読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「新版 基本布石事典【上巻】」~布石の勉強に役立つ

基本的なシステム布石を網羅

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院出版、依田紀基

新版 基本布石事典【上巻】です。

布石が強くなる有力な方法に、プロの棋譜を30手(もしくは50手)ほど並べるというものがあります。

この方法のメリットとして挙げられるのは、

・並べる手数が少ないため、負担が少なく取り組みやすく継続しやすい事。

・上記の理由より、数をこなしやすい。

・プロの布石感覚を体に覚えさせることができる。

・流行りの布石や定石がわかる

などがあります。

本書は昭和五十年代に、林海峰プロによって刊行された旧基本布石事典が30年ぶりに改定されたものになります。

布石の明るさに定評のある、依田紀基プロが手掛けているのは心強いですね(^^)/

上巻では黒の「星と小目」の組み合わせでまとめています。下巻はこちら↓

「新版 基本布石事典【下巻】」

星のスピードと厚みに、小目の実利と戦闘力の組み合わせは、「中国流」をはじめ現在最も多く打たれている布石であります。

序盤50手ほどについてプロの実戦譜や参考譜を交えながら解説している形式になります。

本の内容

本書の構成は、

第1章:星・小目平行 41型

第2章:星・小目タスキ他 10型

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170428223527p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

星ー小目平行の型は非常に多く、また実戦頻度もトップクラスになります。

中国流・ミニ中国流・小林流などの代表的なシステム布石だけでなく、特に名称のない布石も多く扱っているのが、基本布石事典の売りです。

f:id:kazutan0813:20170428223750p:plain

↑第2章から一部を選出しました。

タスキ型布石を扱っている棋書はかなり希少ではないでしょうか?

意外と疎かにしがちな型ですが、しっかり勉強しておくべきでしょう。

色あせない内容

本書は2008年発行ということで、2017年現在最新の布石と比べて遅れている所が少しあります。

しかしそれもアマレベルには無縁とも言えます。また現在でも十分通用する内容がほとんどですので、気にしなくていいでしょう(^^)v

初段以上の人が対象だと思います。

評価A(´・ω・`)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ