囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「囲碁AI新時代」~囲碁AIについてもっと詳しくなろう!

囲碁AIについてここ数年の事情が詳しくわかる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイナビ出版、王 銘琬  著囲碁AI新時代です。

去年のAlphaGo(アルファ碁)から何かと話題になる囲碁AI。

先日行われた「第5回電聖戦」でも日本トッププロで若手筆頭格の一力遼先生が、中国産AI「絶芸」と日本産AIの「DeepZenGo」に二敗しました。とくにZenとの碁は手合い違いの如く完敗でした。

また「ワールド碁チャンピオンシップ」では「DeepZenGo」が日本最強の井山裕太先生に勝利もしましたね。

世界トップクラスである中韓代表の二人には敗れましたが、内容では負けておらずこちらでも十分力を見せてくれました。

今でこそトッププロが囲碁AIに敗れても驚きはしない時代ですが、一昔前まではコンピュータの囲碁の棋力はアマ初段前後でした。その後技術革新を経てアマ高段まで強くなりましたが、それでもプロ相手にはまだまだ差がありました。

そこに颯爽と登場したAlphaGoにより、一気に囲碁AIが人類トップクラス以上まで駆け上がったというのが大まかな流れです。

本書は長年この世界に関わってきた王 銘琬先生が、囲碁AIの歴史や裏話・私見などを綴っています。

本の内容

本書の構成は

第1章:熱戦を振り返る

第2章:アルファ碁とディープゼンの相違点

第3章:コンピュータ囲碁の歩み

第4章:私とコンピュータ囲碁

第5章:囲碁AIの将来

となっております。

王 銘琬先生のZenに対する期待

囲碁AIの原理などをプログラムについて詳しくない人にも分かるように説明したり、囲碁AI対人間の棋譜をいくつか解説していたりと面白い内容ですが、特に印象に残ったのが王 銘琬先生のZenへの期待の高さです。

Zenは他の囲碁AIに比べて攻撃的で、目的に突き進む手になりやすいみたいです。時にはそれが筋悪に見えることもあるが、それが強さにもなるとの事。

棋力ではAlphaGoはもちろん、絶芸にも現時点では劣りますが、伸びしろは十分で将来が楽しみだということです。

自分もZenが好み

自分も囲碁AIではZenの棋風が一番気に入っています。上述した通り打つ手の意味が分かりやすいからかもしれません。

しかしいくら強くても理解できない手を打つMaster(AlphaGoの進化型)よりも勉強になるかもしれないと密かに思っています(笑)

Zenの市販囲碁ソフト「天頂の囲碁」シリーズで最新の7が発売されるのを非常に楽しみにしています(・∀・)

今後も囲碁AIから目が離せない展開が続きそうですね(*^^)v

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

棋書カテゴリ「新定石・裏定石」の早見表

棋書カテゴリ「新定石・裏定石」の早見表になります。

活用してください。

象棋力の目安を載せておきます。あくまで目安ですので絶対ではありません。

また目安の段級位がない項目は、今後追加していきます。

↓参考記事のリンクを貼っておきます。

「新定石」と「裏定石」の違い(定義)について 

新定石系

・やさしい新定石

・新手と新定石

「難解定石の活用法」(5段~)

「世界の新手、新定石」(3段~)

「アマの知らない最先端定石」(5段~)

「井山、黄の定石研究」(5段~)

「李昌鎬の新手・新定石が10倍わかる本」(5段~)

李昌鎬 流行定石の解明

「世界の新手、新型1」(5段~)

「世界の新手、新型2」(5段~)

「世界の新手、新型3」(5段~)

「世界の新定石 PARTⅠ」(3段~)

「世界の新定石 PARTⅡ」(3段~)

「世界の新定石 PATRⅢ」(3段~)

・韓国の新しい試み 上

・韓国の新しい試み 下

・新手/新型 定石の解析

・小目一間ガカリの周辺

「結城 聡 囲碁・世界の新手法ガイド」(5段~)

・決定版囲碁大会必携! 大斜・村正・大ナダレ

裏定石系

「碁敵粉砕!裏定石必勝法」(3段~)

「王立誠の定石㊙伝」(3段~)

「碁敵の知らない新定石 小目」(5段~)

「碁敵の知らない新定石 高目・目ハズシ」(5段~)

「碁がたきを粉砕する 裏の裏定石必勝法」(3段~)

・アマの知らない とっておきの裏定石

「定石のマル秘ノート」(5段~)

「新型の受け方」(5段~)

「呉清源のこの手ご用心[置碁編]」(初段~)

「呉清源のこの手ご用心[小目編]」(5段~)

「呉清源のこの手ご用心[目外し・高目編]」(5段~)

・新手年鑑 82年版
・新手年鑑 83年版
・新手年鑑 84年版
・新手年鑑 85年版
・新手・新型囲碁年鑑 86
・新手・新型囲碁年鑑 87
・新手・新型囲碁年鑑 88
・新手・新型囲碁年鑑 89
・新手・新型囲碁年鑑 90
・新手・新型囲碁年鑑 91
・新手・新型囲碁年鑑 92
・新手・新型囲碁年鑑 93
・新手・新型囲碁年鑑 94
・新手・新型囲碁年鑑 95
・新手・新型囲碁年鑑 96
・新手・新型囲碁年鑑 97

「新手新型歴代きわめつけ」(5段~)

その他定石系

・基本定石事典 上巻 (高尾)

・基本定石事典 下巻 (高尾)

「定石の考え方」(3段~)

・梶原流革命定石

・定石原典【星・三々】

・定石原典【小目】

・定石原典【高目・目外し】

・悩み解決定石問答

 

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「新定石」と「裏定石」の違い(定義)について

「新定石」と「裏定石」の違い

本ブログで頻出する単語である、「新定石」と「裏定石」について。

棋書カテゴリでは「新定石・裏定石」と同分類になっていますが、一応本ブログでは私独自の定義があります。

新定石の定義

まず「新定石」についてですが、

その棋書が出版された当時に流行った新型の定石

と本ブログでは定義しています。

例えば単に「新しい定石」という定義だと、「今現在出版されている新しい定石について書かれた棋書」が、5年も経てば「新定石」というカテゴリに入れることができなくなってしまい、いろいろ不便というか不都合なのです(笑)

なのでもし読者さんが最近流行りの定石を学ぶために、本ブログの棋書カテゴリの「新定石」の記事を見る時は、注意して欲しい事があります。

それはその記事で紹介している棋書の発行年月を確認してください。

1、2年以内に発行されていればまだ大丈夫と思いますが、5年以上前に発行されていれば、あなたが欲しかった内容とは異なる場合があります(´っ・ω・)っ

20,30年前に発行された新定石の本を読んでも、化石定石しかありません(笑)

とはいえ、それはそれで勉強になり別の価値があります。

裏定石の定義

次に「裏定石」についてです。これは

一般的な定石ではないが、相手に正しく対応されても互角のワカレに持ち込める有力な手法(定石)

と定義しています。

ちなみに「相手に正しく応じられると仕掛けた側が悪くなる手法」は「ハメ手・定石はずれ」と本ブログでは定義していますが、人や出版物によっては裏定石と一緒にする場合もあり絶対的な定義がないのが少しややこしいです(^_^.)

自分が求めるものと出会うために

以上、本ブログでの「新定石」と「裏定石」の定義についてでした。本ブログ内で自分が求めている棋書とうまく出会える助けになれば幸いです(`・ω・´)ゞ

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

記念すべき100記事達成!!

100記事達成!!

本記事で記念すべき100記事を達成することができました(`・ω・´)ゞ

ブログ界では記事を100作るのが、ひとつの目安や壁のような扱いみたいですが、割とあっさり達成できました(笑)

本ブログ作成日が2016年の11月29日ですので、約4カ月かかったことになります。

ブログを始めた当初は、Twitterのフォロワーの囲碁民の方々が見てくれてたのが大きく、予想以上にPV数があったのが嬉しくて、またモチベ向上にもなりました。

現在では、Twitterからのアクセス数以上に、GoogleやYahooなどの大手検索エンジンからのアクセス数が増えています(^^)v

本ブログを応援してくれる皆さま、本当にありがとうございますm(_ _)m

今後の方針

紹介したい棋書や上達法・雑談などがかなり溜っているので、早く消化していきたいと思っています。

またブログについて意見・改善要望(記事内の情報の間違いや誤字などの指摘もありがたいです(笑))があれば、どんどん取り入れていきたいと思うので、Twitterやブログのコメント欄に書きこんでくれると嬉しいです(´ω`)

より質の高い記事を書いていくつもりですので、今後もよろしくお願いします(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ