名なハメ手(5)」:大斜は難解な変化が多くあります。本書では多くの大斜の型を学べます。

松浦吉浦氏の新工夫」:昔のプロの新工夫です。かなり厄介な手で私もネット碁で見事にハマりました(笑)

腹中に投じた爆弾」:黒の二線のトビがないのに、いきなり黒1といやらしい所に置いてくる手があります。これも知らないとパニックになりそう。

難解な内容

同シリーズの小目編よりもさらに難解な内容です。ただ実戦で役に立つ内容が多いので是非読んでみてほしいですね(´・ω・`)

定石通になりたい人・碁敵に一発喰わせたい人には特にオススメです(笑)

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ