読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

(囲碁)中盤力の種類について

中盤力はとても大切な分野 中盤の力って囲碁で勝つために必要不可欠ですね。ほとんどのアマは中盤で勝負が決まると言われています。 布石で多少リードしても中盤力に差があるとあっという間に逆転されますし、終盤のヨセに自信があっても中盤で再起不可能な…

「武宮の白番」~武宮流の白番の打ち方がわかる一冊

武宮流の白番の本 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは河出書房新社出版、武宮正樹 著「武宮の白番」です。 「武宮流白番の勝ち方」~自然流を身につけられる! ↑と似ていますが、上記の棋書は序盤の次の一手を問う問題形式なのに対し、本書は武宮先生の白…

「碁敵の知らない新定石 高目・目ハズシ」~難解な裏定石を使いこなせ!

高目・目外しの裏定石集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは成美堂出版、安倍吉輝 著 「碁敵の知らない新定石 高目・目外し」です。 「碁敵の知らない新定石 小目」~小目の裏定石を会得しよう(`・ω・´)ゞ 「アマの知らない互先・星定石」~碁仇に鮮烈な…

置碁での上手・下手の心構えについて

置碁の心理 置碁を打っている時の上手や下手の心構えについて考えたことはありますか? 囲碁を始めた時は誰でも石を置く側ですよね。そして強くなっていくと互先だけでなく、置かせる側にもなります。 上手の心構え 置碁というのは、基本的に棋力に差がある…

「前田上級詰碁」~実戦形の良問揃い

前田詰碁集の最難関 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは東京創元社出版 前田 陳爾 著「前田上級詰碁」です。 「前田初級詰碁」~シンプルな形で奥の深い詰碁 「前田中級詰碁」~基本の筋がたくさん詰まっている 前田詰碁集の最難関レベルです。 とはいっ…

(囲碁)県代表クラスの定義とは?考えてみた(; ・`д・´)

県代表クラスの定義は難しい 囲碁用語というわけでもないのですが、囲碁界では「県代表クラス」という単語がよく使われています。棋書にもよく使われていますしね。 しかし正式な定義というものは存在しないはずで、人によってそれはまちまちです。 「県代表…

「イ・チャンホのハメ手対策」~実戦で慌てずに対処できるように

ハメ手を打たれても慌てないようになれる こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは東京創元社出版 李昌鎬 著 「イ・チャンホのハメ手対策」です。 皆さんは、ハメ手というものをどうみますか? 「相手のミスを誘う汚い行為」、「碁の邪道」、「卑怯な戦法」な…

「武宮流白番の勝ち方」~自然流を身につけられる!

武宮流の白番 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのはフローラル出版発行の武宮正樹 著 「武宮流白番の勝ち方」です。 武宮先生といえば、黒番三連星の「宇宙琉」というイメージの人が大半を占めるのではないでしょうか?しかし本人は「宇宙琉」よりも「自然…

「碁敵の知らない新定石 小目」~小目の裏定石を会得しよう(`・ω・´)ゞ

小目定石の裏街道が学べる こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは成美堂出版、安倍吉輝 著 「碁敵の知らない新定石 小目」です。 裏定石の大家である安倍吉輝先生が著者というだけで中身は保証されたようなものです(笑) 「アマの知らない互先・星定石」~碁…

「前田中級詰碁」~基本の筋がたくさん詰まっている

基本の筋ばかりの良問揃い こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは東京創元社出版 前田 陳爾 著「前田中級詰碁」です。 「前田初級詰碁」~シンプルな形で奥の深い詰碁 「前田上級詰碁」~実戦形の良問揃い 前田詰碁集三部作の中級編になります。 本書より対…

同じ本を繰り返し読むことの重要性

一回読んだだけでは勿体無い 囲碁の勉強のために棋書を買う人は多いと思います。しかし同じ本を複数回読む人はどれくらいるでしょうか? 世の中には、買ったはいいけど一回も読むことなく本棚に積み上げる人も少なからずいます。私の祖父がまさにそのタイプ…

「囲碁打込集」~打ち込みの急所を学べる

打ち込みの問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは山海堂出版 橋本宇太郎 著「囲碁打込集」です。 序盤から中盤にかけて、勝負を左右するほどの大事な局面になることが多いのが「打ち込み」です。 相手に打ち込みを打たれて対応を誤ると、地がスカスカ…

「白番布石の徹底解明」~白番布石の勉強にはこれ!

白番布石の棋書では最高峰の完成度 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、毎日コミュニケーションズ出版 小林光一 著 「白番布石の徹底解明」です。 黒番では得意だけど、白番は苦手だと言う人はアマは特に多いかと思われます。 私も白番は苦手で、白番布…

「前田初級詰碁」~シンプルな形で奥の深い詰碁

詰碁の神様の名著 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは東京創元社出版 前田 陳爾 著「前田初級詰碁」です。 前田 陳爾プロを知っている人はどれくらいいるでしょうか?本因坊秀哉門下で、手がよく見え「攻めの前田」と言われてました。 詰碁作家としても有…

囲碁の投了をするタイミングについて

完全な基準は存在しない 囲碁をしていると必ずは直面する問題であるのが「投了するタイミング」。 本人はまだチャンスがあると思っていても、相手はそうとは思っていないこともあります。またその逆の状況もあるでしょう。 「盤面でどれくらい悪ければ投げる…

「七段合格の手筋150題」~最高の手筋使いになろう

高難易度の手筋問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 高木祥一 著 「七段合格の手筋150題」です。 対局をしている時に、どれくらい手筋を使っているか意識したことはありますか? 「あ、自分今手筋使ってるわ~(笑)」を沢山経験したいの…

「序盤の感覚力」~正しい序盤感覚を手に入れよう!

正しい序盤感覚が身につく こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 桑本晋平 著「序盤の感覚力」です。 囲碁において序盤戦は、どう打っても一局といえる場面だらけです。一番自由度が高いということですね。それだけにどう打っていいかわからず…

自分の弱点が出た一局

布石で打ちにくくしてしまった 今日は地元で大会があり、出場してきました。県代表を決めるような大会ではないので、気楽に参加できるものです。 とはいっても出場する人はいつもの県大会常連メンバーです(^_^;)今年初めての県内大会ということで、できれば…

「有段を目指すヨセの手筋」~ヨセの手筋を身につけ本格的な上達を!

ヨセの基本手筋の問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは棋苑図書出版 加藤正夫 著 「有段を目指すヨセの手筋」です。 普通のアマの碁は終盤で10目~20目の差がひっくり返るものです。並の碁会所で幅を利かせている高段者でもそういうことは日常茶飯事…

ハメ手・騙し手はいずれ通用しなくなる

楽に勝とうとしてはいけない 囲碁には「ウソ手」や「騙し手」というものがあります。ハメ手もその部類ですね。 打った本人はいい手と思ってる場合も多いです。しかし相手に一発食らわしてやろうという魂胆の人もいます(^_^;) ハメ手の研究自体は、手筋の勉強…

「敵の陣地はこう減らせ!」~敵陣の削減テクニックを学ぼう!

地の削減方法を学ぼう こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは毎日コミニケーションズ出版 山田規三生 著 「敵の陣地はこう減らせ!」です。 碁を打っていると、相手の地を削減・消しにいかなければいけない局面に遭遇することがあります。この様な場面では読…

「死活妙機」~本因坊秀哉名人が作った詰碁集

実戦に現れた形をまとめた古典詰碁 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは山海堂出版 囲碁研究会 編集「死活妙機」です。 死活妙機はかつて新案百二十種懸賞詰碁と題して時事新報に掲載されました。本書はそれを増補訂正したものになります。本書の詰碁は古…

「アマの知らない互先・星定石」~碁仇に鮮烈なショックを与えよう!!

ハメ手からプロが使う裏定石まで豊富な種類!! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは毎日コミュニケーションズ出版 安倍吉輝 著 「アマの知らない互先・星定石」です。 本書は昭和53年に成美堂出版の「アマの知らない定石 互先」に若干の修正を加えて再販…

(囲碁)正しい指導者の見分け方・判断

正しい指導者の見分け方・判断 皆さんには囲碁を教えてくれる指導者の方などはいますか? 自分は入門の時には囲碁教室の先生に習いましたが、3級ぐらいからは1人で本を読んで上達していった独学派でした。 私の囲碁歴は現時点で13年くらいですが、最初の方は…

「勝敗の要・大ヨセ」~大ヨセの勉強は碁に深みを持たせる。

大ヨセの勉強は勝率アップはもちろん他にも効果が! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 尾越一郎 著 「勝敗の要・大ヨセ」です。 数少ない大ヨセについてまとめた棋書になります。以前紹介した 「大ヨセ集中講義」~大ヨセ巧者になろう( ・´ー…

囲碁は棋力が上がっても、結果はすぐには出ない!

棋力が上がっても結果に出るとは限らない。 囲碁の勉強をコツコツして、実戦をこなしていると、ある日急に強くなる日がやってきます。 「私、強くなっている・・・!!」という体験は囲碁をしていて最高に嬉しい出来事の一つですね。 強くなったという実感や…

「官子譜」~玄玄碁経と並ぶ中国の古典詰碁

中国古典の名著 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは山海堂出版 橋本宇太郎 ・小山靖男 著「官子譜」です。 Wikipediaより 「官子譜(かんずふ、官子谱)は、中国の詰碁(珍瓏)を集めた棋書。明の時代の過百齢によって著され、清の時代に陶式玉の編注、改…

「荒らしのテクニック」~荒らしのテクニシャンになろう!

地や模様の荒らし方のテクニックを学べる こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのはマイナビ出版 山田規三生 著 「荒らしのテクニック」です。 囲碁を打つ以上は、必ず相手の地や模様を荒らしに行かなければいけない場面に遭遇します。「自分から荒らしに行くよ…

「決め打ちで勝つ簡明布石」~わかりやすい布石にする方法

わかりやすい布石で気持ちよく打つ こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのはマイナビ出版 小林覚 著 「決め打ちで勝つ簡明布石」です。 布石ってむずかしいですよね(^_^;)私も布石段階で碁を苦しくしたり、ひどい時にはオワにしてしまいます。 中盤やヨセに自…

2017年は本格的な囲碁AIの時代が来る。

囲碁AIの活躍 最近ネット碁内での囲碁AIたちの活躍がすごいですね。去年話題になった囲碁AIのAlphaGoに続けとばかりに、日中韓のそれぞれの囲碁AIがネット碁上で暴れまくっています。 ↑私なりに今活躍している囲碁AIを簡単にまとめたもの(※2017/01/02現在)…

「発陽論」~史上最難関レベルの詰碁集

とてつもなく難しい詰碁集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、山海堂出版 橋本宇太郎 著「発陽論」です。 Wikipediaより 「『囲碁発陽論』(いごはつようろん)は、囲碁の手筋や詰碁を収めた棋書。作者は名人碁所であった4世井上因碩(道節)で、1713年…

囲碁大会のオフシーズンの過ごし方

オフシーズン中の頑張りがモノを言ってくる! 囲碁の大会は、多くが4月~12月上旬に集中しています。 逆に言えば年末~3月くらいまでは、あまり大会がない時期ということです。 このオフシーズンにどれくらい頑張れるかが、その年どれだけ活躍できるかに直結…

囲碁上達法~二桁級位者編

二桁級位者が上達するためには 棋力別の上達法を、自分の体験等をもとに書いていきます。今回は二桁級位者についてです。 二桁級位者といえば入門者に毛が生えた程度ですか。なんとか19路で一局打てるレベルとここでは定義します。 自分が二桁級位者の頃の記…

「王立誠の定石㊙伝」~碁敵をアッ!と言わせよう(笑)

王立誠秘伝の新定石! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは棋苑図書出版 王立誠 著 「王立誠の定石㊙伝」です。 タイトル名がいかにも魅力的な響きですね(笑) この棋書はいわゆる裏定石や定石ハズレの類になるのですが、本書では「有力な新定石」として扱…

ネット碁のマナーについて

ネット碁のマナーの問題 このブログの読者さんはネット碁は利用していますか? 調べてみるとネット碁が初めて登場したのは1989年の「GO-NET」というものらしいですね。自分は「幽玄の間」が初めてのネット碁でした。 いまやネット碁は囲碁界にはなくてはなら…

「碁経衆妙」~基本詰碁の宝庫

古典詰碁の中では最も易しい こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは山海堂出版 橋本宇太郎 著 改訂「碁経衆妙」です。 玄玄碁経についてWikipediaより 「1812年(文化9年)に成立した。囲碁家元・林家11世林元美編纂による、日本の最も代表な詰碁の古典。「…

「六段合格の手筋150題」~高段者向けの手筋集

高段レベルの手筋の問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 高木祥一 著 「六段合格の手筋150題」です。 「初段合格の手筋150題」~筋の良い打ち方って言われたい 「三段合格の手筋150題」~これから高段者を目指す人にお勧め ↑これまで紹…

囲碁が強くなるためにはお金をかけるべき?

囲碁はどれくらいお金がかかるか? 囲碁というゲームは、趣味としてはお金があまりかからないことが一つの売りになっています。 たしかに碁会所などは一日遊んで、地方なら500円前後、都会でも1000円前後のところが多いです。子供はともかく大人にとっては、…

棋書カテゴリ「詰碁・死活」と「手筋」の早見表

棋書カテゴリ「詰碁・死活」と「手筋」の早見表になります。 活用してください。 詰碁・手筋を難易度の分類作成をした。 詰碁・手筋関係の棋書の難易度を比較して、対象棋力の目安を作成してみました。新しく情報が入れば追加していきます。 また紹介した棋…

ヨセの棋書の種類は一つではない

ヨセの勉強の種類はいろいろある! みなさんはヨセの勉強はやっていますか? ヨセの重要性についてのお話 ↑以前ヨセの重要性について話をまとめましたが、今回はヨセの種類や勉強法方法についてまとめてみました。 ヨセは一般的に、10目以上の価値がある大ヨ…

「碁敵粉砕!裏定石必勝法」~裏事情に精通した碁打ちになろう!

裏定石を知り勝率アップ こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、棋苑図書出版 安倍吉輝 著 「碁敵粉砕!裏定石必勝法」です。 まずハメ手と裏定石の違いについて、私は「相手が正しく応じてくると仕掛けた側が悪くなる手」をハメ手として、「相手が正しく応…

「玄玄碁経」~古典詰碁にして最も有名な詰碁集

最も有名な詰碁集といえばこれ! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、山海堂出版 橋本宇太郎 著 改訂「玄玄碁経」です。 皆さんは古典詰碁を知っていますか?山海堂のシリーズでは 「玄玄碁経」 「官子譜」 「碁経衆妙」 「死活妙機」 「発陽論」 が出版…

「七段合格の布石感覚」~七段以下の人にむしろ読んでもらいたい!

七段合格の布石感覚は隠れ名著 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 高木祥一 著 「七段合格の布石感覚」です。 ○段合格シリーズのなかでは唯一の布石本になります。しかし七段合格とはずいぶん大層な題名ですね(笑)この題名のせいで購入する…

「置碁 ハメ手破りの急所」~いやらしい白(上手)を返り討ちにせよ!!

置碁に出てくるハメ手 こんにちは(´・ω・`) 今回は大泉書店出版 林海峯 著 「置碁 ハメ手破りの急所」を紹介します。 本書のフレーズとして いやらしい白をやっつけろ 「自慢じゃないがあまり強くない。だから誰と打つにも、たいていいくつか置かされる。置…

「呉清源 打碁全集」~昭和の碁聖と呼ばれた人

囲碁に革命を起こした偉人、呉清源 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは平凡社出版 呉清源 著 「呉清源 打碁全集」全4巻となります。 呉清源先生といえば、囲碁界の歴史を語る上では欠かせない大棋士です。 当時のトッププロをことごとく打ちこんだ十番碁…

囲碁のどの分野を強化するか?正しい判断をしよう!

囲碁のどの分野を勉強したらいいの? 囲碁が強くなりたい!!と張り切って囲碁の勉強に取り掛かるのはいいのですが、いざ勉強しようとしたらたくさんの分野があり、どれから取り掛かかればいいのか悩んだことはありませんか? ちなみに当ブログではその分野…

「誰も言わなかった碁の本」~囲碁のプロ棋士の勉強法を大公開!!

プロや院生の勉強法を学ぼう こんにちは(´・ω・`) 今回は毎日コミュニケーションズ出版 白江治彦 著 「誰も言わなかった碁の本」を紹介します。 以前紹介した 「すべての囲碁ファンに捧げる本」~碁の勉強法を勉強することも大切です と同じ種類の棋書になり…

囲碁のアマの段級位制のインフレについて

アマの段級位のインフレ問題 囲碁の段級位は昔に比べてかなりインフレを起こしていると言われています。 ある時代ではアマの最高段位が3段だった時があったそうな。現在はアマ8段まであります。 ↑ちなみに私は日本棋院の6段免状を無料獲得しています(^ω^)…

「三段合格の手筋150題」~これから高段者を目指す人にお勧め

三段合格の手筋をマスターすれば高段者へ近づく!! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 酒井猛 著 「三段合格の手筋150題」です。 手筋とは「石を最も働かせた着手。あるいは一連の着想」とこの本では書いています。 みなさんは手筋の問題は…

「戦わずして勝つ方法」~布石でリードして戦わずに逃げきれ!

戦わないで勝つ方法を身につけよう こんにちは(´・ω・`) 今回は毎日コミュニケーションズ出版 羽根直樹 著 「戦わずして勝つ方法」を紹介します。 なんだか弱気なタイトルですが、まえがきに「矛盾しますが、対局前に今日は絶対戦わないぞと心に決めて臨むこ…