読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「前田中級詰碁」~基本の筋がたくさん詰まっている

基本の筋ばかりの良問揃い

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは東京創元社出版 前田 陳爾 著「前田中級詰碁」です。

「前田初級詰碁」~シンプルな形で奥の深い詰碁 

「前田上級詰碁」~実戦形の良問揃い

前田詰碁集三部作の中級編になります。

本書より対象棋力は5級~1級となっていますが、現在の基準で考えるとアマ有段以上の力がないとキツイと思います(^_^;)

私がこの本を手に入れた時の棋力は、正確には覚えていないのですがアマ4~5段くらいだった気がします。

級位者向けと銘打っていたので楽勝と思って読み始めたのですが、予想以上に苦戦した記憶があります(笑)ただ長手数の問題はほとんどなく、筋さえ見えれば解答できるような類ばかりなので、詰碁が苦手な人も取っ付きやすいのではないのでしょうか(*^^)v

本の内容

初級編と同じ構成で、1ページにつき3問の問題があります。そして次の1ページで正解図が示されています。

スペースの都合上詳細な解説はできていないのですが、問題自体がシンプルな形ばかりなので、あまりその辺は気にならなかったです。

問題図

f:id:kazutan0813:20170130223630p:plain

↑白先黒死の問題です。本書の中では簡単な部類だと思います。

ヒントは「右側の一眼は完全な眼ではない」ことです。

f:id:kazutan0813:20170130223820p:plain

↑白1と打つのは黒2で簡単に生き。このような手を打っているうちは、まだまだですよ(・∀・)

f:id:kazutan0813:20170130223951p:plain

↑白1の下がりも黒2・4とスペースを広げられて生きられてしまいます。

f:id:kazutan0813:20170130224120p:plain

↑白1がダメヅマリに導く手筋です!黒2・4と打つほかないですが、ここで白5が成立するのが自慢です。

f:id:kazutan0813:20170130223754p:plain

↑黒1と取った後は白2でこの部分がカケ眼になり、黒を仕留めることができました。

詰碁の基礎力をつけることができる

程よい難易度で筋や形がシンプルなので、詰碁の基礎力をつけるにはピッタリな問題集です。

私はこの前田詰碁集三部作を10回以上繰り返し読みましたが、おかげで詰碁に対する耐性がつきました。

絶版になった後に復刻されたほどなので、流石名著と言ったところですね(・∀・)

評価(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ