囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「シマリの急所 小目の一間、大ゲイマジマリ編」~シマリを使いこなせ!!

即戦力になる名著

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイコミ出版、溝上知親

シマリの急所 小目の一間、大ゲイマジマリ編です。

「シマリの急所 小目の小ゲイマジマリ編」

↑の姉妹本になります。この記事に書いていますが、小目のシマリ周辺をしっかり勉強することは、県代表以上を目指すなら必須になります。

前作が小目の小ゲイマジマリに対し、本書は一間・大ゲイマジマリ周辺について詳しく解説しています。

一昔前までは小目からのシマリといえば、小ゲイマジマリがほとんどでした。その後一間・大ゲイマジマリが見直され、以前よりも多用されるようになりました。さらにで現在では囲碁AIの影響により、小ゲイマジマリの方があまり打たれなくなるという時代になりつつあります(゚Д゚;)

つまり本書の内容を勉強する価値が高まったといえるでしょう(笑)

本の内容

本書の構成は、

序章:一間ジマリと大ゲイマジマリの性質

第1章:一間ジマリー三々へのツケ

第2章:一間ジマリーノゾキ

第3章:一間ジマリー横ツケ

第4章:大ゲイマジマリー三々へのツケ

第5章:大ゲイマジマリーその他の手段

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170817013837p:plain

↑各シマリに対して白1と手を付けられた場合に対する応答(A~E)の解説をしています。

当然周囲の配石によって、どの手を選択するかが変わってきます。その辺も詳しく解説していますので、本書を熟読する事によって正しい判断力も養われるでしょう。

相当高度な内容!

平凡なアマ高段者レベルではなかなか使いこなすのも大変なくらい、高度な内容になります。

アマ強豪を目指す人は必携の書といえるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「呉清源のこの手ご用心[小目編]」~小目の新手・ハメ手に強くなる!

小目定石周辺の新手・ハメ手の解説集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは山海堂出版、呉清源

呉清源のこの手ご用心[小目編]です。

「呉清源のこの手ご用心[置碁編]」

・「呉清源のこの手ご用心[目外し・高目編]」

のシリーズになります。

囲碁を打つにあたって、小目は主役級の存在です。

そして小目からはいろいろなハサミがあり、極めて多くの定石があり、その定石の裏や構造に、思いがけぬ危ない変化が秘められているものです。

普段からの研究をしっかりしておかないと痛い目に遭う確率が高いのです(´・_・`)

本書では、小目の定石周辺の従来の型及び・ハメ手や新手などを詳しく解説しています。

本の内容

全104型と非常に量が多く、現在の棋書と比較しても内容の濃いものになっています。

問題図

f:id:kazutan0813:20170815131833p:plain

↑シンプルながら個性的な型を選出しました。

大きくあおる大ゲイマ」:プロも打つことのある奇妙な手です。頑張っている分薄くもあり変化も多いです。

鈴木憲章さんの珍手」:昔の関西棋院のプロが呉清源プロに打ったという手です。普通はよくない手ですが、どう対応しますか?

体当たり木谷流の一発」:これは木谷実プロが打ちだしたものになります。知っている人は少ないのではと思います。

大ゲイマからチキリの掛け」:ハザマが気になる形ですが、すぐに突くのはよくありません。

高段者向けの難易度

難しい定石も多数あり、アマ高段者向けの内容となっております。

しかし実戦で役立つ内容であり、定石通になりたい人は是非読んでみてください( ^ω^ )

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「ひと目の手筋」~簡単な手筋を反復練習

超基本手筋の問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイコミ出版、趙治勲ひと目の手筋です。

手筋と詰碁は、囲碁が上達するための車の車輪と言われています。

とはいえ、いきなり難しい問題を解こうとしても長続きしないでしょう。

まずは簡単な問題をしっかりとマスターすることが大事です。

本書は、最も基礎的な手筋の問題を集めています。やさしい問題を何度も繰り返し反復練習すれば、いつの間にか棋力がアップしている事でしょう(^^)/

本の内容

本書の構成は、

第一部

A:わかりやすいひと目の手筋

B:続わかりやすいひと目の手筋

第二部

A:ちょっとむずかしいひと目の手筋

B:続ちょっとむずかしいひと目の手筋

となっており、全167問が収録されています。

問題図

f:id:kazutan0813:20170814233310p:plain

↑黒番で種石を取る手があります。実戦では意外と気がつかない人も多いかもしれません。

f:id:kazutan0813:20170814233421p:plain

↑黒1が手筋で、白△は取られています。

f:id:kazutan0813:20170814233511p:plain

↑これも黒番で白を取る手があります。

有名な手筋ですね。

f:id:kazutan0813:20170814233559p:plain

↑黒1のワリコミがまさに手筋!「鶴の巣ごもり」という名前でよく知られている形です。

f:id:kazutan0813:20170814233701p:plain

↑白1以下、もがいても逃げられません(笑)

アマ初段を目指す級位者にオススメ

簡単な基本手筋ばかりで、逆に言えばこれらの手筋を知らないようではアマ有段にはなれません。

アマ初段を目標にしている級位者の方にオススメします(*^^)v

象棋力はアマ5級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「李昌鎬のヨセ 下」~終盤力養成に!

ヨセの地力をつけれる問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、マイコミ出版、李昌鎬

李昌鎬のヨセ 下です。

「李昌鎬のヨセ 上」

↑上巻の続きになります。

一局の碁を打つにあたって、とても悲しい負け方が李昌鎬プロにはあり、それは布石や中盤で、自分でも気づかないうちにじりじり押されていたり一本取られた時だそうです。その反面、ヨセで逆転負けした時はその原因がはっきりとわかるので、かえってスッキリするそうです。

私もほぼ同じ考えであり、答えか分かりにくい分野で失敗するのは苦痛です(笑)

ヨセは答えがしっかり出せるので、勉強すればそれだけ結果に反映されやすいと言えるでしょう。

本書ではヨセの手筋の問題を学ぶことができます。

本の内容

本書の構成は上巻の続きになる形で、

第4章:ダメヅマリ誘導作戦(全14題)

第5章:効果的な守り方(全50題)

第6章:セキ作り(全28題)

第7章:ハサミツケ(全17題)

第8章:効率良くヨセるオキ(全16題)

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170813231356p:plain

↑黒△が取られる形で、どう守るかという問題です。この形は実戦に頻出しますが、正しく打てるアマは有段の力ありでしょう。

f:id:kazutan0813:20170813231617p:plain

↑黒1のトビがこの際最も得なヨセの手筋です。

白aなら黒bでこれは黒地が意外とつきます。

f:id:kazutan0813:20170813231826p:plain

↑普通は白2・黒3で白は先手を取りますが、この後、黒aから白dまでが先手で打てるのが、黒1の効果です。

f:id:kazutan0813:20170813232036p:plain

↑黒1と素直(?)にツグ人が多いですが、後続手段が黒a・白bくらいで正解図に劣ります。

チリも積もれば山となる

上記の問題のようなヨセを間違うと数目損します。

そしてそれを何カ所もやらかしてしまうと、あっという間に損の合計が10目・20目となります。

上手相手に中盤大差で勝っていると思っている碁が、終わってみると負けているという現象は、ヨセの未熟さが一因です。

本書の対象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ