囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「武宮の白番」~武宮流の白番の打ち方がわかる一冊

武宮流の白番の本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは河出書房新社出版、武宮正樹 著「武宮の白番」です。

「武宮流白番の勝ち方」~自然流を身につけられる!

↑と似ていますが、上記の棋書は序盤の次の一手を問う問題形式なのに対し、本書は武宮先生の白番の自戦譜を詳しく解説しながら、白番の打ち方を学ぶ形式という違いがあります。

いずれにせよ武宮ファンは是非読んでおきたいですね(*^^)v

武宮先生は宇宙流が有名ですが、自身では自然流と称しています。武宮先生の白番は黒の打ち方に対応しながら、柔軟に打ち進めていく事となっています。

本の内容

本書の構成は

第1章:自然流の発想

第2章:戦型別手法

第3章:発想チェック

私の好きな手、嫌いな手

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170218001411p:plain

↑自戦譜の一部ですが、ここで白1の下がりは強い人ほど打つことができないのではないでしょうか?武宮先生の棋譜にはこういう手が多く出現します。

私は今でも打つことができません(笑)

f:id:kazutan0813:20170218001736p:plain

↑白1と大場に回ると黒2の打ち込みが厳しいということです。右下を中心とした黒模様が固まる上に黒a白b黒cの拡大手段もあるとなっています。

余談ですがこの形はbの一路上に黒が打つのが急所だと別の棋書で見たことがあります。

いずれにせよ白が不満なのでしょうね。

f:id:kazutan0813:20170218001958p:plain

↑その後の進行ですが、左上で黒に実利を稼がれても白8のキリが厚く右下の黒模様もスソアキで白がやれる進行とのことです。

私の単純な考えだと、左上の白の厚みは左下の黒の剣先に消されている感じがして気が引けるのですが・・・(笑)

ちなみに自分なら右下の黒9は小ゲイマジマリにするのですが、これがプロとの感覚の

差なのかもしれません(^_^;)

別世界の打ち方を堪能しましょう

私の感覚では武宮先生はやはりプロでも特殊な打ち方ですので、自分たちとは別世界の打ち方を見ることができるのがいいですね。

また武宮先生の碁は薄くなることはあまりないので、自分の碁が薄くて改善したいと思う人にはいい教材になるかもしれません(´・ω・`)

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

囲碁 ブログランキングへ