囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「イ・チャンホ最強のヨセ」~ヨセの精度を上げよう!!

ヨセの総合問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、東京創元社出版、李昌鎬・成起昌 共著

イ・チャンホ最強のヨセです。

碁の強さは布石中盤終盤の総合力で決まります。

そして大多数のアマの特徴として終盤力であるヨセが弱いです。

自由な布石構想の序盤戦や華麗な中盤戦に比べて、ヨセの終盤戦は地味でつまらないのが主な原因でしょうか?

私自身もいまだにヨセはまだまだなのですが、県大会に出場するレベルの人の碁を見ると、そんな私からしてもヨセが弱いなと思うことは多々あります(笑)

ヨセの勉強はしんどく辛い作業かもしれませんが、もしあなたが「少しでも強くなりたい。」「大会で勝ちたい。」という願望があるなら、やる他ありません(`・ω・´)

本書では、ヨセの実戦問題とヨセの目数問題を主にした、ヨセの総合問題集です。

本の内容

本書の構成は、

第1章:ヨセの大きさ

第2章:ヨセの手順

第3章:実戦のヨセの要領

第4章:この手は何目?

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170711223548p:plain

↑第4章の目数問題の一部です。

実戦に何度も登場する形ですが、これらの型の大きさを知っていましたか?

ヨセが強くなる方法のひとつとして、このように実戦に頻出するヨセの目数を暗記するというのがあります。

100型程度覚えれば、ヨセに限ればアマ高段者でも強いほうでしょう。

ヨセを本格的に学び始めたい人向け

中・低級者向けにまとめたと、まえがきで書かれている通り全体的に難易度はやさしめで、わかりやすい構成になっています。

しかし内容は平均的なアマ高段者も会得できていないものばかりですので、これからヨセを本格的に学び始めたい人にピッタリな棋書と言えるでしょう(*^^)v

象棋力は初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ