囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「打ち込みとエグリ」~打ち込みのテクニックを学ぼう!!

打ち込みとエグリを解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 棋苑図書【出版】、李昌鎬【著】

打ち込みとエグリです。

一局の中で、打ち込みやエグリが出てきた局面は、一手間違うと形勢を大きく損ねる恐れがあります。

特に力が弱い人は打ち込まれると急に崩れていく人も多いでしょう。私も打ち込まれるのは今も昔も大っ嫌いです(笑)

また中盤の決め手にもなる事も多いです。それだけに普段からこの分野についてしっかりと研究しておくことは非常に重要です。

本書では打ち込みやエグリについて詳しく解説しています。

本の内容

第1章:打ち込みの攻防

第2章:エグリの攻防

問題図

f:id:kazutan0813:20171217174539p:plain

↑白△の打ち込みに対して黒△は現在でも打ってくる人はいます。

しかしこのような配石では白1から白3(!)という妙手が有力です。

次に白AとBを見合いにしています。

この手は李昌鎬九段が発見しました。それ以降黒△はほとんど打たれなくなりました。

とはいえアマで白1・3を打てる人がどれだけいるか・・・。「知っている」というのは強い武器ですね!

f:id:kazutan0813:20171217174837p:plain

↑基本定石のその後の攻防ですが、黒1は知っていても黒3は見たことない人も多いのでは?かなり有力な手段です。

すぐに使える手が多い

実戦的ですぐにでも使えるような手が多いです。打ち込みやエグリを巡る攻防はヨミだけでなく、知識面による所も大きいですので、本書は即効性が高いと言えます。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m

 
囲碁 ブログランキングへ

天頂の囲碁7の使い方!!

プロ級の囲碁ソフト!!

天頂の囲碁7を購入しました!

そこで今回は天頂の囲碁7の主な使い方について記事にしました。

・天頂の囲碁7発売決定!!

 

f:id:kazutan0813:20171216163454p:plain

↑天頂の囲碁7を開くとこのような画面が出ます。

対局方法

対局方法についての説明です。

f:id:kazutan0813:20171216164152p:plain

 ↑画面上のバーにある「対局」→「新規対局」を開きます。

f:id:kazutan0813:20171216164716p:plain

中央図:新規対局の画面が出てくるので、対局条件を設定します。

左図:コンピュータの棋力を設定します。当然九段が一番強いです。

右図:コンピュータの考慮時間を設定します。これが短いと弱くなるそうです。

 この他、手番や人間側の時間制限の有無・長さを設定できます。

19路盤のほかに13・9路盤もあり、置碁も可能です。

全ての設定が終わって「OK」ボタンを押せば対局開始です。

私は検討メインで使うので対局はあまりしないのですが、考慮時間の長い九段モードはプロでも互先で負けることがあるという棋力です(´・ω・`)

検討方法

検討モードについての説明です。

f:id:kazutan0813:20171216173045p:plain

↑画面上のバーにある「検討」ボタンを押します。

f:id:kazutan0813:20171216173911p:plain

↑検討モードの画面になります。

ここからは自分で棋譜を入力していきます。

自分の棋譜やプロなどの棋譜を入れて検討したり、気になる布石の研究に活用したりするのが主な使い方でしょうか。

検討する時に注目するのは画面右のにある赤丸で囲われている数値です。

f:id:kazutan0813:20171216175748p:plain

↑ある程度棋譜を入力した図で説明します。

候補手:候補になる手の座標を示しています。

上の図では5つの候補手がありますね。上にあるほど有力となっています。

探索回数:候補手についてどれくらい考えたのかという指標みたいなものと認識しています。これが多い手ほど本命という事です。

数百回で止まる時もあれば、時間をかけると数十万回になる時もあります。

なのである程度時間をおいて、探索回数が収束するまで待つ方がより正確になるでしょう。その結果最初に示したのとは違う手を本命にする事も多々あります。

上の図ではR13の探索回数だけ10万回近く回っていますね。天頂の囲碁7はこの手を一番推しているのです。

評価値:その手を打った時の勝率を示します。

上の図では本命のR13の手が最も高く勝率47%となっています。

評価値の判断基準がむずかしいのですが、私個人の体感や集めた情報によると、

評価値46~54%:ほぼ互角

評価値55~59%:打ちやすい~やや優勢

評価値60~65%:はっきりと優勢

評価値66%~:勝勢以上

 てな感じになりました。あくまで参考程度に。

例えば白番で評価値40の局面ということは、黒が評価値60=黒優勢=白劣勢ということです。

棋譜の読み込み方法

棋譜をsgf形式で持っていればそれを入力することができます。いちいち手入力しなくていいので楽です。

f:id:kazutan0813:20171216181722p:plain

 ↑画面上のバーにある「ファイル」→「棋譜を開く」を開きます。

f:id:kazutan0813:20171216182353p:plain

↑その後、あらかじめ用意していた棋譜ファイルを選択し、右下の「開く」ボタンを押します。

f:id:kazutan0813:20171216182547p:plain

↑天頂の囲碁7の画面に棋譜が入りました。

この後、「検討」ボタンを押せば検討モードになります。

他にも様々な機能が!

以上で天頂の囲碁7の主な機能の説明は終わります。

この他にも様々な機能がありますので、いろいろ試してみてはどうでしょうか。

私は検討モードを使って研究三昧になっています( ^ω^ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「六段挑戦の実戦死活」~死活力をつけよう!!

基本死活を学べる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 棋苑図書【出版】、趙治勲【著】

六段挑戦の実戦死活です。

アマの碁は、棋理に明るく感覚が優れているが力が弱い「理論派」と接近戦ではめっぽう強いが石の方向や感覚が悪い「力自慢」に大別されることが多いです。(ちなみに私は理論派タイプです。)

ところが接近戦が得意な力自慢の人を含めても、プロやアマ強豪からみれば死活に難がある人が多いです。

私自身も碁会所で力自慢タイプの高段者とたくさん打ってきましたが、基本死活でさえ怪しい人ばかりでした(笑)

死活力が弱くても、実戦で鍛えた勘とヨミの力で戦っているのでしょう(^_^;)

しかし本当に碁の強い人になりたいのであれば、基本死活くらいはしっかりと身に付けなければいけません。

本書では、実戦によく出てくるような基本死活を取り上げています。

本の内容

第1章:30秒の基本死活(25題)

第2章:1分の基本死活(30題)

第3章:3分の基本死活(29題)

第4章:六段挑戦の実戦死活(16題)

問題図

f:id:kazutan0813:20171215174703p:plain

↑この形は実戦に何度も登場します。小目の定石から派生する形ですね。

白1、黒2の時にどう打つのが最善でしょうか?

f:id:kazutan0813:20171215174809p:plain

↑白1とカケツグのはひとつの筋ですが、この場合はコウでは失敗です。

f:id:kazutan0813:20171215174855p:plain

↑白1と平凡にツグのでは、生きるスペースが足りません。

黒4まで無条件死です。

f:id:kazutan0813:20171215174958p:plain

↑白1の下がりが正解です。黒2・4と眼を奪いにきても、白5で無条件生きです。

f:id:kazutan0813:20171215175050p:plain

↑前図の途中で黒4と打ってきたときが大事で、白5のホウリコミが決め手です。

次に黒Aと取っても白Bと打てばオシツブシで生きですね。

f:id:kazutan0813:20171215175433p:plain

↑オマケです。少し形が変わります。

白1に対して黒Aが必要ではない場合は、黒2で無条件死になります。

つまり白は生きる手段がないのです。うろ覚えは禁物ですね(;´∀`)

反復練習をして死活力を鍛えよう

死活の特効薬は存在せず、地道に何度も問題を繰り返し解くことが大事です。

「六段挑戦」というタイトルですが、基本死活が中心で問題の難易度はそこまで高くないです。

本格的な高段者を目指す人は是非読んでみてください(*^^)v

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「基本のヨセ これだけは」~ヨセを勉強して勝率アップ

ヨセの基本手筋満載!

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 誠文堂新光社【出版】、囲碁編集部【著】

基本のヨセ これだけはです。

囲碁の勝率アップのためにはヨセの勉強が欠かせません。

序中盤で勝つことができる相手ならヨセが稚拙でも問題ないかもしれません。(実際はありますが)

しかし序中盤が互角に近い相手だと、ヨセの力がそのまま勝負に直結してきます。

ヨセの力を上げるための有力な勉強の一つとしては、ヨセの基本手筋を習得する事が挙げられます。

手筋を知っている人とそうでない人では、ヨセでどんどん差が開いていくのですよね。

本書ではヨセの基本手筋を学ぶことができます。

本の内容

第1章:地の出入り

第2章:弱点を衝く

第3章:犠牲打のヨセ

第4章:大きなヨセ

問題図

f:id:kazutan0813:20171212175715p:plain

↑地味ながら感動した問題を紹介します。

この黒地は何目あると思いますか??

f:id:kazutan0813:20171212175812p:plain

↑いずれ黒が手を入れるとしたら、黒1と打ちますね。これで6目の黒地とみている人は多いのではないでしょうか?

f:id:kazutan0813:20171212175918p:plain

↑実は黒が手を入れる前に白1と打つ手があります。

黒4までは仕方のない所ですが、この交換だけでいずれ黒a・bの二手が必要になり、黒地は5目になります。前図より一目得ですね。

まるで魔法を見ているような気がします(;´∀`)

これ実戦では県代表クラスでも見逃すかも?

基本的な問題ばかり

ヨセに必要な基本手筋ばかりで、これからヨセの勉強を始める人にオススメです。

何度も繰り返し解けば、いつの間にかヨセが上達し碁が楽しくなると思います(*^^)v

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ