囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「定石の考え方」~既存定石にとらわれないで!!

既存定石をより深く理解できる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはユージン伝出版、呉清源定石の考え方です。

定石を一生懸命覚えても、思うように強くならない・相手が定石通りに打ってこないと嘆いた経験はありますか?

昔から「定石を覚えて、二目弱くなり」という格言があるように、生半可な定石習得は毒になります。

しかし定石の勉強は上達の為には有効な手段で、要は正しく・深く定石を理解する事が大事なのです(`・ω・´)

本書では、既存の定石を呉清源先生が深い所まで解説しております。

実戦に頻出する基本定石が主ですので、即戦力になると言えるでしょう。

本の内容

本書の構成は、

第1章:定石の使い方

第2章:悪い定石

第3章:定石の裏

第4章:定石後の心得

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170625222836p:plain

第1図:白1のコスミに対して皆さんはどう受けていますか?

もちろん配石によって打ち方が変わりますが、黒2のコスミは一番普通ですね。

黒aと打つのは、一線のハネツギを白に先手で打たれるから良くないというのが、一般の説です。

しかし下辺の白の構えに打ち込む余地がある場合も考慮すると、黒aと打つ方がいいと呉清源先生の説明が続きます。

第2図:この打ち方もメジャーでしょうか。より外に働いた打ち方で隅もほぼ黒地なのですが、白から手を付けられるとかなり厄介な形なのです。

f:id:kazutan0813:20170625223224p:plain

第3図:白1から手を付けられるとどうなるのか。白9と打った時に黒10が有名な筋で、黒16まで白はコウにもならず無条件死です。

ここまでは少し強いアマの方なら、知っている人も多いでしょう。

第4図:ところが白9・11のコウ粘りの手段があるのを知っているでしょうか。

コウを譲歩して黒12打ち、隅の白を活かしても黒の外勢が手厚く不満はないというのが一般の説ですが、周りの白がもっと強い場合は危険です。

f:id:kazutan0813:20170625223619p:plain

第5図:他にも白1・3と怪しい手が出てくるかもしれません。

結論から言うとこれは白無理なのですが、正しく対応できる人はかなり少ないでしょう。

第6図:黒1と打つと白4・6のコウ粘りが生じます。

第7図:ここでは黒1が成立し、以下きわどいながらも黒15まで耐えています。

一手一手が大事な手順です。覚えるの面倒くさいですね(笑)

定石を覚えて強くなろう

上記のように、今まで何となくで打ってきた型も詳しく見てみると相当奥が深いのです。

アマでも県代表クラスに近いレベルになると、このような知識の差がモノを言ってきます。

本書は基本定石を主に扱っているので、アマ3段くらいからを対象棋力とします。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「新・早わかり ヨセ小事典」~ヨセの手筋の勉強に

ヨセの基本手筋を網羅

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院出版、高木祥一 編集

新・早わかり ヨセ小事典です。

ヨセの一局に占める割合はどれほどだと思いますか?

本書のよると答えは5割以上、百数十手にもなるそうです。

一般的にアマチュアはヨセが苦手とされています。

自由で楽しい布石や、華やかな中盤の戦いに比べ、地味でしんどいイメージだからでしょうか。

しかしヨセが強い人は碁が強いという格言があるように、ヨセが弱い人は残念ながら真の強者にはなれません(;´・ω・)

序中盤はそれなりに打てる人が、ヨセに入った途端にいきなり崩れていく光景を何度も見たことがありますが、この人がもう少しヨセを勉強していれば・・・・と思うこともあります(笑)

本書では、ヨセの基本手筋を中心とした内容を学ぶことができます。

本の内容

本書の構成は

第1章:ヨセの種類と順序

第2章:ヨセの手段の余地ありなし

第3章:ヨセの基本的手筋

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170624222946p:plain

↑黒先のヨセの問題。どのようにヨセますか?

f:id:kazutan0813:20170624223744p:plain

↑実戦では黒1・3と先手でハネツギを打って満足する人が大多数かもしれません。

しかしもっと深く踏み込んだ手があります。

f:id:kazutan0813:20170624223848p:plain

↑黒1が白のダメヅマリを利用した手筋で、白6まで先手でかなりエグリました。

続いて黒aと打つ手は約5目の手ですので、他にそれ以上の手があればここは手抜きます。

f:id:kazutan0813:20170624224024p:plain

↑黒1に白2と打てば、黒3とハネ前図と同じ形に還元します。

これからヨセを勉強する人にオススメ

ヨセの基本的な手筋だけではなく、ヨセの考え方や目数も収録されていますのでこれから本格的にヨセを勉強する人にオススメです(*^^)v

今までヨセの勉強をしたことない人は、少し勉強しただけで碁に対する世界観が変わるかもしれません。

初段の力があれば十分活用できるはずです。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「風と刻(上)」~橋本宇太郎の詰碁&人生記

激選された詰碁と橋本宇太郎の人生記

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは松籟社出版、橋本宇太郎風と刻(上)です。

・「風と刻(中)」

・「風と刻(下)」

のシリーズになります。

詰碁の大家である橋本宇太郎プロによって、読売新聞欄を舞台に掲載されていた「橋本囲碁講座」12000回のうち第1回から第4000回までの中から270題の詰碁を激選して収録されたものが本書になります。

12000回連載とはすごいですね(;´・ω・)

橋本宇太郎プロは毎日詰碁を作るのが日課だったそうで、生涯で発表した詰碁数は約15000題ほどになるそうですΣ(゚Д゚)

また本書の特徴として、余白には70年を超える囲碁人生をたどる短文があり、これがとても面白いのです。

橋本先生の幼少期の話からプロになる時期の囲碁界での出来事や、戦時中、戦後の復興、関西棋院創設の秘話などが書かれています。

個人的には詰碁よりもこっちの方が楽しめました(笑)

本の内容

本書の構成は

Ⅰ:コウの部

Ⅱ:生きの部

Ⅲ:死の部

となっており、全270題です。

問題図

f:id:kazutan0813:20170623233450p:plain

↑黒先黒生きの問題です。

手拍子で打ちたくなる形ですが、はたして??

f:id:kazutan0813:20170623234711p:plain

↑黒1と切ってしまうと、白2が手筋で白4まで黒は死んでしまいます。

f:id:kazutan0813:20170623233258p:plain

↑というわけで、黒1が正解で黒3まで無事生きることができました。

割と簡単でしたね(^ω^)

基本を押さえた易しめの詰碁

全体的にそこまで難易度は高くなく、基本手筋を会得するのにピッタリな問題です。

270問という問題量の多さも評価高いですね(*^^)v

アマ3段以上の棋力を推奨します。

高段以上を目指す際には、是非読んで欲しい詰碁になります!

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「李昌鎬の最先端布石」~流行りの布石をマスターしよう!!

ミニ中国流&星の両ガカリを中心に解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイコミ出版、李昌鎬 ・成起昌 共著

李昌鎬の最先端布石です。

布石の常識は日々変化しています。不利とされていた手が見直され有力な手と変化したり、その逆もあります。

実戦で新手が登場した時に、対局者の片方だけがその手の対応方法を知らなかったとしたら、新手を研究している人に勝敗が傾く可能性が高くなります。

従ってプロやアマ強豪は新手の研究は疎かにしません。

本書では、ミニ中国流や星の両ガカリをテーマとした、最先端の布石を学ぶことができます。

本の内容

本書の構成は、

第1章:ミニ中国流

第2章:両ガカリ

第3章:その他の最先端布石

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170619214530p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

ミニ中国流やその派生形に対してかなり詳しく解説しています。

他の棋書では書いていない詳しい&マニアックな内容もありますので、ミニ中国流使いの方は必見です。

f:id:kazutan0813:20170619214653p:plain

↑各章から一部を選出しました。

星の両ガカリは使う人は多いにもかかわらず、詳しく研究している人は少ないです。

私も大会でそのような人に当たったことがありますが、そこで簡単にポイントを挙げることができました(^ω^)

第3章では、流行りの布石をいくつか扱っており非常に実戦的な内容になっています。

布石で有利になれる!

ミニ中国流について特に詳しく書いているのが特徴ですね。

システム布石を深く理解し正しく運用することは、布石で有利になれるということです。

逆にいつも布石でやられている人は、少し勉強すれば効果が出てくる分野ですのでこの機会に取り組んではどうでしょうか。

アマ5段以上を対象棋力とします。

評価(^ω^)


囲碁 ブログランキングへ