読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「大ヨセ集中講義」~大ヨセ巧者になろう( ・´ー・`)

大ヨセの勉強

今回はヨセ関係の本を紹介したいと思います(^-^)

毎日コミュニケーションズ出版 片岡聡 著「大ヨセ集中講義」です。

初段の時にこの本を読んで、ヨセというか自分の碁そのものが変わったくらい影響を受けました。何度か読み返した後、露骨に勝率も上がった記憶があります(笑)

ヨセには小ヨセと大ヨセの二種類がありますが、ヨセの勉強にまず取り組むなら大ヨセからするのがお勧めです(^^)v

大ヨセは小ヨセほど細かい計算をしない(できない)事も多々あるので取っ付きやすいのも理由の一つです。また碁によっては中盤半ばから大ヨセに突入することもあります。大ヨセを軽視していては上達の壁にぶつかるのも時間の問題と言えるでしょう。

本の内容

それでは中身の方の説明に入ります。

f:id:kazutan0813:20161202204242p:plain

↑問題形式はこの様に盤面全体を使って、「どこが一番大きいですか?」という感じです。この図は実戦なら大半のアマチュアの人はここで何も考えずに右下を受けるでしょう(失礼!)

ところが正しい答えはBです!!右下は白に続けて侵入されても黒は生きており、目数で言っても精々5目ほどしか減っていません。白にBの点を打たれたらほぼ両先手のところでもあり悔しさが半端ないです<(`^´)>

f:id:kazutan0813:20161202205007p:plain

↑こう打てればヨセは高段者以上と言えるでしょう。注目は右下をさらに手抜いて3(約十目ほどの手)に打ったこと。こちらの方がでかいのです。

大ヨセの考え方

この本では大ヨセの大きい所として、

①根拠や眼系に関するところは見た目よりも大きく再優先

②数目の得より先手をとることを優先

③中央より辺や隅。3線、2線に注目する。

④両先手は逃さない

⑤片方の地が増えながら、もう一方の地が減る「一石二鳥」を探す

また大ヨセの心得として

・「受け癖」をやめて、常に盤上最大を見つける心構えで臨む

を挙げています。

上の問題図でいうと右下をすぐに受けるのは、悪い受け癖ですね。黒の根拠に関係ないのも小さい手であることの理由です。またBの手は①と④の性質があるので大きいわけですね。

おわりに

この本は絶版になってからやたら値段が高騰していますが、是非読んでほしい棋書の一つです。

評価S(^ω^)

↓応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ