囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

囲碁上達法~初・二段編(前編)

初・二段の人がさらに上を目指す勉強法

囲碁を始めた人の最初の大きな目標であるのが「入段」です。ようは有段者の仲間入りのことですね。

とにかく晴れて段持ちになりました。下の棋力の人たちも結構増えてきますが、上にもいっぱい待ち構えています(笑)

初段であえて止まる!?

そういえば趙治勲先生が著書で面白いことを書いていました。

初段になったらそこで止まってみたらどうですか?上にも下にも相手がたくさんいて楽しいですよ。

なるほど、確かに一理ある意見かもしれませんね。囲碁を程よく楽しめればいいという方にはおススメかもしれません。

強さを求める者たち

しかし!!いくら棋力が上がってもさらに強くなりたいというのが、人間の欲というものです(笑)

特に当ブログを見にくるような人に、「程よく楽しめればいい」とかいう甘っちょろい事を思っている人はいないでしょう(; ・`д・´)

私もそんな人種でした。なんにせよ「悪魔に魂を売ってでも棋力を上げたい」ぐらいの気合いは欲しいですね!(ウソです)

基本を作り上げよう

それでは本題に入ります。

      f:id:kazutan0813:20170331234116p:plain

 ↑は以前紹介した↓の記事でも説明した図です。

囲碁上達法~一桁級位者編(前編)

初・二段クラスになったら、この図でいう基本の力を作り上げることが大事になってきます。

やはり詰碁・手筋が再優先

一般的に基本レベル(初段前後レベル)とされている詰碁・手筋を解けるようなる事が再優先です。

やはり詰碁・手筋は碁の地力養成に必要不可欠ですから。

この分野の鍛錬を避けると、他の分野を頑張ってもおそらく思うように結果は出ないでしょう。

棋書カテゴリ「詰碁・死活」と「手筋」の早見表 

↑の記事に、棋力別で詰碁・手筋の棋書を探すことができます。

アマ9~1級レベルの詰碁・手筋ができない人がいれば、まずはそちらをしっかりとマスターしてください。基礎レベルができていない人が基本レベルに取り掛かるのはあまりおススメできないので。背伸びした勉強は長続きしません。

序盤感覚をしっかりと鍛え、システム布石もかじる程度には

次に序盤感覚の分野をマスターしてください。

棋書カテゴリ「序盤感覚」の早見表 

 ↑「序盤感覚」の早見表の、初段レベルまでの棋書は8割以上の正答率が欲しいですね。

序盤の石の方向が明るくなると今後、三・四段レベルさらにもっと上のレベルに上がりやすくなります(^^)v

・ 棋書カテゴリ「システム布石」の早見表 

↑そして余裕があるならシステム布石の分野の勉強にも手を出してもいいでしょう。

個人的には、置碁の延長線の意味もあり比較的シンプルな内容が多い「三連星」を、まずはしっかりと勉強するのがいいかなと思っています。

 ・「序盤感覚とシステム布石についてのお話し」

↑併せて読んでみてください。まあ序盤感覚の勉強が優先だという事です(笑)

 中編では棋譜並べ・ヨセについてお話しします。

 ・囲碁上達法~初・二段編(中編)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ