読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

東洋囲碁8~9段、幽玄の間8段で打っています。囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「実戦でできる打ち込み、荒らしの手筋」~荒らしの手筋が満載!!

荒らしの力を養成できる問題が盛りだくさん

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、株式会社ユーキャン出版、小林覚 監修

実戦でできる打ち込み、荒らしの手筋

です。

囲碁で、相手が地だと思っている構えにドカンと打ち込み、うまく荒らせたときはとても気分がいいですね。しかし、一歩間違えると打ち込んだ石を攻められ、一気に形勢を損なう恐れもあります。

打ち込む時に大事なのは気合いではなく、「読みの力」と「手筋に対する嗅覚」、「必要な知識」です。

本書の問題を解いて荒らしのテクニックを身につければ、打ち込むのが怖いと思っていた人も、自信を持って打ち込み、荒らしの仕掛けができるようになるでしょう(*^^)v

本の内容

本書の構成は、

第1章:星からの構えを荒らす手筋

第2章:小目からの構えを荒らす手筋

第3章:定石・常型後の荒らしの手筋

第4章:弱点をつく荒らしの手筋

第5章:打ち込み後の狙いの手筋

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170520210304p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

星の荒らし方のテクニックですが、これらの手はほとんど定石化されています。知らないとそれだけで損する可能性があるのです(;´・ω・)

f:id:kazutan0813:20170520211935p:plain

↑第2章から一部を選出しました。

こちらは小目の荒らし方のテクニックですね。

小目周辺の変化を熟知している人は相当な棋力と言っても過言でないでしょう。

f:id:kazutan0813:20170520210456p:plain

↑第3章から一部を選出しました。

基本定石後の荒らし方のテクニックです。定石後の変化もしっかりと理解して初めて、その定石を理解したと言えます。

f:id:kazutan0813:20170520210503p:plain↑第4章から一部を選出しました。

どれもいやらしい手ですが、すべて本筋の手なのです。

逆にこういう手を、相手に打たれないような石の形に持っていくのが、強い人です。

f:id:kazutan0813:20170520210515p:plain

↑第5章から一部を選出しました。

相手の構えに打ち込んだ後の手筋です。これらも、「知ってる」というのが大事なので、知らなかった人は是非覚えておきましょう。

荒らしの定石集

本書は荒らしの際の定石集とも言えるような、実戦に頻出する荒らしのテクニックばかりを収録しています。

何度も繰り返し解き、荒らしの感覚と知識の両面で身につけていけば、棋力上昇に大いに役立つでしょう(/・ω・)/

私も6段くらいの時に本書を読んで、荒らす力が大幅にアップしたのを覚えています(笑)

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「詰碁・奥の細道」~強くなりたきゃ詰碁しろ!

中級レベルの詰碁

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、棋苑図書出版、橋本宇太郎

詰碁・奥の細道です。

「詰碁だけを勉強しても碁が強くならないことはたしかであります。しかし、同時に詰碁をしっかり勉強することが碁の上達する一つの方法、しかも有力な方法であることもまちがいのないところであります。」

上記は橋本宇太郎プロの文です。

詰碁は単に石の死活の研究だけを目的にしたものではなく、形・筋・手順・駄目の重要さ、そういう石と石の競り合った場合に必要ないろいろな技法の修練が真の目的なのです。

戦いになった途端に急に碁が崩れるという人は、詰碁をしっかりとやりましょう(*^^)v

きっと新しい世界が見えてくるはずです。

本書は、

「詰碁歳時記」

「詰碁・五十三次」

・詰碁中仙道

のシリーズ作になります。

本の内容

全180問の詰碁が収められています。

また、詰碁の題名には松尾芭蕉の通ったところ、見たところ、それらを使っています。

問題図

f:id:kazutan0813:20170518214043p:plain

↑黒先生きです。スッキリとした形の詰碁ですね。

f:id:kazutan0813:20170518214114p:plain

↑黒1が手筋で、まずはこれを導き出すのが大事です。白2なら黒7まで一本道で生きです。

途中、白2で3なら黒2に切って生きます。確認してみてください。

f:id:kazutan0813:20170518214330p:plain

↑正解の図が見えても、黒1は白2と裏切られて、白8まで生きることができません。

f:id:kazutan0813:20170518214402p:plain

↑黒先生きの問題。手順が大切です。

f:id:kazutan0813:20170518214436p:plain

↑正解は、まず黒1と広げ白4まで交換した後に黒5の放り込みです。

初手で黒5は生きることができません。研究してみてください。

f:id:kazutan0813:20170518214524p:plain

↑続いて、白1に黒2でオシツブシの筋で生きます。この筋をまず発見できれば8割解けたようなものですね。

良問揃いの名著

他のシリーズ同様に本書も、良問揃いの名著になります。問題数も多く、欠点を敢えて挙げるとすれば、解説が少ない事ぐらいかもしれません。

もっともアマ高段を目指す為には、本書レベルの詰碁は自力で研究できるくらいにはならないといけませんが(笑)

象棋力はアマ高段を目指す、有段者とします。

評価S(`・ω・´)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「井山、黄の定石研究」~最新定石を詳細に学べる!

最新定石を詳しく解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、日本棋院出版、井山裕太・黄 翊祖 著
井山、黄の定石研究です。

定石は常に変化しています。従来互角のワカレで定石に分類されていた型が、いつのまにか、「実は互角でなくて一方が有利だった。」となり廃れていることも少なくありません。

アマでも県代表に近いレベルなら、新定石の研究は必要不可欠になるでしょう。

本書は、2007年から2008年の週刊碁で掲載した「イソと井山の最新定石ファイル」を加筆、修正してまとめたものになります。

中国韓国発から日本発、さらには従来の発展形まで様々なテーマを井山裕太・黄 翊祖 両プロが若き知性をぶつけ合って、明快に断を下しています(^^)v

本の内容

本書の構成は、

第1章:小目 高ガカリ

第2章:小目 小ゲイマガカリ

第3章:星

第4章:目ハズシ、高目、中国流

となっております。

問題図

f:id:kazutan0813:20170514231357p:plain

↑第1章から一部を選出しました。

準難解定石とも呼べるような型です。基本形だけのうろ覚えでは痛い目に遭うかも・・・。

f:id:kazutan0813:20170514231523p:plain

↑第2章から一部を選出しました。

どれも有力で覚えておきたいものばかりです。

f:id:kazutan0813:20170514231633p:plain

↑第3章から一部を選出しました。

星の分野はアマの対局にも頻出する型が多いです。アマ上位レベルではこのような知識がないと序盤戦で持っていかれます。

f:id:kazutan0813:20170514231806p:plain

 ↑第4章から一部を選出しました。

見慣れないかもしれませんが、これらもすべて有力な手法なのです。

プロレベルの内容

普通の定石書にはないような高レベルの内容です。対象棋力はアマ高段以上としますが、並のアマ高段者では歯が立たないでしょう(;´・ω・)

県代表を狙おうとしている人には是非読んでみてもらいたいですね。

評価(´・ω・`)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

囲碁上達法~初・二段編(後編)

基本定石の正しい運用とハメ手対策

囲碁上達法~初・二段編(前編)

囲碁上達法~初・二段編(中編)

↑中編の続きになります。

囲碁の上達において、定石の正しい運用をできるようになる事は必要不可欠です。

アマ有段者ともなれば、難解定石はともかく、基本定石の正しい運用は習得していないといけないでしょう。

基本定石の正しい運用例

f:id:kazutan0813:20170513110301p:plain

 ↑右下はお馴染みの基本定石です。もちろん部分的には黒白双方互角のワカレになります。

しかし、この場合は右上の黒のシマリの発展性を消される形になっており、一般的には黒が不満と言われています。部分的には互角でも全局的にはそうでないという例です。

f:id:kazutan0813:20170513110626p:plain

 ↑この局面では右上に黒のシマリがあるので、右辺の価値が大きいのです。白1に対して黒2(他にA~Eまである)などと右辺を黒が占めるために、ハサむ定石を選択するのは有力でしょう。白11となれば、右上の黒のシマリが働いている事がわかりますね(^^)v

f:id:kazutan0813:20170513110820p:plain

↑最近の碁では、いったん黒2と受けて、白3とすべってきた瞬間に黒4とハサむ定石の方が多いです。これも有力な定石選択で一局の碁でしょう。「右辺を大事にする」という基本方針が正しければ、問題ないのです。

f:id:kazutan0813:20170513111107p:plain

↑どちらも基本定石ですが、配石によっては打ってはいけない時があります。

f:id:kazutan0813:20170513113102p:plain

↑三連星の時に黒4からおさえる定石は一般的には「正しくない選択」と言われています。(強い人でも敢えて打つ人もいますが、あまりオススメしません。)白11と進出されると、黒Aが中途半端な位置になってしまうからです。

囲碁は前に打った手の顏を立てないと、すぐに形勢が悪くなります。

f:id:kazutan0813:20170513113332p:plain

↑この場合は、黒4から抑える定石の方を選ぶのが正しい定石運用です。黒8まで作った壁と、黒Aが連動していますね(/・ω・)/

f:id:kazutan0813:20170513113528p:plain

↑ちなみにこのような配石ですと、右上の定石は不適切で、白9と絶好点に打たれて大甘です。つまり、右上の定石は白9あたりに黒石があることが前提なのです。

ハメ手を学ぼう

ハメ手の勉強は優先順位は高くはないですが、余裕があるならやっておきましょう。

別にあなたに「ハメ手使い」になれと言っているわけではありませんよ(笑)

ハメ手を勉強する主なメリットは、

1:相手がハメ手を使ってきたときに正しく対処できる。

2:ハメ手は手筋の宝庫であり、手筋習得に繋がる。

3:ハメ手に精通すると、無理手や俗手に敏感になり、碁の精度が高まる

4:自分の碁に自信が出てくる

などが挙げられます。

勉強方法

基本定石の正しい運用を身につけるための勉強法は、

1:序盤感覚の問題集を解く。

2:プロの棋譜を並べる

3::上手に自分の打碁を検討してもらう。

がオススメです。

棋書カテゴリ「序盤感覚」の早見表 

序盤感覚の問題集は正しい定石の運用を題材として問題が非常に多いです。一番手軽にできる勉強でないでしょうか。

ハメ手の勉強は、世の中にたくさん棋書が出回っていますので読んでください(´・ω・`)

棋書カテゴリ「ハメ手」の早見表 

以上、「囲碁上達法~初・二段編」でした。

基本的にこのシリーズでは「1人でする勉強」を主に扱っていますが、「実戦対局」や「上手に教わる」なども必要不可欠ですので、注意してくださいね。

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ