囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「定石のマル秘ノート」~定石の新常識を学べ!!

打たれなくなった形と新常識を学べる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、マイナビ出版、蘇耀国 著

定石のマル秘ノートです。

なんという素敵な響きのタイトルなのでしょうか(笑)

私はこのタイトルを見た瞬間に購入する意思を固めました(^ω^)

近年の囲碁は、序盤の研究が進んだことによって、昔は定石とされていた型が打たれなくなることがかなり増えました。

多くのプロ棋士が過去の常識(とされていたもの)を見直した結果、互角だとされていた進行に実は優劣があることが明らかになったからです。

本書ではプロが実戦で打たなくなった定石や打たれなくなった理由を解説しています。

本の内容

本書の構成は、

第1章:星の定石

第2章:小目に一間高ガカリの定石

第3章:小目への小ゲイマガカリと二間高ガカリの定石

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170601004422p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

左図のツケは一時期流行りましたが、この配石では黒がよくないということで廃れました。

意外とこのことを知っている人は少ない印象です。

f:id:kazutan0813:20170601004525p:plain

第2章から一部を選出しました。

小林流についても取り上げているのは実用的ですね(*^^)v

ヒラキが一路狭い小林流については、知っておかないと布石で一気に持っていかれるかもしれません。

f:id:kazutan0813:20170601004638p:plain

↑第3章から一部を選出しました。

左図の黒3のコスミは現在ではもう打たれることはほぼありません。黒の足が遅いというのが理由です。

右図の二間高ガカリの攻防は非常に難解で、簡明型だけでも覚えておくのがおススメです。

あまり神経質になる必要なし

本書の冒頭に書かれていますが、打たれなくなったと指摘されている定石を打っても、すぐに悪くなるわけではないのであまり気にしない方がいいかもしれません。

プロが打たなくなっても、差はほんのわずかの場合が多いからです。

神経質になる必要はないので、自分が打ちたい手を気持ちよく打つのが一番ということですね(*^^)v

本書の対象棋力の目安はアマ5段以上の高段者とします。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ