囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「玄玄碁経」~古典詰碁にして最も有名な詰碁集

最も有名な詰碁集といえばこれ!

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、山海堂出版 橋本宇太郎 著 改訂「玄玄碁経」です。

皆さんは古典詰碁を知っていますか?山海堂のシリーズでは

「玄玄碁経」

「官子譜」

「碁経衆妙」

「死活妙機」

「発陽論」

 が出版されていました。(過去形) ちなみに難易度は高い順に

発陽論>>>>>>>死活妙機>玄玄碁経=官子譜>碁経衆妙となっております。

玄玄碁経についてはWikipediaより

囲碁についての中国の古典的な棋書。南宋時代に著わされ、元代に再編されて現在まで残っている。現存する棋書としては『忘憂清楽集』に次いで古いものとされる。詰碁や手筋などの問題が多数収録されており、日本でも江戸時代から現在に至るまで囲碁の勉強に活用されている。『玄玄集』『玄々碁経』と記されることもある。

 となっています。

要するにかなり歴史ある詰碁集で、その後の時代や、現在市販されている詰碁の多くが、この玄玄碁経 の影響を受けているといっても過言ではありません。最も有名な詰碁の一つと言って間違いないでしょう。

上を目指す人には必須な古典詰碁

また上記の古典詰碁はプロを目指す人は必ず読む本となっております。アマでも上位を目指す人は、最難関レベルの発陽論以外は一通り読んだほうがいいでしょう。

玄玄碁経に取り掛かる時期としては、後日紹介する「初段合格の死活150題」、「三段合格の死活150題」、「碁経衆妙」、「玄玄碁経入門」などを読み終えた後がいいでしょう。

自分は少し早めの、初段位の時に取り掛かりましたが、3段くらいあれば十分理解できると思います。

この本を5回以上は繰り返し読みましたが、おかげで詰碁力が大幅に鍛えられたと思っています。

 本の内容

第1章:序ノ部

第2章:定勢・対局ノ部

第3章:珍瓏ノ部

となっております。三部構成ですが、第3章の珍瓏(ちんろう)=詰碁の部が玄玄碁経の大部分になります。

さらに珍瓏の部は、隅の部と辺の部(それぞれ簡明編と難解編)と中央・攻め合いの部の三つに分けられています。

問題図

f:id:kazutan0813:20161221214219p:plain

↑隅の部簡明編の問題です。白先黒死。一線にある白石を働かせるのがコツです。

f:id:kazutan0813:20161221214316p:plain

↑白1がまず急所!ここを黒に打たれてはダメです。続いて白3が手筋で、黒6までなら白7の両アタリ!!

f:id:kazutan0813:20161221214435p:plain

↑前図黒6で変化してきても白9までとなり・・・、

f:id:kazutan0813:20161221214509p:plain

↑黒が二子とっても白2でカケ眼です。どの図も白の一線の下がりが働いていますね。

f:id:kazutan0813:20161221214643p:plain

↑こちらは辺の部簡明編です。黒先白死。

f:id:kazutan0813:20161221214726p:plain

↑単純に切るのは白にコウに粘られてしまいます。もちろん失敗です。

f:id:kazutan0813:20161221214902p:plain

↑ということでコウ粘りを封じる黒1が正解でした。

玄玄碁経の詰碁は実戦系が多く筋も基本的なものが多いです。また詰碁が苦手な人はまずは簡明編だけを解いていくというのも有力でしょう。

玄玄碁経は複数の棋書が出版されている

今回紹介したのは山海堂橋本宇太郎編の改訂バージョンですが、この他に改訂前や別の出版社で呉清源・高木祥一・橋本昌二編などが出版されています。

中身の問題が少し違ったりしますが、問題の筋は同じ場合がほとんどなのでお好みで選んでいいと思います。

ちなみに原本の玄玄碁経は、これら現在版玄玄碁経とはかなり問題図が違うらしいです(^_^;)

既に絶版に

ただ、すでに古典詰碁はすべて絶版になっており、入手が困難&値段が高騰しているという厳しい状況にあります(´・_・`)電子書籍となっているものもあるみたいなので、そちらを検討する必要もあるかもしれませんね。

 評価S(`・ω・´)

↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ