読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「実戦でできる打ち込み、荒らしの手筋」~荒らしの手筋が満載!!

荒らしの力を養成できる問題が盛りだくさん

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、株式会社ユーキャン出版、小林覚 監修

実戦でできる打ち込み、荒らしの手筋

です。

囲碁で、相手が地だと思っている構えにドカンと打ち込み、うまく荒らせたときはとても気分がいいですね。しかし、一歩間違えると打ち込んだ石を攻められ、一気に形勢を損なう恐れもあります。

打ち込む時に大事なのは気合いではなく、「読みの力」と「手筋に対する嗅覚」、「必要な知識」です。

本書の問題を解いて荒らしのテクニックを身につければ、打ち込むのが怖いと思っていた人も、自信を持って打ち込み、荒らしの仕掛けができるようになるでしょう(*^^)v

本の内容

本書の構成は、

第1章:星からの構えを荒らす手筋

第2章:小目からの構えを荒らす手筋

第3章:定石・常型後の荒らしの手筋

第4章:弱点をつく荒らしの手筋

第5章:打ち込み後の狙いの手筋

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170520210304p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

星の荒らし方のテクニックですが、これらの手はほとんど定石化されています。知らないとそれだけで損する可能性があるのです(;´・ω・)

f:id:kazutan0813:20170520211935p:plain

↑第2章から一部を選出しました。

こちらは小目の荒らし方のテクニックですね。

小目周辺の変化を熟知している人は相当な棋力と言っても過言でないでしょう。

f:id:kazutan0813:20170520210456p:plain

↑第3章から一部を選出しました。

基本定石後の荒らし方のテクニックです。定石後の変化もしっかりと理解して初めて、その定石を理解したと言えます。

f:id:kazutan0813:20170520210503p:plain↑第4章から一部を選出しました。

どれもいやらしい手ですが、すべて本筋の手なのです。

逆にこういう手を、相手に打たれないような石の形に持っていくのが、強い人です。

f:id:kazutan0813:20170520210515p:plain

↑第5章から一部を選出しました。

相手の構えに打ち込んだ後の手筋です。これらも、「知ってる」というのが大事なので、知らなかった人は是非覚えておきましょう。

荒らしの定石集

本書は荒らしの際の定石集とも言えるような、実戦に頻出する荒らしのテクニックばかりを収録しています。

何度も繰り返し解き、荒らしの感覚と知識の両面で身につけていけば、棋力上昇に大いに役立つでしょう(/・ω・)/

私も6段くらいの時に本書を読んで、荒らす力が大幅にアップしたのを覚えています(笑)

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ