囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「呉清源の詰碁集 ②上級編」~中盤戦の地力をつけよう

詰碁力は囲碁

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは池田書店出版、呉清源

呉清源の詰碁集 ②上級編です。

・「呉清源の詰碁集 ①初級編」

詰碁を解くときは難易度は別にして、人によって形の好みがあります。

私は実際の対局に出現してもおかしくないような、実戦形が好きです。

詰碁によってはまず実戦に出てくることのない、如何にも作り物めいた形をしたものがありますが、私はあまり好きになれませんでした(^_^;)

実戦形の詰碁を作るプロは、例えば橋本宇太郎プロや前田陳爾プロなどでしょうか。

また本書の著者である呉清源プロも、実戦形寄りの詰碁といえるでしょう。

本の内容

本書の構成は

Ⅰ部:無条件の部

Ⅱ部:コウ(劫)の部

Ⅲ部:ノーヒントの部

Ⅳ部:特選10題の部

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170826225245p:plain

黒先コウの問題です。詰碁によくある筋が見えるかどうかがポイントになるでしょう。

f:id:kazutan0813:20170826225349p:plain

↑黒1のキリが後の手筋を見た好手です。おまじないといえるような手です。

f:id:kazutan0813:20170826225452p:plain

↑前図の続きですが、黒2がこの形の際の手筋です。他の詰碁集でもよくみる手ですね。

白は3と打つほか白2子が助かる道はありません。

f:id:kazutan0813:20170826225601p:plain

↑この形は黒1が先手で打てるのが命綱なのです。

黒3まで二段コウの形ですが、無条件死は免れました。

f:id:kazutan0813:20170826225736p:plain

↑単に黒1は白2とガッチリ繋がれて、手がかりがなくなってしまいます。正解図との差を確認してみてください。

アマ高段を目指す人用の難易度

難易度としてはこれからアマ高段を目指す有段者用といったものでしょうか。

アマ高段といってもそこら辺の碁会所の平均的なレベルではなく、東洋囲碁や野狐といったレベルの高いネット碁基準の話ですが(^_^;)

無茶苦茶に難しい問題はほぼなく、取っ付きやすい部類だと思います。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ