囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「ヨセのテクニック」~ヨセを鍛えて勝率アップ!!

ヨセの総合問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院【出版】、石田芳夫【著】

ヨセのテクニック(別冊囲碁クラブNo.20)です。

ヨセが強くなるとどうなると思いますか?「終盤が強くなるんでしょ」と答えが返ってくるかもしれません。確かにその通りなのですが実は序盤と中盤にも影響が出てきます。

これはヨセが正確になることによって、一局の設計が立てやすくなるからだと思います。中盤に無理な手を打たずとも勝てるというのもひとつの要因かもしれません。私自身、ヨセの勉強を頑張ることによって碁の考え方そのものまで変わった経験があります。

「ヨセが強い人が本当に碁が強い」という言葉はかなり真理をついているのではないでしょうか。

本書は様々なヨセの問題を収録しています。

本の内容

第1章:ヨセの基本と考え方

第2章:やさしい計算のテクニック

第3章:ヨセの手筋

第4章:正しいヨセ、そんなヨセ

第5章:目で覚える「この形何目?」

問題図

f:id:kazutan0813:20180324225843p:plain

↑白Aと黒Bどちらが打つかの差はとても大きいです。では具体的に何目でしょうか。

f:id:kazutan0813:20180324230007p:plain

↑黒から打つと白8までが相場です。

f:id:kazutan0813:20180324230220p:plain

↑白から打った場合は黒2までが相場です。黒2を打たないと白aの手が生じますから・・・。二つの図の差を比較すると×印の10目の差があります。

つまり両先手10目と言うとんでもない大きさです。実戦で相手に打たれてしまったら碁に負ける覚悟が必要になるレベルです(^_^;)

精密なヨセを会得できる

細かい計算技術よりも「目で覚えるヨセの大きさ」を重視した内容です。本書を繰り返し読めばより精密なヨセを会得できるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「圧勝!序盤戦法」~変則布石でリードする!

見たことない変則布石の本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、マイナビ【出版】、宮本 直毅【著】

圧勝!序盤戦法です。

世の中にはたくさんのシステム布石があります。例えば「三連星」「中国流」「ミニ中国流」「小林流」などがそれに該当します。これらの布石はプロアマ全体に浸透しており現在でもよく打たれています。

それだけに自分も相手もしっかりと研究していることが多いのも特徴でしょう。

囲碁にはこれら有名布石とは違う「変則布石」というものが存在します。あまり広く知られていない打ち方ですので、相手が研究していないというメリットがありますが、運用方法が難しいのでプロもアマも打つ人が少ないのです。

本書ではそんな見たことのない変則布石を紹介しています。

本の内容

数多くの変則布石を収録しています。また秀策流と三連星についても取り上げています。

問題図

f:id:kazutan0813:20180324164844p:plain

↑本書にある変則布石をいくつか挙げてみましたが、恐らく見たことない人がほとんどだと思われます。

これらの布石に共通していることは「地は忘れて勢力と戦いの碁にする」ことでしょう。こういう布石は途中から地を気にすると大抵負けます(笑)

変則布石を打つメリットのひとつとして、戦いの力がつきやすいのというのがあるかもしれません。

自分で研究する事が求められる

収録されてる変則布石自体は非常に面白いもので自分も打ってみたいのですが、紙面上の都合か解説部分に不満がありました。

具体的にいうと、黒(変則布石を打つ側)に都合のいい図が多すぎると思ったのです。ですので詳細に研究しようと思っていたら肩透かしを食らうかもしれません。

本書の変則布石を実戦で使うには、自分で研究していく必要があると言えるでしょう(´・ω・`)

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価C(´-`)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「はめ手・はまらぬ手」~ハメ手を理解しよう!

古いハメ手本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、成美堂出版【出版】、安永一【著】

はめ手・はまらぬ手です。

囲碁のアマ棋士の安永一氏をご存知でしょうか?

アマ4強(菊池・村上・平田・原田)の時代よりさらに前のアマトップの方です。

当時のプロと互先で互角に渡り合うなど実力は優にプロ級だったとのこと。

本書はそんな超古豪の人が書いたハメ手の棋書になります。

当然棋書としては相当古い部類ですが、内容は現在でも出てくるハメ手が多かったです。

本の内容

第1章:はめ手分類

第2章:星を中心として

第3章:星・一間トビ

第4章:ツケノビ定石

第5章:星への両ガカリ

第6章:打ち込みとサバキ

第7章:小目対目はずし

第8章:ハサミ

第9章:小目対高目

問題図

f:id:kazutan0813:20180401001509p:plain

第3章テーマ図:白1は置碁で上手が多用する手法ですね。慌てず対応できますか?

第6章テーマ図:これも置碁によく出てきそうな形。この後の戦いが非常に重要です。

第8章テーマ図:白1を打ってから白3と大斜定石を仕掛けるのは、如何にもハメ手臭いですね(^_^;)

第9章テーマ図:二間高ガカリの超難解型です。

正しく対応できるようになる

本書の内容を理解すれば、ハメ手に対して正しく対応できるようになるでしょう(*^^)v

また定石の裏側を知ることで、より定石に対して理解が深まる効果も期待できます。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「小目一間ガカリの周辺」~小目一間ガカリのエキスパートになろう!

小目一間ガカリの専門書

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、東京創元社【出版】、劉昌赫【著】

小目一間ガカリの周辺です。

一昔前まで小目の石にはケイマガカリが主流でした。その後、一間ガカリが出てきてオオゲイマガカリや二間高ガカリなども登場してきました。

特に最近の碁は一間高ガカリの登場頻度が高く、体感的にはケイマガカリと同等以上です。それに伴い一間高ガカリの新手・新型が数多く生まれ、プロアマ問わず流行しています。

中には研究していないと潰されてしまうような変化もあり、普段の研究の重要性がますます高まってきていると言えるでしょう。

本書は一間高ガカリの周辺の定石や布石を数多く集め、解説されています。

本の内容

全23型の新手・新型を収録しています。個々の解説がとても質が高いです。

問題図

f:id:kazutan0813:20180324161328p:plain

第1~12型:ご存知ツケヒキ定石と白2でDとうつナダレ定石について解説しています。白2のあとCとBと打つ定石や黒3でAと打つ旧定石などもあります。

第13・14型:黒1の一間バサミに対して白Aや白Bは最近ではあまり見なくなりましたね。

第17・18型:黒の一間バサミには白1のツケが大多数ではないでしょうか。黒2・4もよくある定石でこのあと白A・Bなどが考えられます。

第20~23型:黒△と単にヒラク定石も相当流行りましたね。このあと白からはA~Dの応手が考えられ難解型になる恐れもあります。

非常に実戦的な内容

小目一間ガカリと言う分野に絞って非常に詳しい解説がされています。アマ高段以上を目指す人は読んでおいた方がいいと思います。私はネット碁で一番役に立ちました(笑)

象棋力はアマ5段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ