囲碁が強くなりたい(`・ω・´)

囲碁の上達法や棋書の書評等をメインに書いていくブログです。

「ヨセ 手筋と計算」~初めてヨセを勉強する人に

ヨセの基本問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 日本棋院【出版】、加納嘉徳【著】

ヨセ 手筋と計算です。

ヨセを勉強すると急激に棋力が伸びることがあります。

一手の価値を正しく把握できることは終盤が強くなるだけでなく、序中盤にも好影響を与えると私は考えています。

私がアマ初段くらいの時にヨセを熱心に勉強した時は、碁の考え方そのものまで大きく変わりました。それに伴って棋力も伸びていった思い出があります( ^ω^ )

本書ではヨセの基本を一通り学ぶことができます。

本の内容

第1章:相談碁から

第2章:ヨセの計算法

第3章:ヨセの手筋

第4章:練習問題

第5章:実戦におけるヨセ

問題図

f:id:kazutan0813:20180109164821p:plain

1図

実戦によく出る形ですが、Aと打つ手は何目か知っていますか?

f:id:kazutan0813:20180109164939p:plain

2図

黒1と打てば双方の地はゼロですね。

f:id:kazutan0813:20180109165019p:plain

3図

白1と取った場合にはたして何目につくのかという計算がやや難しいのです。

まず白は黒2子をアゲハマとして獲得しています。まずこれが2目ですね。

そして本図はまだヨセが終了していません。

f:id:kazutan0813:20180109165224p:plain

4図

黒1と取り返せば白地はゼロで黒地はアゲハマ1子あって1目です。

f:id:kazutan0813:20180109165426p:plain

5図

黒がここを打たずに白が1と打った場合は白地が1目で黒地はゼロです。

したがって4図と5図の権利と機会を折半した場合、中をとっても白も黒もゼロということができます。つまり3図の盤上における白地っぽい空間は実はゼロで、正味の白地は2目のみです。

結論としては2図と3図の差は2目であり、1図のAと打つ手は後手2目です。

初めてのヨセの勉強にオススメ

ヨセの計算方法から手筋、実戦問題などヨセの総合問題集として重宝します。

初めてヨセの勉強をする人にはオススメの一冊です。

象棋力はアマ初段以上推奨です。

評価B( ˘ω˘ )

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「強くなる序盤の形 上」~序盤感覚を養おう!

序盤感覚問題集

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 東京創元社【出版】、徐奉洙【著】

強くなる序盤の形 上です。

・強くなる序盤の形 下

囲碁というゲームにおいて、序盤はもっとも自由度の高い分野です。

その人の「棋風」が最もはっきりと可視化できるのも序盤でしょう。

序盤戦をうまく乗り切れば、中盤戦が楽になります。逆に序盤戦で遅れてしまうとその後が苦しくなり、なんとか逆転できても非常に疲れる碁になります(笑)

アマでも棋力が上がるほどお互いヨセの力の差がなくなりますので、序盤で悪くなると命取りになりかねません。

序盤を強くなるための有力な勉強法のひとつは、実戦によく出来る序盤の形を徹底的に研究することです。

本書では、そのような問題を多く収録しています。

本の内容

第1章:基礎 必須理論

第2章:基礎戦術

第3章:実戦 次の一手

問題図

f:id:kazutan0813:20180107190608p:plain

↑黒1とカカられた場面です。白2のハサミをノータイムで打てるようになりたいですね。この手は「ハサミ+白△の安定」と二重の効果があります。

こういう手は効率がいいのです。ちなみに白A・Bはよくなりません。

f:id:kazutan0813:20180107191157p:plain

↑白2とケイマに受けるのは部分的には普通の手ですね。しかし黒3と打つ手が「自身の安定+白△への攻め」になってしまいます。前図とは逆に黒に効率のいい手を打たれています。

f:id:kazutan0813:20180107191439p:plain

↑白△を打った場面です。次に白が上辺に打つと一気に白模様が広がります。

そこであらかじめ黒は白の厚みを牽制しておきたいところです。

その場合は黒1のオオゲイマが好手な場合が多いです。白に打ち込まれる隙が無い範囲で最大限白の厚みを消しているイメージでしょうか。

一路右の小ゲイマは遠慮し過ぎで、AやBは白からの打ち込みが生じますので得になりません。

f:id:kazutan0813:20180107192045p:plain

↑黒1まで進めるのはやり過ぎです。「厚みに近寄るな」の格言を無視しています。

白2から反撃され黒3と二間ビラキしても、すぐ近くに白の厚みがあり猛攻を受けてることになります。

序盤を得意分野に

実戦に頻出する布石を問題にしており、何度も繰り返し解くことで序盤感覚が磨かれるでしょう(*^^)v

上記で紹介した「一石二鳥の好手」や「厚みの消し方」の他にも応用の利くテクニックがたくさんあります。

象棋力はアマ5級以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「三連星 布石でリードする新戦略」~呉清源流三連星!!

 呉清源流の三連星を堪能できる

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 MYCOM【出版】、呉清源【著】

三連星 布石でリードする新戦略です。

三連星を愛用するプロとして真っ先に出てくる人は誰でしょうか?

おそらく10人に聞けば10人とも「武宮正樹」と返ってくるでしょう。

しかし本書の冒頭には、昭和6年に著者が打ったのが最初だったと書いています。(木谷実九段の助言のおかげでもあるみたいです。)

一般的な三連星といえば、大模様のイメージが強いですよね。市販されている三連星を解説した棋書も模様や攻めを中心に書いており、良くも悪くも同じような内容です。しかし呉清源流の三連星は一味違います(笑)

本書では呉清源流の三連星を詳しく解説しています。

本の内容

第1章:三連星からのボウシ

第2章:パターン別 三連星の打ち方

第3章:実戦編

第4章:対局編 実際に打ってみましょう!

問題図

f:id:kazutan0813:20180102221501p:plain

↑三連星の布石ですが、白△に対して黒1は呉清源流の一手です。意外と有力かもしれません。実戦で打つにはそこそこの勇気が必要かもしれませんね(笑)

f:id:kazutan0813:20180102233111p:plain

↑白△に対して黒Aと受けるのは三連星の布石でもよく見かけます。

しかし呉清源九段はこれをよくない手といい、受けるなら黒Bの方が正しいとしています。

なかなか難しい話ですね。

新しい発想を取り込もう

本書に限らず呉清源9段の著書には断定口調が多いのが特徴です。さらにそれについては現在のプロからしても善悪不明なものが多く呉清源九段が言っているからと鵜呑みにするのは非常に危険です(;´・ω・)

自分にはない発想を体感したり、自分が使いこなせそうな手法だけ取り込んだりと、うまく使いこなしてほしい一冊です。

鑑賞用の意味合いが強いのですがとても面白い棋書ですので、いろんな意味で余裕がある人は是非読んでみてください。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価A(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ

「韓国の新しい試み (上)」~新手新型を学ぼう!!

流行りの新手新型を解説

こんにちは(´・ω・`)

今回紹介するのは、 東京創元社【出版】、梁宰豪【著】

韓国の新しい試み (上)です。

・韓国の新しい試み( 下)

囲碁が強くなるための三大要素は、実戦・詰碁・棋譜並べです。これらは別名、上達の三種の神器とも言われます。

そして棋力が上がるほど「勝つために」要求されてくるのが、定石の知識です。

特に現在の囲碁界はネットの発達の影響もあり、ものすごいスピードで新手新型が生まれてきています。

このような新手新型の研究をして使用するのはプロだけではありません。アマでも高段者になればこれら新手新型を仕掛けてくることは珍しくないのです。

私もネット碁で5・6段あたりになった頃から、難解定石や新手新型を仕掛けられることが増えてきたという経験があります(^_^;)

例え中盤の腕力や終盤の精密さが互角または自分が多少上でも、序盤の折衝で大きく差をつけられると勝つことは容易ではありません。

常日頃からの研究が大切なのです。

本書では世界の新手新型を解説しています。

本の内容

プロローグ:新手の源流を探して

第1部:韓国の新手新型

問題図

f:id:kazutan0813:20171223234045p:plain

第2型:白9は味方の石が多いからこその強手です。黒も10と最強に応じてどうなるでしょうか。

第7型:一間バサミの難解定石ですが、黒1に対して白2からが基本手順ではない手です。しっかりと対応しないと黒潰れる恐れあり。

第13型:二間高バサミの難解型ですね。黒3から難しくなります。

第23型:本書ではミニ中国流や中国流の型も多く取り上げられています。白12が新手です。

実用的な型が多い

すぐにでも実戦投入できるような型が多いです。

ネット碁などの早碁では新手新型を打たれても、知らないと正しく対応することは至難の業です。(時間のある大会ですら厳しい。)逆に言えば相手が知らない手を打てば一気に優勢に持ち込むことも可能ですよ。

象棋力はアマ3段以上推奨です。

評価(^ω^)

↓一日一回の応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m


囲碁 ブログランキングへ