囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「新・早わかり ヨセ小事典」~ヨセの手筋の勉強に

ヨセの基本手筋を網羅

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院出版、高木祥一 編集

新・早わかり ヨセ小事典です。

ヨセの一局に占める割合はどれほどだと思いますか?

本書のよると答えは5割以上、百数十手にもなるそうです。

一般的にアマチュアはヨセが苦手とされています。

自由で楽しい布石や、華やかな中盤の戦いに比べ、地味でしんどいイメージだからでしょうか。

しかしヨセが強い人は碁が強いという格言があるように、ヨセが弱い人は残念ながら真の強者にはなれません(;´・ω・)

序中盤はそれなりに打てる人が、ヨセに入った途端にいきなり崩れていく光景を何度も見たことがありますが、この人がもう少しヨセを勉強していれば・・・・と思うこともあります(笑)

本書では、ヨセの基本手筋を中心とした内容を学ぶことができます。

本の内容

本書の構成は

第1章:ヨセの種類と順序

第2章:ヨセの手段の余地ありなし

第3章:ヨセの基本的手筋

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170624222946p:plain

↑黒先のヨセの問題。どのようにヨセますか?

f:id:kazutan0813:20170624223744p:plain

↑実戦では黒1・3と先手でハネツギを打って満足する人が大多数かもしれません。

しかしもっと深く踏み込んだ手があります。

f:id:kazutan0813:20170624223848p:plain

↑黒1が白のダメヅマリを利用した手筋で、白6まで先手でかなりエグリました。

続いて黒aと打つ手は約5目の手ですので、他にそれ以上の手があればここは手抜きます。

f:id:kazutan0813:20170624224024p:plain

↑黒1に白2と打てば、黒3とハネ前図と同じ形に還元します。

これからヨセを勉強する人にオススメ

ヨセの基本的な手筋だけではなく、ヨセの考え方や目数も収録されていますのでこれから本格的にヨセを勉強する人にオススメです(*^^)v

今までヨセの勉強をしたことない人は、少し勉強しただけで碁に対する世界観が変わるかもしれません。

初段の力があれば十分活用できるはずです。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ