読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「アマの知らない最先端定石」~世界の最新定石を会得できる!!

最新の定石情報満載!!

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、毎日コミュニケーションズ出版、大矢浩一 著

アマの知らない最先端定石です。

囲碁は日々進歩しており、国際化の時代を迎え、これまで常識だった形が覆され、変化して日本だけでは思いつかなかった形が発見されるようになりました。

そこでアマに最先端の定石を伝えることが本書が出来上がった目的となっています。

本書の出版日は2006年9月ですので、2017年4月現在では年代的には最先端定石とは言えないかもしれません。

しかし現在の碁でも頻出する型ばかりを解説していますので、非常に役に立つ一冊です(^^)v

新型の定石を研究することは、棋力高い人ほど、今の時代は勝つためにはかなり重要と言っていいでしょう。

本の内容

本書の構成は

第1章:星の定石

第2章:小目

第3章:ハサミにハサミ返す

第4章:高目(小目に一間高、手抜き)

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170423224353p:plain

↑第1章から一部選出しました。

スベリに横ツケはもはやメジャー定石となっています。実戦頻出度も極めて高いのでしっかり身につけたいところですね。

f:id:kazutan0813:20170423224532p:plain

↑第2章から一部選出しました。

この中のどれか一つは打たれたことがある人が多いのではないでしょうか?

小目は難解な型が多いだけに、知らなければ大損する可能性も高まります。

f:id:kazutan0813:20170423224749p:plain

↑第3・4章から一部選出しました。

この二つの型も無視のできない、メジャーな定石の変化になります。

実は既に多用されている

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、出版当時は最新定石とされていたものが、現在では当たり前にように使われています(笑)

基本定石から派生した型も多く、しっかり勉強していれば大きな武器になるでしょう(^ω^)

5段以上の高段者向けの内容になりますが、より上を目指すなら読んでみてはどうでしょうか。

評価A(/・ω・)/

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ