囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「新・早わかり 布石小事典」~布石の理論書

布石を体系的にまとめた棋書

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院【出版】、久保 秀夫【著】

新・早わかり 布石小事典です。

囲碁が強い人ほど布石に苦労し、自分の型を持っています。自分の型を持っているのは相当な強みになります。相撲と同じですね。

その布石ですが、手順を丸暗記しているだけでは使いこなせているとは言えません。それぞれの布石がもつストーリー(明快な理論)を知っていることが大事で、中盤への戦いが一気に有利になるのです。

本書では様々な型の布石を理路整然とまとめています。

本の内容

第1章:二連星

第2章:三連星

第3章:星と脇小目

第4章:星と対小目

第5章:中国流

第6章:違い小目

第7章:秀策流

第8章:向い小目

第9章:タスキ型

第10章:ケンカ小目

第11章:三々

第12章:高目・目ハズシ

第13章:特殊布石

問題図

f:id:kazutan0813:20180504225244p:plain

↑布石の名称としては見慣れないものがいくつかありますね。私もこれらの呼び方は知りませんでした(^_^;)

こういった名もなき布石まで丁寧にまとめてくれているのが、本書のような事典系の特徴です。

得意な型をみつけよう

これまで布石にあまり興味がなかった人、極端な例でいえば、隅に打つ、シマリやカカリやハサミがあって、辺へのヒラキに進むといった程度の原則的なことしか知らない人にとっては、本書は布石の基礎を学ぶのに最適な一冊になるでしょう(^^)v

自分の得意な型をみつけるためには、様々な布石のストーリー(明快な理論)を理解することがまず大事です。

象棋力はアマ5級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「怒涛の譜」~”殺し屋”加藤正夫の激選譜

棋士加藤正夫の打碁集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院【出版】、高木祥一 【著】

怒涛の譜です。

かつて木谷門下の石田芳夫武宮正樹とともに「木谷三羽烏」「黄金トリオ」と呼ばれ、囲碁界のトップに君臨していた加藤正夫九段。

通算獲得タイトル数47、名誉王座の称号に加えて、「1976~1990年まで14年間、7大タイトルのいずれかの座に着いていた」という大記録を持っていたそうです。

ただ、小林光一趙治勲と二人も時代の覇者がいたため、棋聖のタイトルだけは取れず、大三冠、グランドスラムは達成できませんでした。

棋風は厚い碁を打ち、読み・力が強いのでよく相手の大石を撲殺することから「殺し屋」というニックネームがつけらていました。更にヨセも上手く半目勝ちが多かった為、晩年には「ヨセの加藤」というニックネームもありました。攻守ともに優れた棋士です。

性格は温和で多くの棋士や関係者から慕われていたと聞きます。トップ棋士でありながら日本棋院理事に就任し、大改革を行ったのは棋院の赤字経営と若者の碁離れに危機感を持ったからという話も有名です。

57歳という若さで脳梗塞で亡くなったのも、理事としての多忙さと責務から来る心労ではないかと言われました。

本書は大棋士加藤正夫九段の打碁の中から200局を激選してまとめたものになります。

有名な一局

f:id:kazutan0813:20180603213613p:plain

↑有名な一局をひとつご紹介します。

第二期棋聖戦の第七局。相手は藤沢秀行棋聖

加藤黒番で199手目の黒1が敗着で2に打っていれば黒半目勝ち(棋聖獲得)でした。加藤九段が生涯で最も後悔したと記載されています。

結局白が半目勝ち、藤沢秀行棋聖棋が防衛しました。主催の読売新聞には「一億円の半目」という見出しが出て、現在でも語り継がれるほどになっています。

ちなみに棋聖の賞金額は現在4500万で棋戦最高額。一億円というのはこの賞金だけでなく、来年の棋聖戦に繋がることや、他棋戦でのシード権や序列、後援会からの御祝儀なども含めてだと思います。

棋譜並べにオススメ

加藤九段の碁は奇をてらった手はほとんどなく、形が綺麗で手厚いです。そのためアマの棋譜並べの教材としてもオススメできる内容です。

また棋譜が100手ごとに分割されており並べやすく、解説も丁寧なのも高評価です(^^)v

入手困難

本書は加藤九段が急逝した後に企画されてできた打碁集で、あまり数多く出回っていません。

現在では絶版になっており、定価が17143円(税別)なのに対して3万以上の値段がつけられています。場合によってはネット上で在庫がない時もありました。

入手の難易度がやはりネックになるのは、豪華本打碁集の宿命なのでしょう。

本書を並べる機会がありましたら、是非楽しんでください!

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価S(`・ω・´)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

「私の布石構想」~依田流の布石を学べる!

依田流の布石

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、誠文堂新光社【出版】、依田紀基【著】

私の布石構想です。

布石の考え方は人によって異なり、各人の棋風がもっとも反映される分野でもあります。

例えば黒番は先着の利点を生かして、戦いで主導権を取る打ち方や、地で先行する打ち方などがあります。

逆に白番では、作戦の立てようがなく、黒の作戦に付き合いながら遅れないように打ち進めるパターンがほとんどでしょう。

プロが目指す理想の布石は「地が多く、厚い」と本書に書いています。私もそんな布石を打てるようになれば最高です(笑)

本書では依田九段の実戦を教材として布石の打ち方や考え方を解説しています。

本の内容

第1章:黒番の布石

1.地が多く厚い布石

2.手堅く地を稼ぐ布石

3.三連星の布石Ⅰ

4.三連星の布石Ⅱ

5.地模様を拡大する布石

6.変則ジマリの布石

7.弱石をつくらない布石

8.白模様を破る布石Ⅰ

9.白模様を破る布石Ⅱ

10.戦って模様を消す布石

11.白模様を未然に防ぐ布石

12.実利で先行する布石

13.稼いで厚く打つ布石

14.地模様で先行する布石

15.左辺で戦う二連星の布石

16.中国流の布石

17.ミニ中国流の布石

第2章:白番の布石

1.中央を厚く打つ布石

2.大コウを誘う布石

3.黒の浮石を攻める布石

4.戦機をつかむ布石

5.地で先行する布石

6.大コウで模様を破る布石

7.戦いつつ地を稼ぐ布石

問題図

f:id:kazutan0813:20180504173333p:plain

↑白3の時にAとBどちらに打つかの正しい判断ができれば、アマ高段者の実力ありです。

f:id:kazutan0813:20180504173404p:plain

↑黒1と三々に受けるのは自身の根拠を確保する手で、部分的には普通の手です。しかし黒△があるこの場面では、黒は既に根拠を持っているので三々に受けるのは甘いのです。この感覚を理解するのはやや難しいですかね(^_^;)

f:id:kazutan0813:20180504210118p:plain

↑黒1のハサミがこの場面ではいいみたいです。定石通り黒9までなれば、黒△が右上の厚みと呼応しているのがわかりますね。

プロの布石感覚を会得できる

依田九段はプロの中でも特に大局観に優れた打ち手と言われています。

「新版 基本布石事典【上巻】」

「新版 基本布石事典【下巻】」

の著者になっていることからも、布石が非常に得意な棋士といえます。

本書は依田九段の実戦譜を使った構成になっていますので、「序盤だけの棋譜並べ」を詳しい解説付きでできます。プロの布石感覚を会得するにはとても有力な良書でしょう(^_^)/

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

 ↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

「囲碁年鑑」~棋譜並べに最適!!

囲碁界の一年間総まとめ

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院【出版】、

囲碁年鑑です。

別名で月刊碁ワールド臨時増刊号とも呼びます。

棋譜並べをする時にどの棋譜を並べるかという悩みを持つことは、このブログを見るような囲碁が強くなりたい人なら一度はあるはずです(´・ω・)

自分が好きな棋士がいる人なら問題ないのですが、そうでない人は困りますよね。

また同じ棋士ばっかり並べるのもキツイですし、勉強が偏ってしまう嫌いもあります。

そのような時は、私はこの囲碁年鑑をオススメしています。

理由はいくつかありまして、

・簡単な解説つき

棋譜の収録数が多い

・たくさんの日本のトッププロの碁を見れる

・プロの主要棋戦の本戦以上を網羅。

・アマの棋戦も掲載

・海外棋戦の決勝戦クラスも掲載

などです。特に簡単な解説があるのと収録数の多さは魅力的ですね。

ただ基本的に総譜での表示となっていますので、慣れるまでは並べるのが大変だと思います(;´∀`)

囲碁年鑑は毎年5月中旬頃に発売されます。棋譜並べをしたい人は是非並べてみてください(^_^)/

現在でも私は並べまくっています。近年はプロの対局にAIの手法がどんどん出現してきているので、いろいろ面白くなってきています!

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ