囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「アマの知らない布石」~見慣れぬ布石で相手を圧倒!

変則布石についてまとめた本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、毎日コミュニケーションズ出版、安倍吉輝 著、

アマの知らない布石です。

対局で見たことのない布石を打たれて困ったことはありませんか?必ずしも相手は見知った布石だけを打ってくるとは限りません。

逆に言えば見知らぬ布石は相手を動揺させ、優勢を築くのに有効だということもあります。

本書で取り上げている布石は、プロ棋士の実戦からアマチュアの皆さんが知らないものを激選して紹介しています。

各布石の型の運用方法や感覚を学べるように、一局の命運を左右するような局面では問題を出題しています。

本の内容

本書の構成は、

第1章:勢力を意識した布石

第2章:天元をめぐる布石

第3章:実利を意識した布石

第4章:セオリーに挑戦した布石

となっております。

問題図

 

f:id:kazutan0813:20170528124355p:plain

 ↑第1章から一部を選出しました。

碁は自由ですね(´・ω・`) たまにはこういう布石を打ってみると新しい発見があるかもしれません。また実戦(特にネット碁)では打たれることもあるので、その対策として目を通しておくのもいいでしょう。

f:id:kazutan0813:20170528124513p:plain

 ↑第2章から一部を選出しました。

天元を巡る布石は「天元の石が働くかどうか」が双方重要になってきます。

そして天元の石を働かせるのは難しいため、プロアマ双方あまり打たれていないのです。

とはいえ、打たれてみるとこっちも難しく、やはり普段の勉強が大事になってきます。

f:id:kazutan0813:20170528124812p:plain

 ↑第3・4章から一部を選出しました。

張栩流は、一時期張栩プロが愛用していましたね。

これらの布石は他の棋書ではあまり触れていないので、興味がある人は是非見てください。

布石の基本も身につく

見慣れない布石ばかり取り上げましたね。

本書を繰り返せばこれらをマスターできるだけでなく、布石の基本的な考え方を身につける事ができるでしょう(*^^)v

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ