囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「ヒカルの碁勝利学」~強くなりたい人へ

囲碁上達のための指南書

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、集英社インターナショナル【出版】、石倉 昇【著】

ヒカルの碁勝利学です。

私が初段くらいの時、囲碁の勉強方法や上達方法などをテーマにした棋書を片っ端から読んでいました。

その時に学んだことはその後の上達に大いに役立ちましたし、現在他人に碁を指南する時に必要な知識の礎にもなっています。

やはりある程度正確な勉強方法や上達方法を習得した上で努力するほうが効率がいいのでしょうね。

本書は「ヒカルの碁」の内容を例に使いながら、勉強法や上達法を解説しています。

本の内容

第1章:私の囲碁人生ープロ棋士への道

第2章:勝負の世界とは

第3章:囲碁は右脳で打つ!

第4章:プロの技ー必勝法と上達法

第5章:囲碁の世界へようこそ

本書で私が特に印象に残ったのは「形勢が悪くなったら厚く打て」というものでした。

トップ棋士小林光一九段(名誉三冠)は「辛抱すればチャンスはやってくる」と言ったらしく、辛抱とは囲碁用語で厚く打つというものらしいのです。

こちらが「厚い」態度に出ると、面白いもので相手が動揺し、焦りから気負った手や欲張った手を打ってくることがあり、そこから間違えてくれるというケースが多いのです。

逆にカッカと熱くなってしまって無謀な戦いや短気な打ち方をしてはいけません。こちらが熱くなればなるほど、相手は落ち着いてくるものなのです。(皆さんも経験ありますよね?)

この他にも、逆に形勢のいい時の打ち方やスランプについての説明など、ためになることが多く書かれています。

碁の考え方を変える

上達の壁に阻まれている人に、特に読んでもらいたい一冊になります。碁に対する考え方を大きく変えるきっかけを作ってくれるでしょう。

象棋力は全棋力です。

評価S(`・ω・´)

  ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

【祝】300記事到達しました!!

300記事突破!!

記念すべき300記事到達という内容の記事なのですが、この記事は厳密には301記事目です(笑)

記念すべき100記事達成!!

【祝】200記事達成しました!!

ここ一年は更新ペースが初期に比べてかなり落ちています(´・ω・`)

紹介したい棋書が残り少なくなってきたことや、私が社会人になって学生の頃よりも時間に余裕がなくなったことが理由です。

そんな状態ですがこのブログを参考にしている方や楽しみにしている方からメッセージを頂くこともあります(*^_^*)本当にありがたいことです。

今後の方針

今後も更新ペースはあまり変わらないと思いますが、ポツポツやっていきます。

もう少しで棋書のストックが一旦切れるので、その後は上達方法や勉強方法などについて書いていこうと思っています。

最近流行のAIを用いた研究についても言及していきたいですね(^^)

やりたいことはまだまだあります!

今後ともよろしくお願いします(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

「囲碁・すぐに使える 斬新布石」~序盤で圧倒!!

勝てる有力布石

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、マイナビ【出版】、蘇 耀国【著】

囲碁・すぐに使える 斬新布石です。

システム布石の勉強の長所は、すぐに結果に繋がることです。詰碁や棋譜並べによる勉強は一日二日で結果は出てきませんが、システム布石なら覚えたその日から使えますからね(^^

システム布石といえば三連星・小林流・中国流・ミニ中などがまず有名どころですが、本書では普段あまりお目にかかれないような少し珍しい布石を取り上げています。

中には変則布石と呼ばれるものもあり、うまく使いこなせるようになれば碁敵をアッと言わせることができるかもしれません(笑)

本の内容

第1章:じっくり着実「ナラビ小目」

第2章:剛柔兼用の「向かい小目」

第3章:トラップ付き変則ジマリ

第4章:対称形が面白い

問題図

f:id:kazutan0813:20190104202116p:plain

 

第1章:日本最強の棋士である井山裕太九段(現五冠)が愛用していることでも有名なナラビ小目の布石です。この布石について解説している棋書は私の記憶にはなく、アマの間でも打たれることが非常に少ないと思われます。

とはいえ第一人者が打つ布石です。有力でないはずがなく試してみる価値は大いにあります。

第2章:向かい小目は一時期プロの間でよく打たれていたことがあります。私も愛用していた時期がありました。この布石についても意外と解説している棋書は少ないイメージです。

第3章:この変則ジマリは変則布石の中ではわりと有名(?)な型ではないでしょうか。本書では全体的な運用とは別に、右下の変則ジマリの周辺も詳しく解説しているのが印象に残りました。私も知らなかった対策方法が書いてあったのです(;・∀・)

 

f:id:kazutan0813:20190104202119p:plain第4章:この章では【1】武宮正樹の両コスミや【2】五の五布石の解説に加えて、一時期話題になった【3】ブラックホール布石についても少し触れています。

実戦的な手法が満載

斬新布石というタイトルではありますが、突拍子のない布石というわけでもなく、アマでも使いやすい実戦的な布石が多くあります。

解説も丁寧ですぐに実践投入できる即効性の高さも高評価です。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

「万波佳奈の囲碁上達ハンドブック」~上達のためのQ&A

 

質問形式で疑問に答える!

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、MYCOM【出版】、万波佳奈【著】

万波佳奈囲碁上達ハンドブックです。

囲碁上達法は碁打ちの永遠のテーマですね。私も棋力が低いころは「囲碁上達法」とかでよく検索していました(笑)県代表クラスのアマやプロの先生にも質問したことがあります。

幸いにも県代表になるまでは棋力が上がり、このようなブログを書くこともできるようになりました。

その影響かどうかわかりませんが、ここ最近囲碁上達法について質問されることが増えてきました。そして色んな質問をされているうちに、ある棋書を思い出しました。

それが本書になります。

本の内容

第1章:誰も教えてくれなかった質問

第2章:わかりやすい布石の考え方

第3章:わかりやすい定石の考え方

第4章:わかりやすい中盤の考え方

第5章:詰碁・手筋はむずかしくない

第6章:石の形と効率

本書は質問形式で囲碁上達法について著者が答えていきます。

質問の内容を一部抜粋すると

Q:一番の上達法はなんでしょうか。

Q:年齢別のおすすめ上達方法を教えてください。

Q:インターネットでは一日どのくらい打てば強くなりますか。

Q:棋譜並べは必要ですか?並べるときにはどうすればいいでしょう。

Q:パソコンで棋譜並べをしても効果はありますか。

Q:実戦と棋譜並べ、強くなるにはどちらを中心にしたらよいでしょうか。

Q:なかなか囲碁の勉強をする時間がありません。

Q:詰碁の勉強をプロはどのようにやっているのでしょうか。

実はこれ、私が質問される内容とほとんど同じようなものです(;´∀`)

本書は2006年発行ですので、なかなかに時代を先取りした棋書といえるかもしれません(笑)

隠れ良書

結構実戦的な質問に対して著者が簡明に回答しているのが高評価ですね。質問数もかなり多くあります。

囲碁上達をテーマにした棋書の中でも隠れ良書的ですね。

象棋力は全棋力です。

評価A(^ω^)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ