囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「囲碁大会必携!大斜・村正・大ナダレ」~難解定石を使いこなそう!!

難解定石のまとめ

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは, 誠文堂新光社【出版】、結城 聡【著】

囲碁大会必携!大斜・村正・大ナダレ

です。

「結城 聡 囲碁・世界の新手法ガイド」

↑の姉妹編です。

囲碁の難解定石といえば、真っ先に大斜・村正・大ナダレが思い浮かびます。

これらの定石は基本のワカレ以外にも無数の変化があり、裏定石やハメ手も多数存在します。

序盤で相手が知らない形に誘い込めば、まずその一局は勝ちでしょう。

もちろん相手が仕掛けてくるケースもあります(^_^;)

本書は大斜・村正・大ナダレの三本柱に絞り、それらの難解定石をまとめています。

本の内容

第一部:村正の妖刀

第二部:大斜で江戸を懐古する

第三部:大ナダレの変遷

問題図

f:id:kazutan0813:20171116171240p:plain

↑私が本書にある型で、最も実戦で試したのはこの黒1です。

村正の妖刀定石からの派生形なのですが、白が正しく打ってもほぼ互角になり、間違えると白ツブレになる恐ろしい手です(;´∀`)

本書を購入した当時の私の棋力は、ネット碁(東洋囲碁)5段くらいだったでしょうか。

かなりの数の白星を稼がせてもらったことは覚えています(笑)

アマ高段者向けの本

難解定石に絞って解説しているだけに、内容はアマ高段者向けといえます。

囲碁大会やネット碁での勝率を上げるために、本書で難解定石を学んではどうでしょうか?

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

「加藤正夫の隅に強くなる本」~隅の実戦形90型を覚えよう!!

隅の実戦形を網羅

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは, 誠文堂新光社【出版】、加藤正夫【著】

加藤正夫の隅に強くなる本です。

※「加藤劔正の隅に強くなる本」も同じ中身です。

隅の死活・攻防は非常に複雑怪奇です。形が整理された詰碁ですらそうですから、それ以前の段階、つまり隅の構えに侵入したりされたりする未整理の段階では、恐怖からなにも手がない所を守ったり、手になる所に入っていかなかったりと、知らずに損を重ねる事も多いのではないでしょうか。

本書では、そうした隅のややこしい形をできるだけ多く集めて解説しています。

本の内容

「星」から発展した型を中心に90型あります。

問題図

f:id:kazutan0813:20171114203809p:plain

第57型:置碁に出てきそうな形ですね。隅に手がありそうだけど怖くて入れない人も多いのでは?

第60型:ちょっと珍しい形ですが、隅はどうなっているのでしょうか。

第62型:これも隅に手があるのか怪しげな形ですね。

63型これはさすがに隅が薄すぎますか。置碁の下手がよく打っていそう(笑)

第65型:63型から辺のハネツギが加わった型です。

第66型:63型から今度は隅のハネツギが加わった型です。

他に類を見ない本

隅の攻防について、ここまで実戦的な形を網羅した本は他に見たことないです。

単に生きるか死ぬかだけでなく、締め付けや攻めどり狙いの打ち込みも多数あります。

隅の攻防が強くなることは、勝率アップに直接結びつくでしょう。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「定石はずれのとがめ方」~俗筋に反撃!!

定石はずれの対策本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは, 土屋書店【出版】、大竹英雄【著】

定石はずれのとがめ方です。

初段前後の棋力になると、基本定石の20や30くらいは知っていることでしょう。問題は知っている中身の質です。

相手が定石はずれの俗筋を打ってきたときに、しっかりと咎めてこそ基本定石を知っているといえるのです(`・ω・´)

定石はずれが出てくる背景も単純ではなく、相手が定石外れと知りながら意図的に打ってくる時や、定石はずれを打つ方も打たれる方も、定石のつもりで打っていて気がつかないケースなどもあります。

本書では定石はずれの咎め方をテーマにしています。

本の内容

第1章:定石はずれとは?

第2章:星の定石はずれ(29題)

第3章:小目の定石はずれ(31題)

第4章:高目・目はずしの定石はずれ

問題図

f:id:kazutan0813:20171108202506p:plain

強引な切りだ:白1・3は定石にはない打ち方です。こんな横暴はしっかりと咎めましょう。

力自慢ごのみ:これは私も昔ハメられたことのある型です。黒が無理なのですがかなり長手順で難解です。

シチョウで取る筋:ツケヒキ定石の手抜きからできる形なのですが、黒1・白2の時に黒3・5はシチョウ黒よしの時の手法です。そうではない時は黒の無理筋になるので注意しましょう。

力自慢の俗筋:高目定石の途中ですが、白1・3.・5とはこれまた如何にも俗筋ですね(^_^;)

こういう手を咎めることができれば碁はさらに楽しくなります。

俗筋撃退は上達への近道!

俗筋を打たなくなり、また打たれたら反撃できるようになれば、アマ高段者も近いでしょう。

定石を真の意味で理解するためにも定石はずれの咎め方を勉強する価値はあります。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「新・早わかり 死活小事典」~基本死活を身につけられる!!

基本死活を網羅

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院【出版】、高木祥一【著】

新・早わかり 死活小事典です。

死活は碁の基本です。習い始めはまず二眼の生死について教えられますし、これを無視して先に進むことはできませんよね。

そして徐々に上達するとともに死活のテクニックもより高度なものが要求されてきますが、いつまでいってもここでいいという段階はありません。

つまりは碁の力=死活のテクニックといってもいいほど、死活は非常に重要な分野なのです。

本書では基本死活を合計150型学ぶことができます。

本の内容

第1章:隅の死活(102型)

第2章:辺の死活(48型)

問題図

f:id:kazutan0813:20171107134613p:plain

↑白先生きの基本死活です。実戦にもよく出てきます。

f:id:kazutan0813:20171107134656p:plain

↑白1とフトコロを広げようとすると、すかさず黒2の急所を打たれ頓死してしまいます。

白5と打っても黒6で次にaとbが見合いで死んでいますね。

f:id:kazutan0813:20171107134803p:plain

↑この形は白1が急所で無条件生きにすることができます。

黒2には白3がまた急所です。

f:id:kazutan0813:20171107134856p:plain

↑黒2とくれば、白3・5と広げて白7までやはり生きです。

形で覚えてしまおう

基本死活の有力な勉強法に、死活パターンを形で覚え込んでしまうものがあります。

私もこの方法で基本死活を身に付けました。

もちろん実戦に現れる死活がこれ一冊の内容で解決するわけではありませんし、そもそもそれらすべてを覚えることは不可能です。

しかし実戦に現れる死活の大部分は、基本死活から派生する応用形になっているはずです。

実戦で遭遇するたびに、1から考えるような無駄なことは必要なくなるわけですね。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ