囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

ブログのアイコンのお話し

ブログアイコン 今更なのですが、今年の4月5日に本ブログ『囲碁が強くなりたい(`・ω・´)』のアイコンを変更していました(^_^;) ↑もともとこのカメちゃんを使っていたのですが、囲碁のブログアイコンとしては違和感があったので、自分で新しいのを作成しまし…

「侵略の一手」~荒らしの要所を会得!

打ち込みの攻防を解説 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、東京創元社【出版】、曺 薫鉉,・成 起昌【著】 「侵略の一手」です。 囲碁において中盤の攻防は、一手一手が勝敗に大きな影響を与えます。布石を通じて出来た碁形の急所を見極めた上で、相手よ…

「両小目とタスキのお勧め」~アマの知らない有力布石!

アマではあまり打たれない布石を学べる こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、自由国民社【出版】、日本囲碁連盟【著】 「両小目とタスキのお勧め」です。 両小目とタスキの布石は、アマの間ではそこまで打たれていないみたいです。理由のひとつとしては、…

(囲碁)理論派と実戦派

理論派と実戦派の違い アマ碁打ちは大きく「理論派」と「実戦派」の二種類に大別することができます。 ちなみに私は理論派です(^_^)/ 以下は大まかな傾向です。 理論派 強み ・棋書による勉強に熱心。 ・棋理に明るい。 ・筋や形がいい。 ・布石や定石などの…

「隅には魔物が棲んでいる」~実戦死活を学べる!

実戦に頻出する死活! こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、東京創元社【出版】、梁 宰豪,・金 成来【著】 「隅には魔物が棲んでいる」です。 死活は囲碁の最も基本であり、重要な分野です。なかでも実戦に頻出する死活の研究は、棋力を上げるためには避…

「男なら大上段・誘惑の布石」~男の布石!!

主に星打ち布石の解説 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、広済堂産報出版【出版】、淡路修三【著】 「男なら大上段・誘惑の布石」です。 怪しげなタイトルですが、中身はいたって普通の布石本です(笑) 中国流・二連星・三連星・ミニ中国流・小林流な…

囲碁上達における、本ブログ内での「基礎」「基本」「応用」「個性(棋風)」の定義

本ブログ内での定義を説明 ↑たびたび登場する「囲碁上達の図」です。 それぞれの定義を教えてくれという声が多数よせられましたので、説明いたします(^_^)/ ※本来は定義とか決めることができない類の話なのですが、やはり具体的な指標がないと迷ってしまう人…

「戦闘布石で勝つ」~中国流、ミニ中国流を学べる!

中国流、ミニ中国流を解説 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、自由国民社【出版】、日本囲碁連盟【著】 「戦闘布石で勝つ」です。 戦闘布石、本書では中国流とミニ中国流とされていますが、この布石は幅広く構えて、模様を拡大したり厚みを作ったりする…

「ハメ手返し必勝法」~ハメ手を学び棋力向上

代表的なハメ手を収録 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日東書院【出版】、藤沢秀行【著】 「ハメ手返し必勝法」です。 ハメ手は定石の過程において現れる様々な変化の一部であります。当然正しく応じられると仕掛けた側が悪くなりますので、ハメ手は…

「星と小目の早足布石」~実利先行で堅実なリード!

実利主体の碁 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、自由国民社【出版】、日本囲碁連盟【著】 「星と小目の早足布石」です。 星と小目の打つ布石は。恐らくプロアマ問わず最も打たれている布石なのではないでしょうか?星のスピードと小目の堅実さを兼ね備…

「ハメ手大百科」~ハメ手を網羅!

多くのハメ手を収録 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日本棋院【出版】、石田 芳夫、影山 利郎、三堀 将、 前田 陳爾【著】 「ハメ手大百科」(別冊囲碁クラブ)です。 囲碁の序盤においてハメ手は定石と密接な関係にあります。ハメ手を知らずに定石を…

「必勝の星打ち布石」~スピードと勢力で圧倒!

星の布石に勉強に こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、自由国民社【出版】、日本囲碁連盟【著】 「必勝の星打ち布石」です。 二連星、三連星に代表される星打ち布石の特徴は碁盤全体を広く使ったスピード感でしょう。小目などと違い一手で隅を済ませてい…

「碁のハメ手ABC」~置碁から互先のハメ手を学べる!

多くのハメ手を収録 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、東栄堂【出版】、北條秀樹【著】 「碁のハメ手ABC」です。 本書のはしがきにハメ手の条件について定義がありますので紹介します。 『「ハメ手」には一つの条件があります。それは「ハメ手」をこら…

「勝つ布石」~アッという間にリードできる!

布石の達人になろう こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、自由国民社【出版】、日本囲碁連盟【著】 「勝つ布石」です。 囲碁は布石段階でリードできれば中盤戦を無理せず戦えるので勝つ確率が上がります。つまり勝率を上げるためには布石の勉強をするのが…

(囲碁)本ブログ内の棋力表の目安

棋力表の目安を公開 ↑本ブログ内で登場する棋力表(自作)です。 それぞれの棋力の具体的な目安を公開します。 初心者 囲碁のルールを理解したばかりの人。 30級~10級と9級~1級 ※参考:1998年3月号 NHK囲碁講座テキスト「白江治彦七段の手筋・ヘボ筋」よ…

「ヨセのテクニック」~ヨセを鍛えて勝率アップ!!

ヨセの総合問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日本棋院【出版】、石田芳夫【著】 「ヨセのテクニック」(別冊囲碁クラブNo.20)です。 ヨセが強くなるとどうなると思いますか?「終盤が強くなるんでしょ」と答えが返ってくるかもしれません。確…

「圧勝!序盤戦法」~変則布石でリードする!

見たことない変則布石の本 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、マイナビ【出版】、宮本 直毅【著】 「圧勝!序盤戦法」です。 世の中にはたくさんのシステム布石があります。例えば「三連星」「中国流」「ミニ中国流」「小林流」などがそれに該当します…

「はめ手・はまらぬ手」~ハメ手を理解しよう!

古いハメ手本 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、成美堂出版【出版】、安永一【著】 「はめ手・はまらぬ手」です。 囲碁のアマ棋士の安永一氏をご存知でしょうか? アマ4強(菊池・村上・平田・原田)の時代よりさらに前のアマトップの方です。 当時の…

「小目一間ガカリの周辺」~小目一間ガカリのエキスパートになろう!

小目一間ガカリの専門書 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、東京創元社【出版】、劉昌赫【著】 「小目一間ガカリの周辺」です。 一昔前まで小目の石にはケイマガカリが主流でした。その後、一間ガカリが出てきてオオゲイマガカリや二間高ガカリなども登…

「差をつけるヨセ上達法」~楽しくヨセを学ぶ

計算しないヨセの勉強 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日本棋院新書【出版】、趙治勲【著】 「差をつけるヨセ上達法」です。 ヨセの勉強はひたすら計算ばかりするというイメージの人も多いですが、かなり強いアマの人でもそこまで勉強している人は少…

「強くなるヨセの知識」~終盤を得意分野に

ヨセの総合問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日本棋院新書【出版】、趙治勲【著】 「強くなるヨセの知識」です。 塵も積もれば山となるという言葉は、囲碁ではヨセの分野でよく現れます。一カ所で1、2目程度損しても並のアマでは気がつかないケ…

「ウソ手・俗筋粉砕作戦」~相手の無理手を許すな!

ウソ手・俗筋の対策を網羅 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、講談社【出版】、小林光一【著】 「ウソ手・俗筋粉砕作戦」です。 囲碁の棋風についてですが、筋はいいけど石が競り合うと弱くなるタイプがあります。たぶん私もこのタイプでした。 プロは…

「よく分かるヨセの基本」~ヨセ初心者にオススメ

やさしいヨセ問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日本棋院新書【出版】、趙治勲【著】 「よく分かるヨセの基本」です。 アマの人はヨセが苦手と一般的に言われています。ヨセは一発で勝敗を決めるような派手さはたしかにないでしょう。ヨセの勉強…

「大模様の攻防」~模様の消し方や侵略について

模様を巡る攻防を解説 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、棋苑図書【出版】、李昌鎬【著】 「大模様の攻防」です。 相手に大模様を張られた場合、そのまますべて地にさせても勝てる場合はともかく、普通は消すなり荒らしにいくなりする必要が出てきます…

「わなとおとし穴」~ハメ手対策をしよう!

ハメ手対策集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、誠文堂新光社【出版】、 長谷川章、富田忠夫、工藤紀夫、前田陳爾【共著】 「わなとおとし穴」です。 世の中には数多くのハメ手の棋書がありますが、本書は置碁のハメ手の章に珍しい型が沢山あるのが特…

「囲碁ハメ手入門」~定石の裏街道に詳しくなろう!

有名なハメ手を収録 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、永岡書店【出版】、坂田栄男【著】 「囲碁ハメ手入門」です。 ハメ手を打たれやられてしまった時、どんな反応をしますか?「卑怯な手にやられらた」「ハメ手は邪道だ」ではいけません(´・_・`) 基本…

「損のないハメ手」~正しく応接されても互角に!!

損のないハメ手を公開 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、誠文堂新光社【出版】、瀬越憲作【著】 「損のないハメ手」です。 相手に正しく応接されると仕掛けた側が損をする手を「ハメ手」、互角の変化に落ち着くのが「裏定石」と本ブログでは定義してい…

「形で覚えるヨセの基本」~やさしいヨセを身に付けよう

ヨセの基本問題集 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、マイナビ【出版】、蘇耀国【著】 「形で覚えるヨセの基本」です。 ヨセの勉強をしたいと思っても、どの棋書から読んでいけばいいのかと迷う人は多いのではないでしょうか。 私の考えでは、ややこし…

「三段の壁を破る この手、何目」~形勢判断が強くなる

一手の価値を数字で示す こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、日本文芸社【出版】、石田芳夫【著】 「三段の壁を破る この手、何目」です。 石田芳夫24世本因坊をご存知でしょうか。 地にカラく正確なヨセを打つことから、「コンピュータ石田」の異名を…

「すぐに使える 布石の新常識」~布石は進化する

布石の新型を紹介 こんにちは(´・ω・`) 今回紹介するのは、マイナビ【出版】、蘇耀国【著】 「すぐに使える 布石の新常識」です。 布石の評価は研究が進むたびに変わっていきます。一昔前は互角とされている布石が現在ではそうではなくなっていたりすること…