囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「碁敵粉砕!裏定石必勝法」~裏事情に精通した碁打ちになろう!

裏定石を知り勝率アップ

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、棋苑図書出版 安倍吉輝

碁敵粉砕!裏定石必勝法」です。

まずハメ手と裏定石の違いについて、私は「相手が正しく応じてくると仕掛けた側が悪くなる手」をハメ手として、「相手が正しく応じてもそこそこの分かれになる手」を裏定石と定義しています。

しかしハメ手の本に書いてる手法が、裏定石の本にも載っている事は度々あります(^_^;)また厄介なことに「ハメ手」と「裏定石」と「定石はずれ」の定義は棋書や人によって結構違います。その辺はご了承ください( ˘ω˘ )

裏定石の勉強の効果

裏定石の勉強をする効能について本書の冒頭に書いています。要約すると、「相手の碁敵はまず驚きます(笑)また一隅だけで決着がついてしまうくらい強力な型が多いので、百戦百勝は無理として当面の勝率アップに直結します。」

「また碁は戦いのゲームで、上達するにはパワーが要求されます。そのパワーが裏定石使用によりモリモリついてくるのです。本書の裏定石は効果抜群ですが、相手もすごすごと降参したくないので、一矢か二矢か報いようと反撃してきます。押え込み合戦になるので筋力が増強されるのです。」こちらが著者の狙いの本命です。

私は上記二つに加えて、相手が裏定石を使用して来た時の対策面も重要と考えています。何も裏定石はいつも自分が仕掛ける側とは限りませんからね。

本の内容

本書は高目と目はずしの裏定石(定石はずれ)十型を解説したものになります。

第1章:裏定石必勝法の構成

第2章:高目の裏定石必勝法

第3章:目はずしの裏定石必勝法

という構成になっています。

問題図

f:id:kazutan0813:20161222223032p:plain

↑本書にある私のお気に入りの裏定石です。高目定石の途中ですが黒9が強手!!これでAに伸びれば普通ですね。

 

f:id:kazutan0813:20161222223122p:plain

↑下から白1・2と這うのは普通はツライとされます。場合によってはこれで先手を取り他に回る打ち方は有力ですが、序盤でこれだけ厚くなっては黒不満ないでしょう。

f:id:kazutan0813:20161222223300p:plain

↑反撃するなら白1のハサミツケが手筋です。途中黒4もちょっとした手筋。以下白5までは一本道で・・・、

f:id:kazutan0813:20161222223346p:plain

↑少し長い変化になりますが、あくまで白が黒を取ろうとすると黒12まで逆に取られます。よって白1では隅を生きることになりますが、一手では生きないのでその間に黒に外側を連打されてしまいます。(詳しくは本書で。)

f:id:kazutan0813:20161222223524p:plain

↑では白はどうしたらいいのかというと、実は今まで定石とされていたAのカタツギが悪手なのです(!!)白8のカケツギなら互角にすることができます。これが今の定石です。ただこれを知っているアマがはたしてどれほどいるか・・・。私は一時期この型のおかげで、ネット碁・リアル碁で随分と白星を稼がせてもらいました(^ω^)

f:id:kazutan0813:20161222223811p:plain

↑手順が違いますが、ここで白がAに打つと黒Cで元のハマり形に戻りますね。当然ここでもBが正解です。

また白がCに伸びるのも悪手でその型も本書で解説しています。

これぞ裏定石の真骨頂!!

この様に正しく応じられても、互角で済む型が裏定石では最も価値が高いです。相手にとってはたまらないと思いますが(笑)

参考までに他の型も載せておきます。

f:id:kazutan0813:20161222224625p:plain

実戦で使ってみよう

棋書で勉強したらさっそく実戦投入です。大会などの本番ではあまりオススメできませんが、練習碁などでハメ手や裏定石を使うのは有効だと思います。相手を騙してやろうと思うのは禁物(?)で、碁の筋力増強の為ということで(笑)

こういう分野は、実際にハマったりハメたりして強くなっていくものなのです。

評価A(^^)v

↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ