囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「万波佳奈の囲碁上達ハンドブック」~上達のためのQ&A

 

質問形式で疑問に答える!

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、MYCOM【出版】、万波佳奈【著】

万波佳奈囲碁上達ハンドブックです。

囲碁上達法は碁打ちの永遠のテーマですね。私も棋力が低いころは「囲碁上達法」とかでよく検索していました(笑)県代表クラスのアマやプロの先生にも質問したことがあります。

幸いにも県代表になるまでは棋力が上がり、このようなブログを書くこともできるようになりました。

その影響かどうかわかりませんが、ここ最近囲碁上達法について質問されることが増えてきました。そして色んな質問をされているうちに、ある棋書を思い出しました。

それが本書になります。

本の内容

第1章:誰も教えてくれなかった質問

第2章:わかりやすい布石の考え方

第3章:わかりやすい定石の考え方

第4章:わかりやすい中盤の考え方

第5章:詰碁・手筋はむずかしくない

第6章:石の形と効率

本書は質問形式で囲碁上達法について著者が答えていきます。

質問の内容を一部抜粋すると

Q:一番の上達法はなんでしょうか。

Q:年齢別のおすすめ上達方法を教えてください。

Q:インターネットでは一日どのくらい打てば強くなりますか。

Q:棋譜並べは必要ですか?並べるときにはどうすればいいでしょう。

Q:パソコンで棋譜並べをしても効果はありますか。

Q:実戦と棋譜並べ、強くなるにはどちらを中心にしたらよいでしょうか。

Q:なかなか囲碁の勉強をする時間がありません。

Q:詰碁の勉強をプロはどのようにやっているのでしょうか。

実はこれ、私が質問される内容とほとんど同じようなものです(;´∀`)

本書は2006年発行ですので、なかなかに時代を先取りした棋書といえるかもしれません(笑)

隠れ良書

結構実戦的な質問に対して著者が簡明に回答しているのが高評価ですね。質問数もかなり多くあります。

囲碁上達をテーマにした棋書の中でも隠れ良書的ですね。

象棋力は全棋力です。

評価A(^ω^)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

【囲碁】置石の置きすぎ・置かなすぎ問題について

置碁

囲碁には置碁というものがあり、棋力差によって置石(ハンディキャップ)をつけます。一般的には一級差・一段差は置石一目となっていますね。

例えば3段の人が6段の人に置碁で打つ場合は、3目置くことになります。それで勝てないようなら謙虚に置石を一つ増やしてもらうのがいいでしょう。

世の中にはこの置石を必要以上に多く置きたがったり、逆に少なく置きたがる人が存在しますが、本人の上達を考えるとあまりよくないと思います。

・「囲碁上達へのアドバイス

↑この棋書にわかりやすくまとめていたので、私の体験談と共に記事にしてみました。

f:id:kazutan0813:20190101223736p:plain

置きすぎ

まず置きすぎについてです。自分を過小評価しているのか上手を恐れすぎているのかわかりませんが、謙虚さも度を過ぎると失礼になるケースもあります。

例えば本来5子で打てる実力があるのに6子も7子も置いたりすれば、当然上手が必要以上に苦しくなります。また下手側からすれば序盤では形勢がかなりいいので、必然的に打つ手が甘くなります。「どう打っても勝てる」という状態になってしまうのです。

これでは最善を目指した打ち方など身につくはずもなく、こうした甘さは無意識のうちに身体に染みついてしまうでしょう。

他にも上手側が苦しすぎる形勢をなんとかしようとして、無理手・乱暴な手を多用するようになるかもしれません。こうなっては下手側も学ぶことができるわけがありません。

また置きすぎれば自然と形勢がよくなり簡単に勝ててしまうために、上手をなめてかかるような心理になる危険性もあります。

私も過去、置碁で明らかに過剰に置かれてボッコボコにされたことがあります。局後に下手側の人が得意そうに検討を開始したときはさすがに苦笑いでした(笑)

単に勝つことが快感だという人には関係ないかもしれませんが(上手側としてはそういう人とは打ちたくないですけど)、もし真剣に上達を考えるのなら、置石の置きすぎは弊害になると覚えててくださいね。

置かなすぎ

今度は逆に置かな過ぎについてです。碁に多少の実力がついてくると置石を置きたがらなくなってくるようになります。自信とプライドは表裏一体ですからね(;´・ω・)

しかしそうなると単純に勝てなくなります。勝てなくなると自信喪失します。本来の実力差よりも置石が少ないとはいえ、置いている本人はその自覚はない場合がほとんどですからね。

このような負のスパイラルに陥ると、仮に置石の数が適正になっても負け続けるという光景は、私自身も下手と上手側両方で経験しました。

また上手側からしても置石が適正より少ないとやる気が出ない場合もあります。簡単に勝ててしまうので一生懸命打たなくなり、手拍子の連発になることも。その結果黒が勝ってしまい、自分の実力なんだと過信してしまうケースもあります。

しかし適当に打つ相手に慣れてしまうと、大会など相手が本気で打つ対局では勝てなくなってしまいます。

私が見た実例をひとつ紹介します。

ある若手のAさんが県トップのBさんに互先で挑戦しました。普段なら2子でも厳しい棋力差です。当然Bさんが連戦連勝で碁の内容も一方的でした。それでも何度もお願いして打っているとBさんも面倒になったのか雑な碁になっていき、ついに一発入れられてしまいました。

ここまでは別に問題ないのですが、Aさんはこの一局に勝っただけで自分の実力だと舞い上がり、もう自分も県トップの実力があるとあちこちで自慢するようになりました。その勝った棋譜を並べながら・・・。

自信とプライドだけは県トップになったのですが、実際の県大会では優勝どころかベスト8に入るのが精々という有様でした。

それでも自信とプライドは変わらないため、理想と現実のギャップに苦しんでしまうことになりました。

適正な置石

上達を真剣に考えるなら置石の数には気を付けるのがいいと思います。また適正な置石は上手下手双方とも碁を楽しめることにも繋がります。簡単に勝つのも負けるのもつまらないですから。

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「囲碁上達へのアドバイス」~どうしたら強くなれるか

囲碁上達を公開

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、永岡書店【出版】、加納嘉徳【著】

囲碁上達へのアドバイスです。

囲碁の上達方法は、我々アマが喉から手が出るほど欲しい情報です。

プロの先生に質問したことは私も何度かあります(笑)最近では逆に、アマの人たちから質問されることが多くなってきました。

そういった欲求を満たす有力な方法の一つが、上達・勉強方法などに関する棋書を読むことです。

私は級位者の時に囲碁の本格的な勉強を始めたのですが、上記のような棋書を早い段階で購入して、勉強法を勉強しました。正しい勉強方法じゃないと効果が上がりにくいと考えたためです。

本書も囲碁上達のために何をすればいいのかを示してくれている貴重な一冊になります。

本の内容

第1章:強くなる勉強方法

・実戦で腕をあげる方法

・日常の方法

第2章:実戦での心理

・技術面を助ける精神力

・精神的破滅

この本の中で私が印象に残ったことは心理面についての章でした。相手をあなどると痛い目に遭うという内容です。

Kさんという初段の人が、とある寒村で村一番強いSさんという同じ初段格の人と対戦しました。Sさんは我流で布石も定石もないような碁を打ってきます。そのためKさんが中盤初めには圧勝の形勢になるのですが、その後妙な力を出してきて逆転されたのです。すぐにもう一局となり、やはり序盤はKさんが優勢になります。中盤の難所も固く打ち勝利を確信した時に、ダメ詰まりのうっかりで攻め合いが逆転して、負けてしまったというのです。

「あんな弱い初段に負けて」と悔しがるKさんを著者が「あんな弱い初段と思っているからいつかその油断が首をもたげる」とたしなめていました。

私も似たような事は何度か経験しています。不思議とそういう不遜な考え方を持つと負けてしまうのですよね(*´Д`)特に大事な大会でやらかした悔しさは今でも覚えています。もうその人にリベンジする機会はおそらく二度とないでしょう。

囲碁は心理面の影響を大きく受けるゲームです。心理面が不健全では上達の妨げにもなることは間違いないと私は思います。

技術的な内容が多い

上記では心理面についての紹介でしたが、本書は全体的に参考図や問題図を用いた技術的な内容が多いです。置碁から互先までにアマがよく打つ悪手を解説しています。

囲碁上達に興味がある人はぜひ読んでみてください(^^)v

象棋力はアマ3級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

【囲碁】アマの地域格差について

地域格差とは

囲碁が強くなるために必要な要素は主に二つあり、

努力

環境

です。

プロ級以上となると才能なども必要になるかもしれませんが、基本的にこの二つが揃っていればかなり強くなれます。

「努力」は本人次第で割とどうにでもなるのですが、「環境」というのが厄介で自分の力ではどうすることもできない事が多いです。

ちなみにここでの「環境」とは「囲碁の勉強が不自由なくできる条件が揃っているかどうか」とします。例を挙げますと、

身近にプロやアマ強豪がいて、対局や指導等を受けられる

共に研鑽できる仲間がいる

対局する相手が多くいる

囲碁人口が多い

囲碁イベントが多い

最新の囲碁情報がすぐに入手できる

などになります。基本的に関東や関西・中部の都市部がこれを満たしています。

一方、地方ではこれらを満たしているところは少なくなってきます。というかほとんど満たしていない所が多いはずです(^_^;)

このような地域間における「環境」の格差をここでは地域格差と呼びます。

地域格差が原因?

昔(1950年代~)アマ囲碁界ではアマ四強と呼ばれる人達が、各アマチュア棋戦の優勝をほとんど独占していました。

この4人はプロ級の棋力であり実力の高さは疑いようもないのですが、それにしても圧倒的な成績を収めています。

当時のアマ囲碁界では、アマ四強(トップアマ)と地方の県代表の棋力差が、置石にして最大3~4子ほどあったという話を聞いたことがあります。現在のアマ囲碁界ではさすがにそこまでないでしょう。

どうしてそこまで差がついているのか?地方の県代表の努力不足でしょうか?

これは地域格差が大きかったという要因が関係あると私は考えています。

実際に聞いてみた

昔の囲碁界をよく知っている、ベテランの元県代表の知り合いの方に聞いたところ、次のようなお話しを聞けました。

当時地方在住者は最新の棋譜一つ手に入れるのも大変で、棋書も今みたいに豊富になかった。プロがいるような都市部との情報格差は凄まじいものがあった。勉強したくても今みたいに教材がほとんどなくて大変だったよ。

また上記の方と同じ年代の某席亭にも同じことを聞いてみると、

自分が若い頃は全国クラスのアマに指導を受けようとしたら、電車で2・3時間かけて県外に出て、一局数千円払わないといけなかった。ましてやプロの先生に習うのはもっと大変だった。かといって田舎県である程度強くなると、練習相手や指導してくれる人は近場にいなくなるからね。今の若い人は恵まれてるよ。

とのことでした。地域格差が現在よりも圧倒的にありますね。地方在住者は環境面でかなり不利になっていることがわかります(´・_・`)

地域格差の減少

さてこの地域格差ですが時代の発展と共に段々減少していっています。その要因をまとめてみました。

棋書等の充実

まず棋書をはじめとする囲碁情報誌の充実です。プロの考え方や最新戦法などを学ぶことができるようになったのは、教材不足だった地方アマのレベルを上げてくれました。

豊富な解説付きの棋譜や、アマ向けの詰碁・手筋本、棋力別の問題集など、現在の棋書はひと昔前と比べて質・量ともに格段に向上しております。私も上達する際には棋書に相当お世話になりました。

 ネット碁の登場

インターネットの発達と共に登場したネット碁囲碁界に革命を起こしました。

24時間365日いつでもあらゆる棋力の人と打てるようになったのです。それこそプロ級相手とでも。

この恩恵を最も受けたのは、対戦相手不足に悩む人=地方アマです。

正直ネット碁がなかったら、私は今頃県代表はおろかアマ高段者になれてたかすら自信はありません。

このネット碁が登場した辺りから、地方アマのレベルが劇的に上がってきたのではないでしょうか?

ちなみにある囲碁誌の少年少女囲碁全国大会に関する記事に、「最近はネット碁のおかげで地方の子供達のレベルが上がり活躍が目立ちます」と書いていたのを私は覚えています(´・ω・)

その他のネット関係

囲碁とは直接は関係ないですが、SNS等の情報発信手段の発展も無視できません。

最近はTwitterやLINEなどを囲碁の情報を発信するのに活用していますよね。Skypeなどの無料通話とネット碁を組み合わせた囲碁指導などもあります。

囲碁ブログもインターネット発達の恩恵のひとつでしょう。多くの囲碁ブログが多くの囲碁情報を発信していて、プロの先生が書かれているものもあります。

このブログを参考にしている読者さんも、まさに恩恵を受けているひとりです(´・ω・`)

ブログの方針と軽い自己紹介

↑初期に書いた記事なのですが、私がブログを始めたキッカケは、私と同じような満足に環境が整っていない人の為でした。

現在は地方の県代表がアマトップに勝つことは珍しくなくなりました。強くなろうと思ったら強くなれる時代なのです。

囲碁AIによる更なる地域格差減少

現在流行の囲碁AIですが、私はネット碁登場以来の地域格差減少が期待できると考えております。

なにせ人類トップより強い存在が、いつでも対局・検討(勝率を示す)してくれるのですから。これを利用しない手はないでしょう。

私は県代表になれるようになった辺りから、自分の碁を手直ししてくれる人は身近にいなくなりました。そこで大会などで負けた碁は棋譜をとっておき、東京などに行った際にプロの先生に見てもらっていました。しかし年に数回程度の機会ですし、一度にたくさんの棋譜を見てもらうわけにもいきません。

そんな私の環境に対する不満を大きく改善してくれたのが囲碁AIでした。今では囲碁AIを十分に活用するため高性能PCを購入しました。(お金は結構吹っ飛びました)

主に負けた碁や序盤研究の解析に使っていますが、非常に勉強になります。自分の碁の限界を壊してくれると手ごたえを感じています(^^)

まだまだ囲碁AIを活用している人、しようと考えている人は多くはありませんが、若い人を中心にそういう人が増えてきていると感じています。早ければ数年以内に地方アマのさらなるレベルアップが起きるのではないでしょうか。

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ