読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「序盤感覚とシステム布石についてのお話し」~布石の勉強には二種類ある!正しい布石上達法を知ろう!!

勉強法・上達理論 勉強法・上達理論-序盤・布石関係

布石の勉強の種類

布石の勉強には二種類ある・・・、これは意外と知らない人が多い印象があります。

まず布石の勉強には、正しい石の方向や適切なヒラキ方、大場の大小の判断や急場を逃さない能力、勢力拡大や逆に相手の勢力牽制等の、テクニックや感覚を身につける「序盤感覚」という分野と、三連星・中国流・ミニ中国流・小林流等のシステム化された布石の研究(主に知識の詰め込み作業)の「システム布石」の二分野があると私は考えています。

この二つを混同して、布石が強くなりたい一心で「布石」や「序盤」という単語が付いた棋書を闇雲に購入して読んでも、自分が期待していた内容ではなかったり、上手く効果が出なかったりします。

このブログの棋書紹介のカテゴリーでも「序盤感覚」と「システム布石」に分けているのはそのためです。中には線引きが曖昧なものもあるのですが、その辺は私の判断で区別しました('ω')ノ

どちらから先に勉強するか?

さてまず布石の勉強をするなら序盤感覚とシステム布石どちらがいいのかという疑問が出てきますが、

私は先に序盤感覚の勉強を一通り身につけるべきだと思っています。

なぜかを説明しますと、上記の序盤感覚の内容が身についていない人が、システム布石の勉強をしてもあまり効果が上がらないからです。正しい感覚があってこそ、システム布石をより効率よくより正しく理解することができるようになります。

また実戦では自分が打ちたい布石には必ずしもなりません。むしろ相手が嫌がって注文を外してくることも多いでしょう。そうなると見慣れないもしくは未知の布石の世界に突入します( ゚Д゚)こうなってくるとシステム布石の知識は役に立たなくなり、序盤感覚の力が試されてくる展開になるのです。 

布石の勉強を開始する時期と方法

初段前後になったら序盤感覚の棋書を買って勉強を始めるのをおススメします。詰碁や手筋と同じで何度も繰り返し解いて体に覚えさせましょう。 

次にシステム布石の勉強についてですが、自分の得意な布石の型というのを作ることができるメリットがあります。これを作っておくと碁が楽しくなりますし、勝率も上がります(^^)vちなみに上に行くほど「自分の型」というのは重要になってきますよ~。

また相手がシステム布石を使ってきた時にも自信をもって迎え撃つことができるようになります。というのは相手が知識不足だと一気に碁が終わるような恐ろしい型もあるのです(^_^;)

あと本で勉強するだけなく当然実戦でも使って試すのも大事です。例えば「これから三カ月間は黒番なら絶対三連星!」などが有力です。

白番布石は重要

システム布石はすべて黒番の立場での話なのですが、実戦は確率上半分は白番ですよね。実はこの白番の布石の研究というのは、黒番の布石以上に大事になってきます。黒番では序盤のミスはまだ挽回できるけど、白番でそれをやったら相当苦しくなるからです。私も現在、白番布石の勉強の方に重点を置いています。

最終的にはプロの棋譜を並べて勉強

あとプロの棋譜を並べるというのは、序盤感覚はもちろんシステム布石の両方の面を持っています。布石・序盤関係の棋書を大方読み終えた後は、プロの棋譜を並べて布石の勉強をするのが一般的です。

以上布石の勉強法についてでした!(`・ω・´)

↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ