囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

雑談-1~50

(囲碁)大会での心構えについて

大会での心構え 囲碁の大会で勝敗を決めるのは棋力だけではありません。 精神面の影響をもろに受けるのが囲碁というゲームです。 今回は大会での心構えについて、私の経験談を伝えようと思います(`・ω・´) 平常心が一番 当然ですが平常心が一番です。 しかし大…

世界アマ県代表になりました( ^ω^ ) 

初めての県代表に!! 先日行われた世界アマチュア選手権日本代表決定戦の県大会で、優勝することができました!! 世界アマで代表になるのは今回が初めてです。 昨年は準優勝と悔しい思いをしたので、リベンジできてよかったです(`・ω・´) これで、アマ三…

囲碁AI「Leela」がすごい!!

無料囲碁AI「Leela」について こんにちは(´・ω・`) 最近、囲碁AIの話題で盛り上がっている囲碁界ですが、そんな中、「Leela(リーラ)」という囲碁AIが、インターネット上で無料でダウンロードできるという話を聞き、さっそく手に入れてきました。 ↓参考記事…

「新定石」と「裏定石」の違い(定義)について

「新定石」と「裏定石」の違い 本ブログで頻出する単語である、「新定石」と「裏定石」について。 棋書カテゴリでは「新定石・裏定石」と同分類になっていますが、一応本ブログでは私独自の定義があります。 新定石の定義 まず「新定石」についてですが、 「…

記念すべき100記事達成!!

100記事達成!! 本記事で記念すべき100記事を達成することができました(`・ω・´)ゞ ブログ界では記事を100作るのが、ひとつの目安や壁のような扱いみたいですが、割とあっさり達成できました(笑) 本ブログ作成日が2016年の11月29日ですので、約4カ月かかっ…

囲碁を打つ人は変人が多い??

囲碁を打つ人に変人は多いのか 「囲碁を打つ人って変人が多い」・・・こういう事を皆さんも言われたことや聞いたことは少なからずあるのではないでしょうか? 実際には、囲碁を打つ人に変人といわれるような人は存在します(^_^;)しかし囲碁を知らない人にも…

本棚を購入して、棋書を整理しました。

大きい本棚に大量の棋書を収納 タイトル通り、本棚を購入して棋書を整理しました(*^^)v 実は棋書の数が増えすぎて、いままでたくさんの衣装ケースの中に詰め込んでいる状態だったのです(笑) しかしそれだと、部屋の場所を取るし見た目も汚いですし本の状態に…

囲碁AIの現在と活用方法

囲碁AIの現在 去年(2016年)終わり頃から囲碁AIから目が離せなくなっています。Master(AlphaGoの進化型)はテストを終了したということで姿を消しましたが、日本と中国のAIは現在でもネット碁で活動中です。 中国のAIは当初は「絶芸」でしたが、その後…

置碁での上手・下手の心構えについて

置碁の心理 置碁を打っている時の上手や下手の心構えについて考えたことはありますか? 囲碁を始めた時は誰でも石を置く側ですよね。そして強くなっていくと互先だけでなく、置かせる側にもなります。 上手の心構え 置碁というのは、基本的に棋力に差がある…

(囲碁)県代表クラスの定義とは?考えてみた(; ・`д・´)

県代表クラスの定義は難しい 囲碁用語というわけでもないのですが、囲碁界では「県代表クラス」という単語がよく使われています。棋書にもよく使われていますしね。 しかし正式な定義というものは存在しないはずで、人によってそれはまちまちです。 「県代表…

囲碁の投了をするタイミングについて

完全な基準は存在しない 囲碁をしていると必ずは直面する問題であるのが「投了するタイミング」。 本人はまだチャンスがあると思っていても、相手はそうとは思っていないこともあります。またその逆の状況もあるでしょう。 「盤面でどれくらい悪ければ投げる…

ハメ手・騙し手はいずれ通用しなくなる

楽に勝とうとしてはいけない 囲碁には「ウソ手」や「騙し手」というものがあります。ハメ手もその部類ですね。 打った本人はいい手と思ってる場合も多いです。しかし相手に一発食らわしてやろうという魂胆の人もいます(^_^;) ハメ手の研究自体は、手筋の勉強…

(囲碁)正しい指導者の見分け方・判断

正しい指導者の見分け方・判断 皆さんには囲碁を教えてくれる指導者の方などはいますか? 自分は入門の時には囲碁教室の先生に習いましたが、3級ぐらいからは1人で本を読んで上達していった独学派でした。 私の囲碁歴は現時点で13年くらいですが、最初の方は…

2017年は本格的な囲碁AIの時代が来る。

囲碁AIの活躍 最近ネット碁内での囲碁AIたちの活躍がすごいですね。去年話題になった囲碁AIのAlphaGoに続けとばかりに、日中韓のそれぞれの囲碁AIがネット碁上で暴れまくっています。 ↑私なりに今活躍している囲碁AIを簡単にまとめたもの(※2017/01/02現在)…

ネット碁のマナーについて

ネット碁のマナーの問題 このブログの読者さんはネット碁は利用していますか? 調べてみるとネット碁が初めて登場したのは1989年の「GO-NET」というものらしいですね。自分は「幽玄の間」が初めてのネット碁でした。 いまやネット碁は囲碁界にはなくてはなら…

囲碁が強くなるためにはお金をかけるべき?

囲碁はどれくらいお金がかかるか? 囲碁というゲームは、趣味としてはお金があまりかからないことが一つの売りになっています。 たしかに碁会所などは一日遊んで、地方なら500円前後、都会でも1000円前後のところが多いです。子供はともかく大人にとっては、…

囲碁のアマの段級位制のインフレについて

アマの段級位のインフレ問題 囲碁の段級位は昔に比べてかなりインフレを起こしていると言われています。 ある時代ではアマの最高段位が3段だった時があったそうな。現在はアマ8段まであります。 ↑ちなみに私は日本棋院の6段免状を無料獲得しています(^ω^)…

棋書の紹介方法について

棋書紹介の方法 棋書を紹介する時に、どのような構成にするのか未だに悩んでいます。 最初は本の写真を載せていましたが、容量を結構喰うのと、ページが折り曲がっていて見にくいなどの理由から、KiinEditorをつかって盤面図を貼り付けるスタイルになりまし…

囲碁のマナー違反(対面対局)の危険度を作成しました(´・ω・)

囲碁のマナー違反 囲碁を打つ以上、常に問題になってくるマナー違反について書きます。 マナーについては、どこまでがマナー違反なのか境界線が曖昧なところがあり厄介です(^_^;) 人によってそこら辺の価値観は変わってくるので、絶対的な決まりは作れないで…

囲碁AIの進化による期待と不安

囲碁AIの台頭 最近囲碁界の話題の中心になっているのはタイトル戦でもなく、国際棋戦でもなく、囲碁の人工知能(AI)です(^_^.) AlphaGo登場の衝撃 去年終わりにGoogleの囲碁AI「AlphaGo」が中国出身のプロを互先で倒したこと、そのAIが今年の初めに世界で…

ネット碁はどこがいいのか?比較してみた(・∀・)

ネット碁の比較 自分より同等以上の相手と対局する・・・・。これは囲碁の上達のためには避けては通れない道ですね。一昔前、特に地方の人は強い人と打つのが困難で、地方と都市部で環境格差がありました。(棋譜や棋書等の情報においても相当な格差があった…

絶版になっている棋書の購入方法

絶版棋書の購入方法 囲碁の棋書って新しく発売されても数年ですぐ絶版になることが多いです。私が所持している棋書もほとんどが絶版になっているものです(^_^.)ですから必然的にネット販売で購入することになります。 私が最も利用しているのはAmazonです。…

棋書の評価の基準について

棋書評価の基準 こんにちは(´・ω・`) 当ブログでは棋書にC~Sランクで評価をしていますが、どんな基準になってるが疑問に思っている人もいますでしょうか。 まあ先に言ってしまえば私個人の評価なので、必ずしも世間の評価と一緒とは限りません。評判のいい棋…

ブログの方針と軽い自己紹介

ブログの方針と自己紹介 当ブログでは囲碁が強くなりたい人の為に、自分が今まで強くなった方法や棋書の書評を書いていこうと思っています(^^) まず私の棋力ですが現在のところ東洋囲碁で8~9段・幽玄の間で8段程度で、田舎県の代表複数回といったところです…