読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「完本本因坊秀策全集」~棋聖秀策!すべての碁の手本を並べて基礎を身につけよう!!

秀策の棋譜は碁の基本が詰まっている!!

こんにちは(´・ω・`)

今回は誠文堂新光社出版 福井正明 著「完本本因坊秀策全集

全5巻を紹介します。

本因坊秀策といえば碁を打つ人なら一度は聞いたことがあると思います。

小林光一先生曰く「一手一手が全局をとらえており、洗練され品格が高い。先を急がずゆったり打って薄くならない。位を高くして圧倒する。黒番だけでなく白番もうまい等々」と絶賛しています。

プロを目指す人の経典

囲碁のプロを目指す人はまず秀策を並べろ」がインターネットが発達していない時代では合言葉だったそうです。あの呉清源先生も少年時代に秀策を何度も並べまくったと聞きます。

もちろん今でも秀策はまず並べてほしい素晴らしい棋譜です。地味な感じで並べるのが苦痛になるという人も多いのですが(笑)基本を身につけるにはもってこいの棋譜なのです。

値段が高い

最大のネックは値段の高さ。定価4万ということで当時キッズだった私は自力で買えずに、高校入学祝でお爺ちゃんにねだって買ってもらいました(^_^.)

今では絶版?になってさらに高騰したとのこと。棋譜だけなら無料でネットで手に入るのでそれでもいいかもしれませんね。

本の内容

全5巻編成で468局の棋譜が収録されています。また年代順に分けられていて、打掛・未完の棋譜も存在します。

f:id:kazutan0813:20161207235050p:plain

 ↑黒△が有名な秀策のコスミです。秀策は今後この手が悪手になることはないと断言しましたが、その通りで今でもよく打たれています。(コミが出てきて頻度はかなり減少しましたが)

f:id:kazutan0813:20161207235221p:plain

↑この碁はある有名な一局ですが、黒の秀策が布石で失敗し苦しい場面。ここで黒1と打った手が素晴らしい。慌てて先を急ぐのではなく、弱い石をしっかり連絡して手厚く打とうという意味です。こういう所は絶対逃さないのが秀策です。

f:id:kazutan0813:20161207235449p:plain

 ↑さらに進行した場面、白△に対して秀策が打った黒1があの有名な「耳赤の一手」です!! 分断されそうな下辺黒4子への応援、左辺白模様の拡大を防ぎ、Aの利きから上辺黒模様を拡大する一石三鳥の手です。これで形勢を押し戻し、遂に黒2目勝ちとなりました。(なので黒1を誘発した白△が疑問手らしいです)

ちなみに秀策全集は旧版だと漢数字表記らしいのでご注意を!

最後に自己評価Sです(*^^)v

 ↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ