囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「攻め合いの達人」~攻め合いの手筋を極めろ!!

攻め合い特化の問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院出版、川本昇 著

攻め合いの達人です。

囲碁において、攻め合いは非常に緊張する瞬間です。

取るか取られるかで勝敗が決まることが多く、一手を争うようなギリギリの攻め合いはドキドキ感半端ないですね( ^ω^ )

攻め合いに勝つには接近戦を勝ち抜く腕力が必要です。

腕力とは先を見通す読みの力や、石の形に敏感に反応する感覚の力のことです。

本書では、攻め合いの達人になるために、攻め合いに特化した手筋の問題を揃えています。

このような棋書は非常に珍しく、ある特定の分野をピンポイントで鍛えるのに有効な方法と思われます。

本の内容

本書の構成は、

序章:達人心得の条

第1章:達人修行

第2章:達人免許皆伝

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170717181611p:plain

↑攻め合いの問題で、黒先です。

ひと目でわかる人は段の力ありでしょう。

f:id:kazutan0813:20170717181718p:plain

↑黒1を素直(?)にダメをつめると、白2でコウになってしまいます。

もう少し工夫ができるのです。

f:id:kazutan0813:20170717181803p:plain

↑正解手は黒1の眼持ちです。ちょっと盲点でしたか?

白2と攻め合いに来ても黒3で「眼アリ眼ナシ」で黒勝ちです。

攻め合いの分野を強化しよう

攻め合いが得意になるためには、読みの力だけではなく攻め合いに登場する手筋や正しい石の形を習熟することが重要です。

そのためには本書のような問題を繰り返し解いていく事が有力な手段になります。

本書を習熟すれば、少なくとも攻め合いの分野では高段以上の力を手にれることができるでしょう(*^^)v

私もアマ初段くらいの頃に本書を繰り返し読んで、攻め合いの力が随分つきましたので自信を持っておススメできます。

象棋力はアマ3級以上推奨です。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「李昌鎬のヨセ 上」~ヨセの手筋を習得できる!

ヨセの手筋の問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、マイコミ出版、李昌鎬

李昌鎬のヨセ 上です。

・「李昌鎬のヨセ 下」

あなたは、ヨセの手筋をどれほど習得していますか?

ヨセの手筋というと、一般的にはほとんど小ヨセの分野になります。

小ヨセ段階において、手筋を知らないと一カ所で2,3目は平気で損することになります。

そしてそれが何カ所も積み重なり、気づけば大差で勝っていた碁が逆転されているという事も珍しくないのがアマの碁です(;´・ω・)

ヨセの手筋は努力した分、確実に結果に現れてくれます。今まで勉強してこなかった人は勝ちたい・強くなりたいのなら絶対に勉強するべきです。

本書は、ヨセの名手である李昌鎬プロによるヨセの手筋問題集になります。

本の内容

本書の構成は、

第1章:捨て石作戦(全47題)

第2章:取られた石を利かす作戦(全48題)

第3章:ダメヅマリを誘導するオキ(全30題)

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170716184631p:plain

↑黒からどうヨセるかの問題です。

実戦で正解手を普通に打てる人はかなりの棋力の持ち主でしょう。

f:id:kazutan0813:20170716184919p:plain

↑黒1のキリコミが手筋です。白2と打つほかありませんから、黒5が先手で利きます。

f:id:kazutan0813:20170716185005p:plain

↑白2と打つと、黒1が成立して白損です。

f:id:kazutan0813:20170716185033p:plain

↑おそらくほとんどの方が、黒1を先手で打ってしまうのではないでしょうか。

これは黒aが利かないだけでなく、白地も一目増えており、正解図と比較して2目の損になります。

何度も繰り返し解こう

このような問題を数多く何度も繰り返し解くことで、ヨセの力がぐんぐんついてきます。

私もアマ3段くらいの頃に本書を読み込んだものです(^_^.)

ヨセが強くなれば、優勢な碁を勝ちきり劣勢な碁を逆転する力が手に入る事にもなりますので、やらない手はありませんね。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「風と刻(下)」~名作詰碁と戦時中の囲碁界

名作詰碁の宝庫

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは松籟社出版、橋本宇太郎風と刻(下)です。

「風と刻(上)」

「風と刻(中)」

のシリーズになります。

他シリーズ同様に、詰碁と橋本プロの人生記が主な内容になっております。

本書の人生記では、かの有名な「原爆下の本因坊戦」もあります。

本因坊戦第2局の最中で、三日間かけて行われた中の最終日(昭和20年8月6日)の様子です。

以下一部を引用

「前日までの手順を並べ始めたとたん、ピカッと光ってマグネシウムをたいたようになり、部屋が真っ白になった。

まずパッと光ってやがて広島市の上空に入道雲のようなものがムクムク持ち上がる。

それからしばらくして、ドーンという物音が部屋に突っ込んできて、ハッと気がついたら私は庭の芝生の上に突っ立っていた。どうやって外に出たかは全然覚えていない。

いそいで部屋に引き返すと、瀬越先生は床の間の畳の上に茫然と座り込み、岩本さんは碁盤の上にうつ伏せになっていた。

部屋の中は何もかもふっ飛び、鴨居は落ち、窓ガラスもふっ飛んでいる。」

その後、何とか碁は打ち終え、橋本プロの白番5目勝ちになりました。

「碁が終わったので、泊めていただいている瀬越先生のお宅へ帰ろうというので、津脇さん宅を出た時、ちょうど広島市内から帰ってくる人々に出会った。

まさにさんたんたる光景でとても見ているにしのびないお姿ばかりだ。ほとんどの人が黒こげである。」

文章は簡潔な書き方ですが、冷静に見るととんでもない場面ですね。

この前後も修羅場の連続で、当時は碁を打つことすら命がけでした。

現在のように安心して碁を打つ事ができる我々はとても恵まれていますね(´ω`)

本の内容

本書の構成は、

Ⅰ:死の部

Ⅱ:コウの部

Ⅲ:生きの部

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170715210322p:plain

↑黒先の詰碁です。実戦に登場してもおかしくないような形ですね。

f:id:kazutan0813:20170715210503p:plain

↑正解は黒1のホウリコミで、白2に黒3のコウでした。

f:id:kazutan0813:20170715210542p:plain

↑黒1(白2の一路下)に白2と取ってしまうと、黒3が好手で黒7まで白は死んでしまいます。

詰碁以外も楽しめる

詰碁はシンプルな形の問題が多く、アマが地力をつけるには有力な詰碁集です。

私は詰碁以上に人生記を読むのに力を入れていました(笑)

日本棋院と当時反対を押し切って独立した関西棋院との確執も必見です。

詰碁の対象棋力はアマ3段以上推奨ですが、人生記だけでも読む価値はあります。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「すぐに使える世界の最先端布石・定石」~序盤の最新戦法を使いこなせ!!

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、マイコミ出版、大矢浩一 著

すぐに使える世界の最先端布石・定石

です。

「アマの知らない最先端定石」

↑の続編も兼ねた棋書になります。

本書は布石と定石の両方の分野を取り上げており、カテゴリ分類に悩みましたがシステム布石の方にしておきます。

現在はシステム布石がプロアマ問わず大流行していますが、最新布石と最新定石は切っても切れない関係になっており、この二つの境界線が曖昧になっている傾向もあります。

時代に置いていかれないためにも、常日頃からの勉強が大事になっていますので、本書のような布石・定石の解説書は非常に価値が高くなっております。

本の内容

本書の構成は、

第1章:布石編

第2章:定石編・星の部

第3章:定石編・小目の部

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170714231744p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

如何にも流行りの最新布石といった感じですね。

システム布石の代表格みたいなものばかりですので、しっかりと学んでおきたいです。

f:id:kazutan0813:20170714231903p:plain

↑第2・3章から一部を選出しました。

中央図は初めて見た人も多いのではないでしょうか?

配石によっては単に三々に入るよりも有力らしく、変化図も莫大な難易度の高い手法になります。

囲碁はいろいろな手があるものですね(^_^;)

序盤の知識を増やせる

序盤で役立つ知識を増やすのにピッタリな内容です。

このような知識の積み重ねも、棋力の一つですからね。

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ