囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「初段合格の手筋150題」~筋の良い打ち方って言われたい

初段合格の手筋を身につけよう!

こんにちは(´・ω・`)

今回は日本棋院出版「初段合格の手筋150題」を紹介します。

手筋の定義

手筋の定義とはなんでしょうか?本書によると、「ある場面での着手の正しい道筋を総合して述べたもの」としています。

また「形」は石の守り方や辺などへの発展する方法を指す場合が多く、「筋」は攻めやシノギ等の場面で多く用いられる言葉ですが、それらを総省するのが「手筋」・・・・とも書いています。

言葉にするとややこしいので、実際に問題を解いて体で覚えた方が手っ取り早いでしょう(笑)

囲碁の上達に手筋は欠かせない

手筋の勉強は非常に即効性が高く、詰碁と双璧をなすのではないでしょうか。(詰碁が手筋の複合体だから当然か)もし今まであまり勉強してないという人がいましたら、是非やってみてください(*^^)v

本の内容

本書は

序章:正しい手筋を知ろう

第1章:定石周辺の手筋

第2章:石取りと攻め合いの手筋

第3章:ヨセの手筋編

という構成になっており、問題形式になっています。

問題図

f:id:kazutan0813:20161206224232p:plain

↑第1章の問題です。白番で辺の黒石との攻め合いですがどこがいいでしょうか?

f:id:kazutan0813:20161206224321p:plain

↑白1では生きることもできませんし、攻め合いも負けになります。

f:id:kazutan0813:20161206224411p:plain

↑白1は有力な手ですが、攻め合いを最後まで読み切るのが難しくお勧めできないとなっています。攻め合い一手勝ちで正解ではあるのですが・・・。

ちなみに白7を白8と取るとたちまちコウになります。

f:id:kazutan0813:20161206224552p:plain

↑白1が急所のコスミで白は五目ナカデ。黒は三目ナカデで「大ナカ、小ナカ」で白楽勝系です。この筋は詰碁でも頻出します。一つ前の図の筋で攻め合い負けの時でも、この筋では攻め合い勝ちということはよくあります。

問題図のような形では、まずこの白1が真っ先に頭に浮かばないといけません。これでダメなら他の手でもダメなことが多いからです。もちろん何事にも例外はあるのでしっかり読む必要はありますが。

ちなみに白1ですぐに右辺黒のダメを詰めにいくと黒に1の部分に置かれて攻め合い負けになります。敵の急所は我が急所ですね。

基本的な手筋ばかりの良書

初段合格と書いているだけあって、基本的な手筋ばかりです。問題量も150題となかなかあります。一ケタの級位者から、有段者(3,4段)まででも十分勉強になる内容です。このような基礎の詰み重ねがやがて高段者やその先に行くためには大事ですからね(`・ω・´)

評価Aです(^-^)

↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ