囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「韓国の新しい試み (下)」~新手新型を試そう!

知らないと損する

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 東京創元社【出版】、梁宰豪【著】

「韓国の新しい試み (下)」です。

「韓国の新しい試み (上)」

前作の続きになります。

本書は「新定石・裏定石」カテゴリ-に分類していますが、中国流・小林流・三連星などのシステム布石の戦法も実は掲載しています。この辺の区別が難しいのですよね(^_^;)

序盤戦でいきなり不利にならないためにはこのような棋書をガンガン読んで知識として蓄えないといけません。この作業が楽しいと感じる人はどんどん勉強してください!

そうでない人は途中で投げ出さない程度に、地道にコツコツやるしかないです(´・ω・)

本書では世界の新手新型を解説しています。

本の内容

第1部:韓国の新手新型(承前)

第2部:他国の新手新型

問題図

f:id:kazutan0813:20180220232500p:plain

第1部_第29型:林流の変化のひとつですね。小林流愛用者はしっかりと身に付けたい型です。

第1部_第31型:白2と下がる手は、黒3(!)という強手が発見され打たれなくなりました。

第2部_第5型:序盤早々に2線に打つのは違和感を覚える人もいるでしょう。意外と有力です。

第2部_第6型:このタイミングで黒1のコスミツケは、あまり打たれない手といったところですか。白の方が注意が必要です。

勝率アップが狙える

アマの碁でもよく出てくる布石・定石から派生する型ばかりです。本書の内容をしっかりと理解できたら、いままでよりもさらに勝率を上げる事ができるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

「強くなる序盤の形 下」~明るい序盤感覚を会得!

序盤の問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、東京創元社【出版】、徐奉洙【著】

強くなる序盤の形 下です。

「強くなる序盤の形 上」

前作に続く序盤の棋書です。

よく出現する序盤の局面を問題として出題しています。

アマの方には「そういう本を勉強しても、全く同じ局面にならない限り役に立たないのでは?」と質問されたことがあります。詰碁についても同じ疑問を持っている人も多いはずです(;´・ω・)

実際はかなり役に立ちます。問題図とまったく同じ局面に実際遭遇することはあまりないのですが、考え方が応用できます。似たような局面というのはかなり遭遇しますからね。

本書も実戦に応用できる問題が数多くあります。

本の内容

第3章:実戦 次の一手

問題図

f:id:kazutan0813:20180205234757p:plain

1図

黒番の問題ですが、A~Dのどこに打ちますか?構想力が試されるような問題です。

f:id:kazutan0813:20180205234902p:plain

2図

黒1が正解で黒3と上辺から中央にかけての模様で勝負します。

黒1自体は目に見える実利がないので、なかなか打てない人も多いでしょう。

私もそうでしたから。このような手が打てるようになるというのは相当な棋力の持ち主でしょう。

f:id:kazutan0813:20180205235101p:plain

3図

黒1は部分的には大きい手ですが、白2と先に安定されるとコミの負担が大きくなりそうなゆっくりとした碁形になります。

f:id:kazutan0813:20180205235224p:plain

4図

黒1は同じオサエでも3図に大きく劣ります。やはり白2と安定されます。黒3に白4とガッチリ守って、やはり全局的に黒の厚みが働きにくい形です。

感覚力を鍛えられる

序盤戦での優れた感覚を養成するのに、ピッタリな問題が多いです。

複雑な局面は少なく、級位者の方でも読みやすいと思います。

何度も繰り返し解いて身体に染み込ませてしまいましょう(*^^)v

象棋力はアマ5級以上推奨です。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「ヨセ 手筋と計算」~初めてヨセを勉強する人に

ヨセの基本問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 日本棋院【出版】、加納嘉徳【著】

ヨセ 手筋と計算です。

ヨセを勉強すると急激に棋力が伸びることがあります。

一手の価値を正しく把握できることは終盤が強くなるだけでなく、序中盤にも好影響を与えると私は考えています。

私がアマ初段くらいの時にヨセを熱心に勉強した時は、碁の考え方そのものまで大きく変わりました。それに伴って棋力も伸びていった思い出があります( ^ω^ )

本書ではヨセの基本を一通り学ぶことができます。

本の内容

第1章:相談碁から

第2章:ヨセの計算法

第3章:ヨセの手筋

第4章:練習問題

第5章:実戦におけるヨセ

問題図

f:id:kazutan0813:20180109164821p:plain

1図

実戦によく出る形ですが、Aと打つ手は何目か知っていますか?

f:id:kazutan0813:20180109164939p:plain

2図

黒1と打てば双方の地はゼロですね。

f:id:kazutan0813:20180109165019p:plain

3図

白1と取った場合にはたして何目につくのかという計算がやや難しいのです。

まず白は黒2子をアゲハマとして獲得しています。まずこれが2目ですね。

そして本図はまだヨセが終了していません。

f:id:kazutan0813:20180109165224p:plain

4図

黒1と取り返せば白地はゼロで黒地はアゲハマ1子あって1目です。

f:id:kazutan0813:20180109165426p:plain

5図

黒がここを打たずに白が1と打った場合は白地が1目で黒地はゼロです。

したがって4図と5図の権利と機会を折半した場合、中をとっても白も黒もゼロということができます。つまり3図の盤上における白地っぽい空間は実はゼロで、正味の白地は2目のみです。

結論としては2図と3図の差は2目であり、1図のAと打つ手は後手2目です。

初めてのヨセの勉強にオススメ

ヨセの計算方法から手筋、実戦問題などヨセの総合問題集として重宝します。

初めてヨセの勉強をする人にはオススメの一冊です。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「強くなる序盤の形 上」~序盤感覚を養おう!

序盤感覚問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 東京創元社【出版】、徐奉洙【著】

強くなる序盤の形 上です。

「強くなる序盤の形 下」

囲碁というゲームにおいて、序盤はもっとも自由度の高い分野です。

その人の「棋風」が最もはっきりと可視化できるのも序盤でしょう。

序盤戦をうまく乗り切れば、中盤戦が楽になります。逆に序盤戦で遅れてしまうとその後が苦しくなり、なんとか逆転できても非常に疲れる碁になります(笑)

アマでも棋力が上がるほどお互いヨセの力の差がなくなりますので、序盤で悪くなると命取りになりかねません。

序盤を強くなるための有力な勉強法のひとつは、実戦によく出来る序盤の形を徹底的に研究することです。

本書では、そのような問題を多く収録しています。

本の内容

第1章:基礎 必須理論

第2章:基礎戦術

第3章:実戦 次の一手

問題図

f:id:kazutan0813:20180107190608p:plain

↑黒1とカカられた場面です。白2のハサミをノータイムで打てるようになりたいですね。この手は「ハサミ+白△の安定」と二重の効果があります。

こういう手は効率がいいのです。ちなみに白A・Bはよくなりません。

f:id:kazutan0813:20180107191157p:plain

↑白2とケイマに受けるのは部分的には普通の手ですね。しかし黒3と打つ手が「自身の安定+白△への攻め」になってしまいます。前図とは逆に黒に効率のいい手を打たれています。

f:id:kazutan0813:20180107191439p:plain

↑白△を打った場面です。次に白が上辺に打つと一気に白模様が広がります。

そこであらかじめ黒は白の厚みを牽制しておきたいところです。

その場合は黒1のオオゲイマが好手な場合が多いです。白に打ち込まれる隙が無い範囲で最大限白の厚みを消しているイメージでしょうか。

一路右の小ゲイマは遠慮し過ぎで、AやBは白からの打ち込みが生じますので得になりません。

f:id:kazutan0813:20180107192045p:plain

↑黒1まで進めるのはやり過ぎです。「厚みに近寄るな」の格言を無視しています。

白2から反撃され黒3と二間ビラキしても、すぐ近くに白の厚みがあり猛攻を受けてることになります。

序盤を得意分野に

実戦に頻出する布石を問題にしており、何度も繰り返し解くことで序盤感覚が磨かれるでしょう(*^^)v

上記で紹介した「一石二鳥の好手」や「厚みの消し方」の他にも応用の利くテクニックがたくさんあります。

象棋力はアマ5級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ