囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「碁がたきを粉砕する 裏の裏定石必勝法」~損のない定石はずれで勝率アップ!

裏定石で碁がたきを粉砕(; ・`д・´)

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは土屋書店出版、高木祥一 著

碁がたきを粉砕する裏の裏定石必勝法

です。

私は、相手が正しく対応すると仕掛けた側が悪くなる手を、ハメ手・定石ハズレ・ウソ手等で、相手が正しく応じても互角・互角に近いワカレになる手を裏定石と定義しています。

しかし棋書によっては私の定義と同じものもあれば、今回のように「裏定石=損のない定石はずれ」としているものもあり、明確には決まっていないことに注意してください。

本書の著者の高木祥一先生は、安倍吉輝先生と並んで裏定石やハメ手系の棋書を多く手掛けていることで有名です。

ちなみに本書の題名を見て「裏の裏って表じゃん!」と突っ込んだら負けなのでしょうね(^_^;)

しっかり対策しておこう

裏定石の勉強はハメ手同様に邪道と感じる人も多いかもしれません。しかし実戦で仕掛けられ受け損なった場合、全責任は自分にあります。泣き言は許されません(`・ω・´)

例えば、ネット碁「東洋囲碁(タイゼム)」の高段者連中は結構裏定石とか仕掛けてきます(笑)時間の少ないネット碁とかでは裏定石とかは特に有効ですからね~。

本の内容

本書の構成は、

第1章:小目の裏定石 11型

第2章:目ハズシ、星、高目の裏定石 13型

第3章:ハメ手に強くなる 15型

となっております。第3章では、「損のある定石はずれ」、つまりハメ手についての章になり、裏定石とは少し変わります。

問題図

f:id:kazutan0813:20170308215049p:plain

↑昔のトップアマである安永一さん創案の幻惑手です。小ナダレ定石の変化型ですね。

この手は右下方面に黒の勢力があるとより効果的となっています。

f:id:kazutan0813:20170308231221p:plain

↑白1は素直な手で、この配石なら黒も外勢が厚く打てます。白が完全なハマリというわけでもないみたいです。

f:id:kazutan0813:20170308231501p:plain

↑白1の曲がりはなかなか考えた手です。黒は2のカケツギで、続いて白3と取るくらいですから、黒4とカケて整形します。右下方面に勢力があるのでこの場合は黒有力ですね。

f:id:kazutan0813:20170308231651p:plain

↑白1から白3に対しては、黒4が妙手です。この型ではこれが有名ですね。変化図は省きますが、白5と取るくらいなので、黒はシチョウがよければ8と抱え、外勢が素晴らしすぎます。この図は白失敗。

f:id:kazutan0813:20170308231851p:plain

黒シチョウ不利でも、黒1から3とカケる手があり、右下の勢力と相まってこの配石では有力です。

f:id:kazutan0813:20170308231956p:plain

↑白1から3と打つのは白完全なハマリで、黒4・6と隅の黒2子を助け出す手が生じ、全くダメです。黒10の後隅の白は生きることはできますが、二眼生きに等しく、中央の白もダメヅマリで弱いです。

破壊力のある型が多い

安倍吉輝先生の著書と同じく、破壊力の高い型が多いです(笑)

当然うろ覚えでは仕掛けた側も大怪我しかねないので、しっかりと身につけてから碁がたきを粉砕しに行きましょう(^ω^)

評価A( ^ω^ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ