読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

囲碁は棋力が上がっても、結果はすぐには出ない!

棋力が上がっても結果に出るとは限らない。 囲碁の勉強をコツコツして、実戦をこなしていると、ある日急に強くなる日がやってきます。 「私、強くなっている・・・!!」という体験は囲碁をしていて最高に嬉しい出来事の一つですね。 強くなったという実感や…

「官子譜」~玄玄碁経と並ぶ中国の古典詰碁

中国古典の名著 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは山海堂出版 橋本宇太郎 ・小山靖男 著「官子譜」です。 Wikipediaより 「官子譜(かんずふ、官子谱)は、中国の詰碁(珍瓏)を集めた棋書。明の時代の過百齢によって著され、清の時代に陶式玉の編注、改…

「荒らしのテクニック」~荒らしのテクニシャンになろう!

地や模様の荒らし方のテクニックを学べる こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのはマイナビ出版 山田規三生 著 「荒らしのテクニック」です。 囲碁を打つ以上は、必ず相手の地や模様を荒らしに行かなければいけない場面に遭遇します。「自分から荒らしに行くよ…

「決め打ちで勝つ簡明布石」~わかりやすい布石にする方法

わかりやすい布石で気持ちよく打つ こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのはマイナビ出版 小林覚 著 「決め打ちで勝つ簡明布石」です。 布石ってむずかしいですよね(^_^;)私も布石段階で碁を苦しくしたり、ひどい時にはオワにしてしまいます。 中盤やヨセに自…

2017年は本格的な囲碁AIの時代が来る。

囲碁AIの活躍 最近ネット碁内での囲碁AIたちの活躍がすごいですね。去年話題になった囲碁AIのAlphaGoに続けとばかりに、日中韓のそれぞれの囲碁AIがネット碁上で暴れまくっています。 ↑私なりに今活躍している囲碁AIを簡単にまとめたもの(※2017/01/02現在)…

「発陽論」~史上最難関レベルの詰碁集

とてつもなく難しい詰碁集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、山海堂出版 橋本宇太郎 著「発陽論」です。 Wikipediaより 「『囲碁発陽論』(いごはつようろん)は、囲碁の手筋や詰碁を収めた棋書。作者は名人碁所であった4世井上因碩(道節)で、1713年…

囲碁大会のオフシーズンの過ごし方

オフシーズン中の頑張りがモノを言ってくる! 囲碁の大会は、多くが4月~12月上旬に集中しています。 逆に言えば年末~3月くらいまでは、あまり大会がない時期ということです。 このオフシーズンにどれくらい頑張れるかが、その年どれだけ活躍できるかに直結…

囲碁上達法~二桁級位者編

二桁級位者が上達するためには 棋力別の上達法を、自分の体験等をもとに書いていきます。今回は二桁級位者についてです。 二桁級位者といえば入門者に毛が生えた程度ですか。なんとか19路で一局打てるレベルとここでは定義します。 自分が二桁級位者の頃の記…

「王立誠の定石㊙伝」~碁敵をアッ!と言わせよう(笑)

王立誠秘伝の新定石! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは棋苑図書出版 王立誠 著 「王立誠の定石㊙伝」です。 タイトル名がいかにも魅力的な響きですね(笑) この棋書はいわゆる裏定石や定石ハズレの類になるのですが、本書では「有力な新定石」として扱…

ネット碁のマナーについて

ネット碁のマナーの問題 このブログの読者さんはネット碁は利用していますか? 調べてみるとネット碁が初めて登場したのは1989年の「GO-NET」というものらしいですね。自分は「幽玄の間」が初めてのネット碁でした。 いまやネット碁は囲碁界にはなくてはなら…

「碁経衆妙」~基本詰碁の宝庫

古典詰碁の中では最も易しい こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは山海堂出版 橋本宇太郎 著 改訂「碁経衆妙」です。 玄玄碁経についてWikipediaより 「1812年(文化9年)に成立した。囲碁家元・林家11世林元美編纂による、日本の最も代表な詰碁の古典。「…

「六段合格の手筋150題」~高段者向けの手筋集

高段レベルの手筋の問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 高木祥一 著 「六段合格の手筋150題」です。 「初段合格の手筋150題」~筋の良い打ち方って言われたい 「三段合格の手筋150題」~これから高段者を目指す人にお勧め ↑これまで紹…

囲碁が強くなるためにはお金をかけるべき?

囲碁はどれくらいお金がかかるか? 囲碁というゲームは、趣味としてはお金があまりかからないことが一つの売りになっています。 たしかに碁会所などは一日遊んで、地方なら500円前後、都会でも1000円前後のところが多いです。子供はともかく大人にとっては、…

詰碁・手筋の対象棋力一覧表

詰碁・手筋を難易度の分類作成をした。 詰碁・手筋関係の棋書の難易度を比較して、対象棋力の目安を作成してみました。新しく情報が入れば追加していきます。 また紹介した棋書は随時リンクを貼っておきます(`・ω・´) ※個人差があるのであくまで目安です。また…

ヨセの棋書の種類は一つではない

ヨセの勉強の種類はいろいろある! みなさんはヨセの勉強はやっていますか? ヨセの重要性についてのお話 ↑以前ヨセの重要性について話をまとめましたが、今回はヨセの種類や勉強法方法についてまとめてみました。 ヨセは一般的に、10目以上の価値がある大ヨ…

「碁敵粉砕!裏定石必勝法」~裏事情に精通した碁打ちになろう!

裏定石を知り勝率アップ こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、棋苑図書出版 安倍吉輝 著 「碁敵粉砕!裏定石必勝法」です。 まずハメ手と裏定石の違いについて、私は「相手が正しく応じてくると仕掛けた側が悪くなる手」をハメ手として、「相手が正しく応…

「玄玄碁経」~古典詰碁にして最も有名な詰碁集

最も有名な詰碁集といえばこれ! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、山海堂出版 橋本宇太郎 著 改訂「玄玄碁経」です。 皆さんは古典詰碁を知っていますか?山海堂のシリーズでは 「玄玄碁経」 「官子譜」 「碁経衆妙」 「死活妙機」 「発陽論」 が出版…

「七段合格の布石感覚」~七段以下の人にむしろ読んでもらいたい!

七段合格の布石感覚は隠れ名著 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 高木祥一 著 「七段合格の布石感覚」です。 ○段合格シリーズのなかでは唯一の布石本になります。しかし七段合格とはずいぶん大層な題名ですね(笑)この題名のせいで購入する…

「置碁 ハメ手破りの急所」~いやらしい白(上手)を返り討ちにせよ!!

置碁に出てくるハメ手 こんにちは(´・ω・`) 今回は大泉書店出版 林海峯 著 「置碁 ハメ手破りの急所」を紹介します。 本書のフレーズとして いやらしい白をやっつけろ 「自慢じゃないがあまり強くない。だから誰と打つにも、たいていいくつか置かされる。置…

「呉清源 打碁全集」~昭和の碁聖と呼ばれた人

囲碁に革命を起こした偉人、呉清源 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは平凡社出版 呉清源 著 「呉清源 打碁全集」全4巻となります。 呉清源先生といえば、囲碁界の歴史を語る上では欠かせない大棋士です。 当時のトッププロをことごとく打ちこんだ十番碁…

囲碁のどの分野を強化するか?正しい判断をしよう!

囲碁のどの分野を勉強したらいいの? 囲碁が強くなりたい!!と張り切って囲碁の勉強に取り掛かるのはいいのですが、いざ勉強しようとしたらたくさんの分野があり、どれから取り掛かかればいいのか悩んだことはありませんか? ちなみに当ブログではその分野…

「誰も言わなかった碁の本」~囲碁のプロ棋士の勉強法を大公開!!

プロや院生の勉強法を学ぼう こんにちは(´・ω・`) 今回は毎日コミュニケーションズ出版 白江治彦 著 「誰も言わなかった碁の本」を紹介します。 以前紹介した 「すべての囲碁ファンに捧げる本」~碁の勉強法を勉強することも大切です と同じ種類の棋書になり…

囲碁のアマの段級位制のインフレについて

アマの段級位のインフレ問題 囲碁の段級位は昔に比べてかなりインフレを起こしていると言われています。 ある時代ではアマの最高段位が3段だった時があったそうな。現在はアマ8段まであります。 ↑ちなみに私は日本棋院の6段免状を無料獲得しています(^ω^)…

「三段合格の手筋150題」~これから高段者を目指す人にお勧め

三段合格の手筋をマスターすれば高段者へ近づく!! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは日本棋院出版 酒井猛 著 「三段合格の手筋150題」です。 手筋とは「石を最も働かせた着手。あるいは一連の着想」とこの本では書いています。 みなさんは手筋の問題は…

「戦わずして勝つ方法」~布石でリードして戦わずに逃げきれ!

戦わないで勝つ方法を身につけよう こんにちは(´・ω・`) 今回は毎日コミュニケーションズ出版 羽根直樹 著 「戦わずして勝つ方法」を紹介します。 なんだか弱気なタイトルですが、まえがきに「矛盾しますが、対局前に今日は絶対戦わないぞと心に決めて臨むこ…

「序盤感覚とシステム布石についてのお話し」~布石の勉強には二種類ある!正しい布石上達法を知ろう!!

布石の勉強の種類 布石の勉強には二種類ある・・・、これは意外と知らない人が多い印象があります。 まず布石の勉強には、正しい石の方向や適切なヒラキ方、大場の大小の判断や急場を逃さない能力、勢力拡大や逆に相手の勢力牽制等の、テクニックや感覚を身…

「ベスポジを探せ布石の眼力200」~布石感覚の養成問題集

序盤の感覚問題集! こんにちは(´・ω・`) 今回は日本棋院出版 春山勇 著 「ベスポジを探せ布石の眼力200」を紹介します。 「布石感覚の勉強はどれくらい強くなったらしたらいいのか?」と、悩んでいる人に何度か聞かれたことがあります。 具体的に「○級、△段…

「基本死活事典(張栩)」~新版基本死活事典の紹介!!

新しい基本死活事典! こんにちは(´・ω・`) 今回は日本棋院出版 張栩 著「基本死活事典」を紹介します。 以前、 「基本死活事典上巻(趙治勲)」~基本死活を疎かにする者、碁は強くならず( ˘ω˘ ) を書きましたが、これは待望の新版になります。 本の内容 前…

「ひと目でわかる大ヨセ事典」~大ヨセの目数をおおまかに覚える試み

大ヨセの大きさを大まかに表記 こんにちは(´・ω・`) 今回は毎日コミュニケーションズ出版 淡路修三 著 「ひと目でわかる大ヨセ事典」を紹介します。 大ヨセの勉強は、場合によっては詰碁や手筋よりも効果がすぐに表れる可能性があります。しかし大ヨセを扱っ…

棋書の紹介方法について

棋書紹介の方法 棋書を紹介する時に、どのような構成にするのか未だに悩んでいます。 最初は本の写真を載せていましたが、容量を結構喰うのと、ページが折り曲がっていて見にくいなどの理由から、KiinEditorをつかって盤面図を貼り付けるスタイルになりまし…

「新手新型歴代きわめつけ」~マニアックな型がてんこ盛り!!

マニアックな新定石・裏定石の本 こんにちは(´・ω・`) 今回は誠文堂光社出版 安倍吉輝 著 「新手新型歴代きわめつけ」を紹介します。 この本はいつか紹介しようと思っている「新手年鑑」「新手新型年鑑」計15年分の中から斬新で簡明な31型を選び出し、その後…

囲碁のマナー違反(対面対局)の危険度を作成しました(´・ω・)

囲碁のマナー違反 囲碁を打つ以上、常に問題になってくるマナー違反について書きます。 マナーについては、どこまでがマナー違反なのか境界線が曖昧なところがあり厄介です(^_^;) 人によってそこら辺の価値観は変わってくるので、絶対的な決まりは作れないで…

「新・早わかりハメ手小事典」~定石の表側だけを覚えるのは危険!

ハメ手の勉強は上達へ必要 こんにちは(´・ω・`) 今回は日本棋院出版 高木祥一 著 「新・早わかりハメ手小事典」を紹介します。 本書のはしがきに、「ひとつの定石が出来上がるまでには、正着として取りあげるまでに至らなかった強手、無理手、妙手、俗手など…

「模様の荒らし方集中講義」~模様の荒らし方のコツをつかもう!

模様の正しい荒らし方を身につけよう!! こんにちは(´・ω・`) 今回は毎日コミュニケーションズ出版 石田芳夫 著 「模様の荒らし方集中講義」を紹介します(`・ω・´) 模様を張られるのが苦手な人は多いですよね。 まえがきで「相手が模様を敷いてきたときは軽く…

格下に一発入れられないようにする方法

格下に負けるのは辛い(´・_・`) 普段ほとんど負けることのない格下に、ここぞという大事な場面で負ける・・・・。そのような経験はありませんか?俗に言う「格下に一発入れられた」形ですが、この時の虚しさと絶望感はなるべき味わいたくありません(笑) そこで…

「すべての囲碁ファンに捧げる本」~碁の勉強法を勉強することも大切です

囲碁のプロ棋士の勉強法を公開 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、毎日コミュニケーションズ出版、田村竜騎兵・プロ棋士15名 著 「すべての囲碁ファンに捧げる本」です。 囲碁の勉強法を勉強する・・・・。実は私が本格的に囲碁に取り組みだした時に真…

囲碁AIの進化による期待と不安

囲碁AIの台頭 最近囲碁界の話題の中心になっているのはタイトル戦でもなく、国際棋戦でもなく、囲碁の人工知能(AI)です(^_^.) AlphaGo登場の衝撃 去年終わりにGoogleの囲碁AI「AlphaGo」が中国出身のプロを互先で倒したこと、そのAIが今年の初めに世界で…

「完本本因坊秀策全集」~棋聖秀策!すべての碁の手本を並べて基礎を身につけよう!!

秀策の棋譜は碁の基本が詰まっている!! こんにちは(´・ω・`) 今回は誠文堂新光社出版 福井正明 著「完本本因坊秀策全集」 全5巻を紹介します。 本因坊秀策といえば碁を打つ人なら一度は聞いたことがあると思います。 小林光一先生曰く「一手一手が全局をと…

目標棋力についてのお話

目標棋力を設定しよう! このブログを見てくれている人は目標棋力は決めていますか? 囲碁に限った話ではないのですが、目標を決めるとそれに向かって何をどれくらい勉強すればいいのか、ある程度は予測しやすくなります。 ちなみに自分の目標はアマの全国大…

「初段合格の手筋150題」~筋の良い打ち方って言われたい

初段合格の手筋を身につけよう! こんにちは(´・ω・`) 今回は日本棋院出版「初段合格の手筋150題」を紹介します。 手筋の定義 手筋の定義とはなんでしょうか?本書によると、「ある場面での着手の正しい道筋を総合して述べたもの」としています。 また「形」…

「難解定石の活用法」~難解定石を味方につけよう!

難解定石の必要性 こんにちは(´・ω・`) 今回は河出書房新社出版 石田芳夫 著「難解定石の活用法」を紹介します。 難解定石の勉強はしたことありますか?この本では難解定石として「大斜」「ナダレ」「二間高バサミ」を詳しく解説しています。 忘れてしまって…

ネット碁はどこがいいのか?比較してみた(・∀・)

ネット碁の比較 自分より同等以上の相手と対局する・・・・。これは囲碁の上達のためには避けては通れない道ですね。一昔前、特に地方の人は強い人と打つのが困難で、地方と都市部で環境格差がありました。(棋譜や棋書等の情報においても相当な格差があった…

「基礎からわかる白番布石の教科書」~白番の勝率アップのために

白番布石のコツを学ぼう! こんにちは(・∀・) 今回はマイナビ出版 小松英樹 著「基礎からわかる白番布石の教科書」を紹介します。 黒番は結構打てるが、白番になるとどうも勝てない・・・、という人は結構いるのではないでしょうか?実は私も白番は苦手なタ…

絶版になっている棋書の購入方法

絶版棋書の購入方法 囲碁の棋書って新しく発売されても数年ですぐ絶版になることが多いです。私が所持している棋書もほとんどが絶版になっているものです(^_^.)ですから必然的にネット販売で購入することになります。 私が最も利用しているのはAmazonです。…

「基本死活事典上巻(趙治勲)」~基本死活を疎かにする者、碁は強くならず( ˘ω˘ )

基本死活は碁の基礎力! 今日の棋書紹介は日本棋院出版 趙治勲 著「基本死活事典上巻」です。 この本は相当有名で絶版になった後、定価2000円ぐらいだったのがプレミアがついて一万円前後の値段で取引されていました。張栩先生の新しい死活事典が出て、だい…

棋書の自己評価の基準について

棋書評価の基準 こんにちは(´・ω・`) 当ブログでは棋書にC~Sランクで自己評価をしていますが、どんな基準になってるが疑問に思っている人もいますでしょうか。 まあ先に言ってしまえば私個人の評価なので、必ずしも世間の評価と一緒とは限りません。評判のい…

「大ヨセ集中講義」~大ヨセ巧者になろう( ・´ー・`)

大ヨセの勉強 今回はヨセ関係の本を紹介したいと思います(^-^) 毎日コミュニケーションズ出版 片岡聡 著「大ヨセ集中講義」です。 初段の時にこの本を読んで、ヨセというか自分の碁そのものが変わったくらい影響を受けました。何度か読み返した後、露骨に勝…

ヨセの重要性についてのお話

ヨセの重要性 最近ヨセ関係の本にハマっています(^_^.)実は自分が初段前後のときにヨセの本を何冊か買って何度も読んでたのですが、以降ほとんどヨセの勉強はしていませんでした。 あれから囲碁自体はかなり上達したこともあり、今では同格以上の人と比べて…

「これで万全ハメ手対策」~ハメ手に騙されるな!!

ハメ手について 今日紹介するのは日本棋院出版 石田芳夫 著「これで万全ハメ手対策」です(^^) みなさんはハメ手を打たれたことはありますか?自分は未だにネット碁でハメ手臭い手をよく打たれます(笑) ハメ手と裏定石の違い ハメ手とは基本的に正しく応じれ…

「大模様が怖くなくなる本」~大模様恐怖症の人に読んでもらいたい。

大模様対策 相手に大模様を張られると勝てる気がしなくなることってありませんか? 自分は白番で黒に模様を張られるのが今でも嫌なので、邪魔する戦法を愛用しています(・∀・) とはいえ、いつも自分の思い通りになるわけでもなく、大模様を張られてしまうこ…