囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

囲碁上達法~初・二段編(中編)

多角的な勉強が求められてくる

囲碁上達法~初・二段編(前編)

↑前編の続きになります。

棋譜並べはこれからずっと続ける事になる

有段者ともなればそろそろ棋譜並べにも少し取り掛かりたいです。

一般的に囲碁上達法の三種の神器は、「実戦・詰碁・棋譜並べ」と言われています。

この3つを柱にしながら、他の分野も勉強していく感じと思ってください。

さてその棋譜並べですが、「誰の棋譜を並べるか?」という問題が出てきます。

それに対しては、「好きな棋風の棋士を並べなさい。」とよく言われます。もしあなたにお気に入り・憧れの棋士がいるなら、その棋譜を並べるのをおススメします(*^^)v

もし今は特にいないというのなら、日本棋院が出版している「囲碁年鑑」シリーズなどはどうでしょうか。毎年5月頃に新版が出版されます。

日本のプロ上位の人達の棋譜がたくさんあります。また簡単な解説もついているのもいいですね( ^ω^ )

最新の布石や定石を勉強したいという人でなければ、囲碁年鑑の年代は特に気にしなくてもいいでしょう。

また、囲碁年鑑は部分譜ではなく総譜ばかりですので、棋譜並べに慣れていない人は、「序盤30手だけ並べる」など、継続しやすいように工夫しましょう。

慣れていけば、50手、100手とスラスラ並べられる手数が増えていくはずです。

ヨセの基本手筋習と目数暗記

次に、ヨセの基本手筋の習得と目数暗記が急がれます。

 ・棋書カテゴリ「ヨセ」の早見表 

↑にヨセ関係の棋書をまとめていますので、参考にしてください。

ヨセの重要性についてのお話 

ヨセの棋書の種類は一つではない

大ヨセの分野は「知識」以外にも必要なものがある!! 

↑ヨセについての記事です。

有段者ともなれば、最低限のヨセの手筋と目数の勉強はしておきたいですね。

ヨセの基本手筋習得は、問題集を何度も繰り返し解いて体で覚えてしまいましょう。

目数暗記は、今はまだ細かくは覚えなくてもいいですが、例えば20目級のヨセと10目級のヨセを間違えないくらいにはしておきたいです。

特にヨセはアマがあまり勉強しない分野ですので、ライバルたちに最も差を付けやすいのです(^ω^)

私は棋力が3段くらいの時に、ヨセだけは6段ぐらいあったので、上手からは一目置かれていました(笑)

後編では、定石・ハメ手についてお話しします。

・後編記事のリンク(予定)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ