囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「模様の荒らし方集中講義」~模様の荒らし方のコツをつかもう!

模様の正しい荒らし方を身につけよう!!

こんにちは(´・ω・`)

今回は毎日コミュニケーションズ出版 石田芳夫

模様の荒らし方集中講義」を紹介します(`・ω・´)

模様を張られるのが苦手な人は多いですよね。

まえがきで「相手が模様を敷いてきたときは軽く消したり深く打ちこむなど、いろいろな選択肢があり、悩ましい局面が多いです。気づくと大差で負けていることも多く、勝負になるポイントが早まります。

だからといって模様を必要以上に恐れてはいけません。基本をしっかりおさえ、訓練をつめば模様の碁のコツをつかむことができます。」と書いています。

本の内容

第1章:荒らしの法則

第2章:実利対模様

第3章:模様対模様

第4章中盤以降の消し方

という構成です。

問題図

f:id:kazutan0813:20161210004134p:plain

↑このような問題形式となっています。

この問題は次に白番でAとBどちらに打つか?というものです。

f:id:kazutan0813:20161210004223p:plain

↑Bのトビは失敗です!2と広げられるとすべてに地にさせるわけにもいかず、結局荒らしに行かないといけませんが、白7までサバキの見通しが立ちません。模様が完成すると荒らすのが一気に困難になる例です。

f:id:kazutan0813:20161210004401p:plain

↑ということでAのすぐに荒らしが正解!!黒6と攻めてきても出口が大きく空いているので簡単にサバけます。白18まで一例。

f:id:kazutan0813:20161210004519p:plain

↑白1のツケに対して、黒2と強気にハサんできても大丈夫。白3を打って、白5が手筋でです。実戦ですぐ使える手筋なので覚えてください。黒6,8と最強にくれば・・・・、

f:id:kazutan0813:20161210004701p:plain

↑白5まで黒模様の中でそこそこの地をもって治まることができました!

模様が完成する前に手をつける」がキーワードでした。

f:id:kazutan0813:20161210004827p:plain

↑他にはこのような問題があります。白番なのですが、正解はCでこういう模様を荒らす時の定石みたいなものです。その後の変化や失敗図等は本書を読んでください(*^^)

評価Aです(`・ω・´)

↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

囲碁 ブログランキングへ