囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「世界の新手、新型3」~即戦力になる!!

即戦力になる型が多い

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院出版、李昌鎬

世界の新手、新型3です。

「世界の新手、新型1」

「世界の新手、新型2」

東洋囲碁や野狐など中韓人が多いネット碁は、序盤から相手が仕掛けてくることが多いです。

5、6段レベルでも、難解な布石や定石をバンバン打ってくるというのが私の経験談です。

それに対応できずにあっさりと負けてしまう事も少なくありませんでした(´;ω;`)

そんな時には私の場合は失敗した布石や定石を棋書で勉強するのですが、自分が知りたい事を解説している棋書にすぐに出会うわけでもないのですよね。

本シリーズはそんな私の知的欲求を結構満たしてくれた良書だと思っています。

中身を読んでみるとわかると思いますが、一つくらいは打たれたことのある型があるのではないのでしょうか。

私の場合は6、7割くらい見覚えのある型でした(笑)

しっかりと熟読して、序盤戦の知識をかなり増やすことができました(*^^)v

本の内容

第1型:手順変更

第2型:二線連絡

第3型:能率的な補強

第4型:勢力型定石

第5型:早足な二間

第6型:先制攻撃

第7型:常識を超越

第8型:早足なツメ

第9型:重複型を嫌う

第10型:攻めで弱点を補強

第11型:サバキを巡る攻防

第12型:強力な三々の守り

第13型:利かしの価値

第14型:ツケ定石以後

第15型:強力な切断

第16型:手順変更

第17型:切りを誘導

第18型:伸びの方向

第19型:モタレ戦法

第20型:変化を模索

第21型:能率的な守り

第22型:スピードを重視

第23型:上辺を重視する

第24型:愚形を拒否

問題図

 

f:id:kazutan0813:20170922234342p:plain

 ↑一部を選出しました。

第4型:一昔前に流行した布石ですが、黒2の後の攻防はプロの間ではかなり詳しく研究されています。

第8型:黒1に白Aなら無難ですが、次に黒Bくらいで右上の黒地が大きいのが不満。そこで白2と反発しましたが、この後黒Aと動き出された後の変化を学べます。

第11型:白6では白Aを期待しましたが、難しい変化になりました。早碁だとあっさり黒が間違えそう。

第22型:小林流の新型です。現在でもよく見る手法ですので覚えておきましょう。

序盤戦に自信を持てる

序盤でよく知らない打ち方をされ負けてしまう人は、本書のような棋書をしっかりと勉強すれば自信を持って序盤戦を戦えます。

早碁が多いネット碁での対局では特に事前の研究が効果的になりますよ。

象棋力はアマ5段以上です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「定石ハズレ徹底ガイド」~定石ハズレ対策に!!

定石ハズレの解説書

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのはマイコミ出版、大矢浩一 著

定石ハズレ徹底ガイドです。

相手が定石通りに打ってこなくて困った経験はありますか?

せっかく定石を覚えても相手がその通りに打ってくれるとは限りません。

しかもなぜかこっちが悪くなるというのまでお約束ですね(^_^;)

普通は定石からが外れる方が悪くなります。しかし、しっかりと咎めるためとにはかなりの棋力と知識が必要になります。

また稀に定石ハズレが有力な時もあります。

本書では、実戦でよく打たれる定石ハズレを徹底的に解説しており、定石のアフターサービスのような役割を果たしています。

本の内容

第1章:星の部

第2章:小目の部

問題図

f:id:kazutan0813:20170921231825p:plain

↑一部を選出しました。

第1章 テーマ2:コスミツケ一本で黒3のハサミは、通常は黒無理の打ち方です。どうやって咎めますか?
第1章 テーマ13:定石の途中ですが、黒1から無理やり切断してきました。この後の打ち方を知らなければ無理を通されます。
第2章 テーマ11:本書では定石ハズレ扱いですが、現在ではあのAlphaGoが打った手法として意外と有力という話です。定石を盲信するのもよくないという一例ですね。
第2章 テーマ16:黒2に白3と頑張るのは無理手です。

 定石ハズレはいつ現れてもおかしくない

相手の定石ハズレを的確に咎められるようになれば、アマでもかなり強い部類になります。

世の中、定石ハズレを打つアマはかなり多く(無自覚に打つ人も多し)碁会所などで力自慢の高段者と打つとかなりの確率で打たれます(笑)

定石ハズレの勉強をすることで序盤戦を自信を持って迎えられるようになるでしょう(*^^)v

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「三段合格の死活 150題」~死活力を強化できる!

基本死活が中心

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは日本棋院出版、酒井猛 著

三段合格の死活 150題です。

本書は、基礎体力をつけ初段の壁を乗り越えた方々の次の目標である、三段合格の為の死活本です。

この時期は碁が楽しくてならない時期であり、実力がメキメキついていく時期でもあります。

私もその時期はとても囲碁が楽しく無我夢中でやっていた記憶があります(´・ω・`)

もちろん今も囲碁は楽しいのですが、純粋に楽しんでいた(というのは語弊があるかも)のはアマ初段~4段くらいの時期でした。

話を戻して、この時期に大切になるのはスポーツと同じ日頃からの鍛錬です。

すなわち死活のトレーニングが筋肉強化に最もふさわしいのではないかと、本書の冒頭に書いています。

ここで本格的に死活の勉強をした人とそうでない人では、その後の棋力の伸びが別物になります。

幸い私は、死活の勉強をアマ初段ぐらいの時にしっかりとやっていたので、その後すぐに5段6段と強くなっていきました( ・´ー・`)

本の内容

序章:手のある形ない形

三段合格の死活150題

問題図

f:id:kazutan0813:20170920214026p:plain

↑辺の基本死活で超有名な形です。一線のハネ一本がこれまた重要な働きをします。

黒先で生きてください。

f:id:kazutan0813:20170920214134p:plain

↑黒1と「黒△のハネがある方を曲がる」が正解です。

白2と来た時に黒3が重要で続いて白4と打ちたくなりますが、黒5と打ちなんと白aに打てなく黒生きです。

f:id:kazutan0813:20170920214333p:plain

↑黒1に白2と即急所に来ましたら、黒3とフトコロを広げ白6までセキにしかなりません。

f:id:kazutan0813:20170920214509p:plain

↑黒1と逆を曲がってしまうのは白4で黒はあっさり死んでしまいます。

一線の黒のハネがまったく役に立っていないですね。

f:id:kazutan0813:20170920214618p:plain

↑黒1と素直に広げるのは白2で死形です。次に黒aは白bで五目ナカデ。

アマ高段を目指す為の死活力が培われる

死活の勉強では、基本的な形を繰り返し眺めて「この形は死に」、「あの形は生き」と身体で覚えこませることが強くなる条件です。

本書の死活を覚えるくらいやり込めば、三段合格はもちろん、5段、6段とアマ高段への道が開けていきます( ^ω^ )

世の中の平均的なアマ高段者は、本書の死活を身につけている人はあまりいないくらいなのですが(笑)

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「次の一手何目」~序盤中盤の一手の大きさがわかる

序盤中盤専門のヨセ本

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは棋苑図書出版、 石田芳夫次の一手何目です。

本書のはしがきより引用

一手の価値は序盤から終盤まで数量的に計算できるはずです。確かに終盤のヨセは次の一手は何目かを正確にはじき出すことができます。しかし、序盤から中盤までは相手と自分の配石状況によって一手の価値が大きく違うため、数量的に計算することが容易ではありません。にもかかわらず、ある程度までははじき出すことができます。

序盤や中盤の一手をある程度でいいので数字で見れるようになれば、自分が打とうとしている手の善悪が大体見えてきます。

この計算できなくても感覚的に次の一手何目がわかるのがプロです。

アマも少しでもその感覚に近づけるように頑張る事はとても重要です(`・ω・´)

本書はヨセ本の中でも、序盤中盤に特化した珍しいタイプになります。

本の内容

第1章:石田流計算法

第2章:序盤の一手何目

第3章:中盤の一手何目

第4章:石田流次の一手

問題図

f:id:kazutan0813:20170919230015p:plain

 ↑第1章の問題で、一昔前に流行した布石ですが、この局面では白1はほとんど絶対の一手でみんなここに打ちます。本書では白1は25目以上の価値があるとしています。

f:id:kazutan0813:20170919230144p:plain

 ↑ちなみに左辺の白1は甘めの20目程度の手だそうで、黒2との交換は「白が無条件にコミ分損した」という扱いです。

私も黒1の方が大きいと思いますが、私の場合は目数換算ではなく例えば「白1は左辺だけに効果があるが、黒2は右辺+下辺の黒△の勢力と合体し中央にまで効果が出ている」というイメージ(感覚)です。

こういう部分で損をしているとアマ高段以上ではなかなか勝てません(^_^;)

f:id:kazutan0813:20170919230643p:plain

↑これもよくある布石模様ですが、このような局面で黒1は本手で大きい手なのは大体の人が感覚的には理解していますよね?

では実際の価値はどのくらいかというと約20目の価値があるそうです。

黒1の手で増える地自体は精々数目がいいところ。

しかし黒1と打つことで、この一団を補強でき次にaやbを安心して狙う事ができたり、cという良い形の後続手段が発生し、下辺黒模様が大きくまとまる可能性が高まるなど、「今すぐは目に見えない利益」が出てくるのです。流石本手ですね(;´∀`)

このような手をしっかり打てるようになれば、かなりの棋力の持ち主といえるでしょう。

碁に明るくなる

このように序盤中盤の手の大きさの大筋の見当がつくようになれば、正確な形勢判断ができるようになり碁が明るくなるでしょう(*^^)v

アマ高段を目指すならこの分野の感覚はしっかりと備えておくべきです。

問題の難易度もそこまで高くなく、読みやすいと思います。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ